アロエチックきみどり

インドア派の二児の主婦(肝っ玉小せぇ母ちゃん)が送る素朴かつ突飛な日常。 ジャンプを毎週見ている読書家としても有名...か?育児・テレビ・音楽・食・読書(やっぱマンガ中心か、せいぜい絵本...)などなど、広く浅く、その時の気分次第で網羅っっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてるってスバラシイin火事

それは、

私がまだ歩き始めたばかり...

の頃らしいから...1歳すぎといったトコロか。

私はどーも寝てた...

らしい。

今で言う、昼寝ってヤツだ。
(ん?クドイ?)

そして、事件は起こった。

火事だ!

近所で火事だ!

近所と言っても、数百メートル離れていて、

まぁ消火さえ間に合えば、問題ない場所だ。
(けど、肝心の消火がアレしちゃうと、ヤバス!)

親・兄姉、総出で

隣の空き地から見える火事を見に行ってしまった

よーだ。

私はヒトリ、寝かされたまま放置された

よーだ。

「火の粉が飛んでくるがねっ」と、親は言った

そーだ。

そして、ひとしきり野次馬根性をさらした面々は、

家に戻っていった。

!!!


きみどりの布団が、もぬけの殻だった

そーだ。

そんなわけで、家族総出で、

いや、

ご近所ひっくるめての大捜索が始まった

よーだ。

夕方をすぎて、薄暗い田舎道。

家の近所には、まだフタすらしていない側溝が点在。

下水だか何だかが流れるドブ川があったため、

大人たちは必死になって探した

そーだ。


「こん子は、○さんちの子じゃねっけ?」
(訳:この子は、○さんちの子供じゃない?)

そー言って、

同じ町内の奥さんが、ギャーっと泣いている子供を抱えてきた

そーだ。

なんでも、きみどりは、

家から100mくらい離れた所にある

高架下の道路に寝そべった状態で泣きわめいていた

らしぃ~よ!






本来なら、

そこで絶命してたってオカシクナイ状態だったのに...

今こーして、

「生きてるってスバラシイ」

そう、

声を大にして言いたい。

そして、ヨチヨチ歩きの子供の顔を見ただけで、

きみどりって判別できる地域の力!

スバラシイじゃあア~リマセンカ!

では、

今日はこの変で!

えぇ、『きみどりの変』デス。

本能寺の変、に次ぐ重要なポイントなのでテストに出すよ?
スポンサーサイト

コメント

近所で火事というだけでけっこうビビりますけど・・・。
布団がもぬけの殻だったとは。
道路で寝そべってたって・・・想像しただけで背筋が寒くなりますね。
もうこれは奇跡です。
最近話題の「ハドソン川の奇跡」を遥かに凌ぐ奇跡だと思います。
兄さんも安心しました。

  • 2009/01/30(金) 16:00:03 |
  • URL |
  • ひろっすぃ #-
  • [ 編集]

>ひろっすぃ兄さんへ

道路+夜道=危険!デスもんね?
ほんと、今こうして命があるのは...
「私に、どーしろと?兄さん...!」

スミマセン...「ハドソン川の奇跡」知りませんでした。
話題に乗り遅れスギ~です!
そんなわけで、今から勉強デッス!

  • 2009/01/31(土) 11:29:14 |
  • URL |
  • きみどり #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tegekimidori.blog15.fc2.com/tb.php/328-4c2bb804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。