アロエチックきみどり

インドア派の二児の主婦(肝っ玉小せぇ母ちゃん)が送る素朴かつ突飛な日常。 ジャンプを毎週見ている読書家としても有名...か?育児・テレビ・音楽・食・読書(やっぱマンガ中心か、せいぜい絵本...)などなど、広く浅く、その時の気分次第で網羅っっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国の旅 ⑤こんぴらさんと、かづら橋

10/11の続きデス...(まだぁ~?)

お土産をゲットした後は、こんぴらさん参りへ。

正式名称『金刀比羅宮』

まずは、近場の駐車場へ。

たっくさんの地元民がワラワラ出てきて、

「ウチさぁ寄ってけ」的に、手を招きます。

ダンボールを手に持ち、ヒッチハイクさながらに。
(で、¥500とか、駐車料金が書いてあるのを提示)

んで、

まぁ妥当なトコで、¥500って土産物屋さんの駐車場に入れました。

子供らは石段を見てヘコみかけ。

ズラーーーっと石段が続きます。

抱っこ攻撃に、親もヘコみます。

もーダメ・ダ。

まだ最初の段階で折れて、途中下山。

すると、旅人のドナタかが...

「こんぴらさんは、途中で下りると...」って声が聞こえてきました。

えっ?ナニ・何なのっっ??
(なんだか...不吉な前兆、か?)

と、思いつつも見知らぬ人に聞く勇気もなく、下山。

その途中で、こんぴらうどんってトコで休憩。

そこで食べたウドン、モチモチでおいしかったです~

で、

駐車場へ戻ると、「土産を¥1500以上買えば無料」、と。

それなら...と物色。

しかし...ナイんデス。

買いたいものがぁっ!

子供が手に取るオモチャ類も、100均にありそーなのに

1000円弱くらいして...。

フト見れば、『ひみつのアッコちゃん』の弁当セットなんかが!
(¥700くらいだったっけ。ある意味レアもの?)

ヤバイ...完全に刻(トキ)が止まっちゃってるよ...

そー思ってしまうノスタルジック店内。

それでも、気のいい店のオバーチャンが気さくに声をかけてきます。

「ウチの孫も二人いて...」とか、

「アトピーだから...」とか。

う・ウン、孫情報ドーモ!

しっかし、ほんとナイなぁ・・・

あ、コレ買うか!鳥居の形したお守り!

あとは、娘がねだった100均風オモチャ。

それで軽く2000円超えてたのには、ボッタクリビックリでした。

私が、少し(ほんとに少しか?)

暗い表情だったのを悟ってか、店のオバーチャンが駆け寄ってきて

「コレ、子供さんにアゲテ!少し古いけど」

手渡されたのは...

セーラームーンの箸箱と箸のセット。

あ、ありがとぉーーーオバ~チャン・・・!

次は、徳島県・三好市にある秘境?祖谷へ。

ココこそが美人の湯が湧く、そう例のアノ湯です!
(ドノ湯?)

ココには、かづら橋とゆーのがあって。

それ目当てで行きました。

木と何かのツルで作ったよーに見える

危険な香りのする吊り橋デス。

ソレをボーーーっと見ながら記念撮影。

なんだか渡る気がおきず、渡るにも金がかかるし、で。

断念! (やっぱ金か!)

今、かづら橋のパンフを片手に書いてますが...

ケッコー伝説の?橋だったんですね~

なんでも、

平家一族が追っ手から逃れるため、

いつでも切り離せるようにと、シラクチカヅラって植物で造った

と、言われているらすぃ~よ!
(て、今知ったんかぃっ)

そんな由緒正しい橋なら...渡らにゃソンソンでしたなぁ・・・

ソコでは、

川魚や団子を食べ、マッタリ過ごし、

しかし...刻一刻と時間は過ぎていき、今日の宿、どーするよ?

って空気が漂っていました。


ギャフぅーーーっ!続くの?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tegekimidori.blog15.fc2.com/tb.php/220-792c8914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。