アロエチックきみどり

インドア派の二児の主婦(肝っ玉小せぇ母ちゃん)が送る素朴かつ突飛な日常。 ジャンプを毎週見ている読書家としても有名...か?育児・テレビ・音楽・食・読書(やっぱマンガ中心か、せいぜい絵本...)などなど、広く浅く、その時の気分次第で網羅っっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南国寄生物語 ⑤

あぁ...アタイの記憶から...

ドンドン南国の温かい記憶が...薄れてくーーー・・・

更新がイマイチなんで、

シビレをきらした兄から直談判アリ。

「早く俺を出さんか~」

まるで、かなりのオモシロエピソードを運んでくれたかのよーな兄。

さてさて、

今回こそは、活躍するのかな~?

では、本編スターーート!


あ・そうそう!

熊本・人吉に行く前に、「グリーンパークえびの」

っていう、コカ・コーラの工場に立ち寄った。

平日の真っ昼間、ほとんど貸切!

コレクションギャラリーてとこでは、年代物の置物とか展示。

もーね、

古きよきアメリカ好きには、キットたまらん!そんな場所デス!

私が宝くじでも当てたら、ココのギャラリーのもん、
全て買い取ってやんよ?
(強気に疑問形)

んで、そこの売店は、工場限定のグッズばかり置いてるんで

「限定」に弱い人は、給料日前とかに行くことをオススメ
...しません!

私も、ついフラ~っとコーラのビンが光る...
(しかも、ボタン電池が4個も必要...)

ワケ分からん置物をゲットしちゃいましたけど。

まぁ、
タダで入れてソコソコ楽しめる!そんなステキドコロでした~


次の日は、

またまた姉と私(+娘ズ)とで、宮崎市内へ。

といっても、観光目的でなく買い物メイン。

しかも、目指すは「ファッション市場マスミヤ」!

マスミヤ...聞き慣れない方が、ほとんどでしょう。

しかし、宮崎市民なら、かなりの高確率でお世話になってるハズ!

市内中心に、はびこってますから...。

まぁ、シマムラみたいな感じです。

宮崎は物価が安いのでね~

いっそのこと、娘の入学式用の服を、宮崎でゲットして

郵送しちゃえ?みたいな?
(逆に高くつくわっ)

店内、ケッコー物にあふれちゃってて、

少々、購買意欲をそがれそうになりつつも、

娘がカワイイワンピースを発見し、それを試着してみることに。

値段の割りに、ソコソコ見栄えしたんで、即決!

それを黙ってみていた下の娘(3)。

「私も!」

そう言って、選んできたのはピンクのワンピ。

サイズを見たら、95か...欲を言えば、100が欲しい。
(ケチ~ので、ジャストサイズは買わない主義!)

「今日は、お姉ちゃんの服を見に来たから~」
「コレがいいっ」

頑としてきかない...。

試着まですると言い出す始末。

ピンクのワンピをきた自分に満足げな娘。

しかし、そこは強欲な母、きみどり。

「はびこってる他店舗を探せば、100があるかもしれん!」

スンナリ、95で買ってやればイイものを...
頑としてきかない...!

んで、他店舗を渡り歩いたが

結局100のサイズはみつからず...下の娘も気が紛れちゃってるので

そのまんま忘れたフリ作戦で、買わずに退場。

次に向かうは、綾町「ひな山まつり」!

ちょーどその日は、3/3だったとデス!

『綾のひな山』の由来
 綾の「ひな山」は江戸時代にはじまり、北麓の梅薮地区が発祥の地とされています。女性は昔より山の神とされ、山の神が住むにふさわしいもので御祝いをしてあげなければという想いから「ひな山」が作られたと言われています。
 決して豊かではない生活の中で、長女が生まれると親戚や隣近所の人たちが、粘土で土人形や木の枝で木製の人形などを作り、山や川で拾ってきた巨木や古木、奇岩、輝石を飾り付け、花木などを持ち寄って奥座敷に山の神が住む風景を再現したものが「ひな山」の始まりであると伝えられています。
 「ひな山」には、長女のすこやかな成長と末永く幸せにとの願いが込められています。
(綾町のひな山まつりサイトから、コピペさせてもたいました~)

えぇ、もーね、初めて見る方、少し?ビックリされるかも...

だってだって、ね?

豪華な雛壇をね、

お手製の、苔むした山とかにドーンって置いてね、

それでもって

脇に池とか作ってみたり、水流しちゃって滝みたいにしてみちゃったり

そんな光景が広がるんデス。

ド庶民からしたら、「ちょっとー雛壇に土、つくんだけどぉ~」

って思えるトコなんですが...

そこは綾町の方ときたら、懐が広い!

小雨も降り出しちゃって、沢山見ることはできなかったけど、

寒い寒い、と言いながらも外で食べた日向夏ソフトの味...

忘れないよ...!
(フォーエバー・ラブ)


実家に帰宅して、下の娘がヒトコト。

「ピンクのワンピーーーーー!」

娘よ...

頑として買わなかった母を、許せ...!

そして...

今まで、お下がりだったり、地味な色の服しか着せてこなかった

そんな母を...更に許すがよぃっ!
(そんなにピンクが着たかったとデスか!)

あ、兄のエピソード...

あー・・・まぢ思い出せねぇー・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tegekimidori.blog15.fc2.com/tb.php/555-81e4a669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。