アロエチックきみどり

インドア派の二児の主婦(肝っ玉小せぇ母ちゃん)が送る素朴かつ突飛な日常。 ジャンプを毎週見ている読書家としても有名...か?育児・テレビ・音楽・食・読書(やっぱマンガ中心か、せいぜい絵本...)などなど、広く浅く、その時の気分次第で網羅っっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごっこ遊び/人魚姫

実家に帰省中、

娘ズが楽しみにしていたのは、甥っ子らが遊びに来てくれることでした。

姉の嫁ぎ先は、実家から20分程度。

私らが滞在中、毎日来てくれました。

だからといって、姉にも家事があるわけで。

朝っぱらから来てない日もあり、
そんな時にはウダウダと過ごすのでした。

ダンナは...?
と、言いますと...

恒例の?温泉(銭湯)巡りデス。

自分だけ、嫁・子供は放置し、朝早くから近くの温泉へ。

私は...
と、言いますと...

「ごっこ遊びしよ~」、と上の娘(6)

は・始まった・・・始まりやがった!

そうなんデス...

娘は決まって、ダンナがいない時にごっこ遊びをやりたがるんデス。

えぇきっと...ダンナでは役不足だからなのでしょう。

「いいよー」

そう言った途端、上の娘が設定を説明し始めました。

「あのね、私は人魚なの

でね、砂浜に打ち寄せられて王子様に助けてもらうの」

そう言い終わると、
部屋の片隅に追いやられているバランスボールを持ってきました。
(バランスボール:ダイエット目的で使う、そう!アレ!)

園児世代が持つには、かなり力の要るそのボールを

王子様に見立てて、

上の娘が、一人二役的にボールと一緒に演技を始めました。

しかも、音声いっさいナシ!

まさにシュールなパントマイム?

ひとしきりやり終えた娘は、

恍惚とした表情でした。

あまりに迫真な演技だったため、

後半は、バランスボールが王子様に見えて仕方ありませんでした。
(まだキット...旅は続くよ...)
スポンサーサイト

都井の岬にてコンブ

もーねー

日を追って書くのって...なんか、つまんな~いので~
(殴るよ?グーで)

もーつれづれなるままに書いてみよっかなぁ~
(メンドクサくなってきた)


その日は珍しく兄が、
「ドッカ連れて行くが!」、と言い出した。

で、
「馬を見せてやる!都井の岬に行くぞ」

ってなりまして。

都井の岬については、ウィキってもらえばいーとして
(エライはしょったなオイ)

ま・野生の馬が100頭くらい生息している
...らしーYO?
(ちゃんと調べよーよー)

その群れの中に、鹿も混ざってて仲良くしている
...らしーYO?
(兄情報にて、定かではないよー)

野生馬を見てて、驚いたのは...

ナニが長いこと!
(ってソコ?)

しかもね、ものすごーくロングな子がいてね、

私らがジッと見てるまん前で、ロンガー・ロンゲストになってね、

そのまんま見続けてたらね、

ドンドン知事困っていや縮こまっていってね、

最後には...そう...メスかな?って間違えちゃうくらいになったこと!
ね?スゴイくない??

で、
海が近いから、海産物とかも豊富で。

お土産やさんには、おいしそーな海の幸が並んでて。

生まれてこのかた、

車酔いなんて、ほんと、まぢで、したことなかったのに...

兄の加齢なる華麗なるドライビングテクニックにより、

私・酔っちゃった
み・た・い・・・


そんなわけで、

ムショーーーーに、おしゃぶり昆布が食べたかったとデス!

で、

レジの前に山済みにされてる筒状の容器に

「しゃぶ」だの、 「うまい」だのって書かれた昆布を買って車内へ。

口の中が、おしゃぶり昆布を求めていました。

私はすぐさま昆布を食べ始めました。

香ばしい少し酸味のきいた塩味

...が、するわけでもなく!
ただ単に、まんま昆布...!

昆布の容器を確認すると、

「しゃぶしゃぶ等にも最適」だの
「うまみ成分」だの...って書かれてありまして...

ドコにも、「おしゃぶり昆布」って書かれてませんでした。

兄にも食べさせてみましたが

...やはり、そのまんま昆布ってコトが判明しました。

姉:「どんな味がするの?」

私:「噛めば噛むほどモサモサして、わびしい気持ちになる」


あぁ・・・
誰か私の酔いを・・・醒ますがよいっ!
(あぁ続く...ハズさ)

狩るがよい!

ダンナ・子供が寝てる間に...

ドレだけ書けるかが...肝(キモ)!


えぇ、まだ旅の話は始まったばかり...。

2泊目の日。

父母・伯母・姉とその息子(甥っ子ね)・私ら家族

総勢10名...で、ぶどう・なし狩りへ。

ミカン狩りはしたことあったけど、ぶどうは初!

しかしながら、

一つ狩るごとに、財布から札が飛んでいくかと思うと、

夢中で狩るわけにもいかず...慎重に狩りを楽しみました。

えぇ財布の中身に羽が生えたのは、母親でしたけども。
(何か?)

ま、狩ったあとにも

散々試食をして、秋の味覚を満喫。

さー車内に戻って、目指すは温泉!

軽快に車が走り出しました。

「あ!栗が落ちてる」

姉が言ったその一言...

甥っ子二人の「狩人魂」(略して、かりたま...ォイ!)
に火をつけました...!

甥っ子らが、「栗拾う!」と言い出したものですから

ブラリ?途中下車。

車内から勢いよく飛び出すと、甥っ子らは落ちてる栗のイガを

靴やクロックス(もどき)で、エイエイやりだしまして...

見事、立派な栗をゲッツ。

そんじゃそこいらで売ってる栗より立派な栗でした。

道路に落ちてたダケなので、

ありがたく頂戴してきましたが...もしかして...

ごんぎつねの仕業なのかも...しれませんわね(クス)


ひととおり栗拾いを堪能した後は、温泉へ。

以前は、ひなび~た・古~い温泉だった所が、

リニューアルしてあり、ジャパニーズモダンな内装に、丁寧な受付。

その受付の方が、またイイ男でしたぁ!
(テンション高っ)

ウッチャンを、どーにかして二枚目にもってったみたいな?

んで、

お客様の対応時に、

片ヒザをついているものですから...!

はた目から見りゃあ、まさに執事!

用もない私なんかは、何かないかなーって探したほどデス。


あ・で、
温泉は、ソコソコ良かったです。

まーコレで肌荒れも改善してくれれば。て感じデス。
(温泉レポ、やけにアッサリ)

実家に帰宅した頃には夕方。

夕飯、何にしよう・・・?

そんな時、近所に住む友達が電話をくれまして。

友:「今日の夜行っていい?」

私:「いーよー」

友:「何をもって行けばいい?肉とかあるけど」

私:「何もいらんよ~あった分だけ持ってきやん」
(ドッチやねん)

そーゆーわけで、

友達がドッサリ肉を持ってきてくれたので、BBQに決定!

美味かったデス!
(続く...のか?)

九州人・バンザイ!

まー旅ってのは、

まず何がおっくうかって...準備デスよね?

その日も...出発当日だってのに...

更には、ダンナなんか仕事を終えて、帰宅しちゃってるのに...

まだ...準備が...終わってなかったんだな。
(でたYO!キヨシ)

んで、

バッタバッタしながら、21時くらいに家を出た。

車内は、沈黙時々イラっとした空気120%

まぁでも、九州の実家目指して、ダンナがヒトリで
(そうヒトリで!)
運転してくださるものデスから?
(語尾を上げるなー)

えぇえぇ三歩下がって(五歩前へ)おりましたとも~

あ・私デスか?

ペーパードライバーなものですから...

高速道路の運転を...許可され、ませんでした(テヘ)

まー私が代行しよーもんなら、

たちどころに精神的に疲労感が増すことマチガイなし☆

あ、もしかして・・・クドイ?
(全くもって、文章が前に進みません)


ヘロヘロになった状態で、どーにか九州へ上陸。

実家に着いたのは昼過ぎ。

母親が温かく出迎え、一息ついていたところに、

兄のM君登場!

知人の結婚式の帰りで、珍しくスーツを着たM君、と友達一人も一緒。

いや~九州の人は、よー喋る!
(アンタが言うか・・・!)

兄とその友達K坊、そして私は方言のオンパレード。

「じゃかいよ」
「げんねー」
「まこちけ?」
「ぐらし~」 (注:ルナシーでは、ない)

そんな会話を聞いていたダンナが、ボーっとしている。
(ダンナは九州人ではないので)

ダ:「で、K坊って知り合い?」

私:「ううん、初対面!」

九州人・バンザイ!


ちなみに、

上記の方言は、上から

「だからよ・そうだよね~」 (主に相づち)
「恥ずかしい」
「本当なの?」
「かわいそ~」 

っていう意味デス。
(キット...続く)

帰省します09.夏...って、もう季節は秋。

上の娘(6)に、

「おかーさん、M君のニオイがする~」
(M君:きみどりの実の兄。35才くらい)

って言われ、

「あ・あぁ!父さん(夫)のトニックシャンプー使ったからかな?」

と、

慌てた自分がおりました。
(いやまぢで!その日に限って試しに使ったんだから!ホントホント)

娘よ...!

私から、
華麗臭ならぬカレー臭、いや加齢臭がしたってコト?
ね?そ・ゆ・こ・と・・・?


はっっ

冒頭から失礼しました。

え・えぇえぇ、

実家に帰省してたって話をば。

さくさくっと書いていきますYO!

まずは、

私自身のために
(ハイ出た!
自己中ブログ!)

旅の過程を一覧にしてみますね~

 9/18 夜 自宅を出て、目指すは九州高速道路で縦断の旅スタ~ト

 9/19 九州の実家に到着(20時間弱かかった...)

 9/20 母・姉家族らとぶどう・なし狩り、温泉へ(もち、日帰り!)
     夜はBBQ(持ち込み大歓迎)
 
 9/21 兄・姉家族と都井の岬へ野生馬を見に行く
     夜はイトコ達も集まって宴会

 9/22 近所でお買い物。
     明日は旅立ち...ほんのちょっとセンチメントゥル~になる

 9/23 朝6時出発。目指すは広島!(1泊)
     (自宅を目指すのだが、広島途中下車の旅)

 9/24 広島観光後、自宅を目指す
     目がショボショボで帰宅。もーね、夜中だったYO!


ザット・・・こんなもんDEATH・・・
(ショボっ)

移動時間、約40時間...。
(実家には4泊したダケ...)

そんだけあれば...も少し滞在延長できたのに。

ダンナが、黙々とヒトリで運転する車内は、

暗雲が立ち込めていた...のDEATH・・・

続く...!
(いや、ハショッテUPするから、ね?お願い、ダルイとか言わずについてキテクダサイ!)
     

ただいま~

ただいま~

みんな、元気だったかな~

キミ~はねぇ、
昨日、そう、イェスタデイ、帰ってきたよ~
(ウザ・・・!)

あ、違った...!

正直言うと、一昨日の日付変更線イッポ手前!で帰宅
(あぁ、もードッチャでもエェからっ)


じゅんじ・たかだ、いや、順次説明しよう!

とは、思ってるんですが...

まぢ、かぁちゃんには時間がありません・・・

今も、

子供らが群がってきております。

過去回想には、しばし頭を整理する時間が必要です...。

まぁ期待せずに、待っててね☆

では、
アデューーーーーー・・・

ポンだのシャブだのって

最近、

卑劣なくらい手抜き料理が続いております。

昨夜のメニュー・・・『鍋でポンしゃぶ』
(ポンも、シャブも今特に、ね?p-だから、ね?)

ま、私がカッテに命名したわけなんですが。

その内容とは、

豚シャブと、水炊きを合体させ、ポン酢で食べるってゆー
・・・そう、そのアレ!

て、皆さん 知らんがな!

はっっ

冒頭から失礼しました。

もーねー

何かやらなきゃイカン時に限って...

他のコトしやがるっっ...自分!
(ハイ、該当者、手ェ上げて~)

今現在も、そーデス・・・

明日から、そう...我が故郷...九州に寄生いや帰省するのデスが

え・えぇ・・・

御想像通り...全く持って準備が進んでおりま・
・・・セン!
(ハイ出た!千!ドォーン)

デモデモデモデモ・・・

今日はイイ日でした。

近所に住んでいながらも、なっかなか会えずにいる友達に会えました~

エガッタエガッタ...!


し・しかしながら・・・

このままだと、確実に...ダンナにコロサレかねないナ・・・

昨日から「準備始めてる?」ってチェック入ってるし。

ウン!かぁちゃん、ココイラで

パソコに逃亡するの、ヤメル!

では、寄生虫いや帰省中、UPできたら会おう!

サ・バ・ラ!
(おしい!)

イチローさんスマセン

えー・・・オホン・・・

9/14のイチローに関する記事デスが・・・

イチローのお祝いに関する記事から脱線し、

あげく、個人を特定した内容になっておりましたので...

あの日の記事は、そう...闇に葬ります。

とんだ失礼をこいて...

まことにスミマセンっっイチロー!
(いや、ほんと心から詫びます)


コメくださった常連さん...!

道連れで削除しちゃうけど、スンマセン!

a love story/SEAMO with BENNIE K

最近、

なんだか書くことがなくなってきました。

なんだろーなーこの空虚感・・・

秋が そう秋が 私を ソウサセル...のか?


ボンヤリ洗濯たたみしながら、流れてきた曲。

そう、それが、コレ!


a love story/SEAMO with BENNIE K

動画見れるんなら、ドゾ!





ほんと、

「いつも八つ当たりしてて ゴメンネ」 だわなー・・・

マックスもっこり×ローリンローリン

ノーパンでいると、

ちゃっかりトイレに行き、

しっかりペーパーで拭き、

手まで洗ってくるパン君(2才・女児)

しかし、

紙パンツのままだと、気が抜けてやっぱオムツ内でジョー・・・。

そして、

体の成長と共に、オシッコの量も・・・
(ハン)パねぇ...!

で、オムツはデローンとなり...お・重そう...。

そんなとき私は、
「マックスもっこり」、と表現します。

みなさんも、

こーゆー状況に出くわしたらいっせいに叫びましょう!

マックスもっこりーーー!と。


はっっ

冒頭から失礼しました。

パン君に関する話は後を絶ちません...。

それは就寝前、ダンナが珍しくパン君の歯磨きをし、

洗面所でうがいをさせていた時のこと。

ダンナが、パン君を抱え込み、うがいをさせてました。

子供にとって洗面台は高いですからネェ...

そんなわけで、すぐ近くに踏み台まで置いてあるんデスがネェ...

それをスルーして、
ダイナミックなウガイ・・・

これだから...シロウトはいけねーや。


そして...パン君はケッコー早起きデス。

ほんとゆーと・・・土日の朝くらいユックリしたいのが本音。

しかしパン君には、「そんなのカンケーねぇYO」でして。

私が眠ったままでいると、

まずは、
「ねぇねぇ」と言いつつ、肩を揺らします。

それでも起きないと、

パン君がゴロゴロと転がりつつ体当たりしてきて、

寝ている私の上を行ったり来た~り。

まさに、人間ロードローラー・・・
(そう、道路工事とかで平らにする...そう、アレ!)

そんなとき私は、
「ローリンローリン」、と表現します。

みなさんも、

こーゆー状況に出くわしたらいっせいに唱えましょう!

ローリンローリン!と。


では今日は、ココイラで!

ヨッパライきみどりがお送りいたしました~

うわーん

高校生の時の話だ。

制服をきている私。

父親らしき人に、外出を禁止され、私は玄関の前で大暴れ。

「ぅわーーーーん」

そう、あからさまな表現で泣き喚いた。


・・・パスン!

窓が閉まる音がした。






うわーん、という大声にビックリして目覚めた。

ダンナは開けていた窓を閉めたよーだ。

私:「今、うわーんって言わなかった?私」

ダ:「その前に、何かブツブツ言って悲鳴を上げてた。

   何か出たのかと思った...コワっ」


さすがに...寝言で悲鳴は...怖いわな...。

高校生の時に、外出禁止なんて...言われたことすらないのに。

いったい、どーゆー夢なんだろ...。

あ、しっくりこないままTHE END・・・

マボロシ ファンキーグラマラス Part2 featuring KREVA

スッゲーーー
秋晴れ!

こんな日は、朝からウン!
ファンキーDJいっちゃおっかな?
(止められるなら止めてみるがよぃっ)


マボロシ ファンキーグラマラス Part2 featuring KREVA




ね?動画見た方!

川村ゆっきーえ、出てたよね??

ウン!まぢでタマラン!

私は、マボロシのMC坂間大介(Mummy-D)の声!スゲー好き!
(声フェチとしてはサ☆)

てか、堂々と書いてますが、さっき知ったんだけどね...

マボロシのメンバーの名前...。
(知ったかスマーーーン)

SUPER BUTTER DOGのギタリスト(竹内朋康)との絶妙なハ~モニ~・ナイス!

あ、コレも、ウィキ情報だよ~

基本、広く浅くしか知らんもんで...

知ったかばっかでスマーン!

トイレットペーパーの芯

なんかねー

今日は疲れたわーーー

暑いし、空気乾燥してるし・・・

何より殺気いや、さっき

上の娘(6才になったYO!)とヒトモンチャク。
(てかヒトモンチャクって何?)

事の発端。

娘が、トイレットペーパーの芯を大切に保管していた。

そう...わざわざ下の娘の届かない棚にまで置いて...。

キット何かの工作に使いたかったのダ。

しかし、

しょっちゅー放置されたままで忘れ去られてたりするわけで。

今日も例外ではないな、と。

安易にゴミ箱に放った...そう、きみどりがサ☆

すると娘が言ったのさ。

「ねぇ、トイレットペーパーの芯は?」

私は慌てたねぇ...。

ダッテ、ヨリニヨッテ、芯をグニャリとやって捨てちゃってたもんだからサ。
(地球のため、ゴミは小さくして捨てなきゃ)

んで、

「ゴメン!こんなになっちゃってるけど・・・」

謝罪しつつ、芯を元に戻そうとしたが
...やっぱグニャリ。

「ぅわーーーーーーーーん」

大泣きする娘。

それほどまでに...芯を大切に思ってたのかぃ?

あぁ、かぁさんが悪かったね...

しかしさ、こーして謝ってるではないか...?

「謝ってすめば、ケーサツなんてイラン」

そんな心の声が聞こえてきそうなくらい号泣。

さすがにイラっときたね。
(自分の安易な行動は、ひとまず棚に上げておこう)

で、やっちゃったYO!

まだ手付かずの新しいトイレットペーパーを、

娘のすぐ横で、
ガーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ

もんのすごい勢いで引っ張って、

芯を取り出したい...その一心で、そう...最後までヤリましたとも。

私と娘の間には...

トイレットペーパーの山!

ダンナ、唖然。

娘は別の意味で、すすり泣き。

「ハイ、これでいいよね?」

何事もなかったかのよーに手渡すと、

素早く無残な姿のペーパーを回収。

まるで、長州小力がリング内のテープを回収するが如し。

あ・で、今ですか?

例の余ったペーパーは、

買い物で貰ったビニール袋に、半ば絡まりつつも収容され、

「使うんなら、コッチの袋から出てる端を引っ張って使うがよぃっ」

とゆー具合に、

堂々とトイレに置かれています。

まさに、エコ!

444・・・

今日のかぁたん...
(かーちゃんって打ち間違いしたら、カワイクなった)

もーーーーなんだかなぁ・・・
...でした。

下の娘パン君(2)が、昨日から風邪で、

鼻タレーの熱38~度のでして...。

だから、今日、解熱したからと言って、

んの(クソ)暑い炎天下に

公園ハッチャケるわけにもいかず・・・
(かぁちゃん的にもムリ!)

デモデモデモデモ・・・

やっぱ外出したい意思は固い・・・

そう、それがパン君(てか、子供全般?)

もーね、
ダダこねてるもんだから、かぁちゃん、準備に入りましたとも。

外出の準備。

日焼け止め塗ったり、その他モロモロ。

急いでヤッテ30分。

ヨシ!外出スッカな!

ジリジリ焼け付くような日差しの中、

かぁちゃんはパン君をチャリに乗せ、軽快に走り出した。

フトみると、パン君は、舟をこいでいる。
(そう...チャリの上で!)

やっぱそーか、そーーーだよね?

病気の前後って、やっぱ体力消耗激しいよね?

すぐそーやって寝ちゃうよね?

ウン、仕方ない仕方ない。

帰るとしよう。

20分もしないままの無事のご帰還ナニヨリ。

帰宅して、パン君を寝かせ、私も少しマッタリ。

パソコンとかでくつろいでたら、寝室から...
うわーーーーーーーーーんっっっ

号泣するパン君の声。

「公園とかー行きたかったのにーーー」、と。

残念・まぢ残念すぎ。

あの時、寝てさえくれなければ・・・

あんまり泣きじゃくるもんで、必殺!
「オニギリ食べる?」作戦に出た。

すると、
「ウン」

まぁ、事なきを得た。


さっき上の娘が帰宅。

夏に飼い始めた金魚3びきが、

娘が水槽をのぞくと、ワラワラ寄って来た。

私:「おかえり~って言ってるね~」

娘:「キット、エサが食べたいだけだよ」

THE・リアル・・・!


そして...

ついさっき時計を見たら...
 
4時44分 (スリーフォーーー)

「どーゆー意味?」

エアツッコミは、しておいた...。

(なんかキレがなくってスマセン)

さしぶ!榮倉奈々な私!

ほんと、お久しぶりデス!

みんなー元気してたかな~?

ウン!きみどりも・・・どうにか生きてたよーーー

もーね、

最近の心の口癖、「生きてるだけで精一杯」だYO!


先月末から、

長女の通ってる園の行事が重なり...

九月に入ったかと思うと、

やれ結婚記念日や、ヤレ誕生日だとかで...色々とアレでした。

そんで本気の多忙なんて、

久しぶりだったから(なのか?)
肌の調子、絶不調・・・!

もーさー・・・ほんと、どうしよう?

んで、

思い切って断髪に行ってきました(YES,昨日)

んで、いつものごとく切り抜き持参(ウザイ?)

今回は、『榮倉奈々』で!オネガシマーーース。

「ブッコロされてーーーのか?」

というー、美容師さんの心の声を無視してカット開始。

カット終了。

美:「ワックスつけといたから~
   カーラーで温風当てればセットしやすいよ」

き:「ありがとー!」

颯爽と美容室を後にした。


今朝、寝起きの自分を見た。

「おはよう!榮倉奈々な私!」

そう

...ダレもがキット...そう思っていたに違いない。

ダンナが一言。

「カッパみたい」

私が一言。

「兵藤 ゆき...みたい」


サラバ・・・榮倉奈々な私・・・!


デモデモデモサ?

肌のためにはさ、頬に髪とか神とかヘア~とか、

当たらない方が、ね?キットいいじゃない?
(そう自分をなぐさめるしかないよね?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。