アロエチックきみどり

インドア派の二児の主婦(肝っ玉小せぇ母ちゃん)が送る素朴かつ突飛な日常。 ジャンプを毎週見ている読書家としても有名...か?育児・テレビ・音楽・食・読書(やっぱマンガ中心か、せいぜい絵本...)などなど、広く浅く、その時の気分次第で網羅っっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生か性か

上の子(5)が動物の番組を見ていて

子:「カメレオンって虫?」

私:「うーーーん、虫と動物の中間?」

間髪入れずダンナが乱入。

ダ:「爬虫類」

子:「へー。カエルは?」

ダ:「両性類。オスとメスの区別がないんだよ」

私:「待って!カエルにオスメスはあるでしょ!

   肺呼吸とエラ呼吸やっちゃう系のコトでしょ?水陸両用みたいな」

ダ:「だって両性って言うんだから...」

私:「リョウセイのセイは、性別の性じゃないよっ」

ダ:「性だよ」

私:「生(ナマ)だよ!」

ダ:「じゃあオスとメスの区別がないのは?」

私:「両性g・・・」
コラコラコラコラ・・・ぁ・・・

とある...朝の会話デス。
スポンサーサイト

MYO=YMO

ウチのダンナに限らず、

男性って...髪が伸びるの早くないデスか?

天パなダンナは、少しでも伸びると膨張しちゃって大変なことに。

そんなワケで、カットを勧めてみました。

「もーさ、刈ってもらえば?思いっきり!

でさ、美容師さんに、刈りますか?って聞かれたら、

『ハイ!刈ります!』って答えればいーじゃん!」
(Yea,We can!でも、可)


ほんと天パの方ってスゴイですよね?

湿度を敏感に感知。

雨前とかは確実に髪が教えてくれますもんね。

え?私ですか?

超直毛デス。
(スーパーストレートでも、可)


はっっ

前置きでこんなにペコリ~ン!

ダンナへの愚痴でもこぼそーかと思いまして。
(ノッケからの天パ話は、確かにトゲがあります)

最近、少しだけ帰宅が早くなったダンナ。

ダンナも一緒に家族で夕飯ってコトも可能になってきました。

しかーしデスね・・・

何となーくダラけちゃうんですよねーーー段取り的に。

お風呂とかくらいは、

ダンナが子供と一緒に入ってくれるんで...まぁ助かるんデスが。

私が入浴を終える頃には、21時前後。

それから子供らのハミガキ・食器の片付け・寝かしつけ・・・

それらを同時進行っっ

ダンナは・・・と言いますと・・・

オイ!コラ!
テレビ見て、ボーーーっとしてんじゃねーYO!

そんなわけで、

かぁちゃん、無言のまま全てをやり遂げ...

22時前には寝かしつける...そんな生活の繰り返しでした。

ほんっと・・・

「返事がない まるで(生きる)屍のよーだ」
でした。


こんな時、かぁちゃん頭の中で思うんデス。

ヨシ!このネタをUPしたらぁぁぁぁぁぁぁぁあ!てね☆

そーすればさ、心晴れバレ~!
(ココロ・ハーレーダビッドソンでも、可)

して、この日のダンナには、

 まるで

 役に立たない

 オッサン・・・

略して MYOの称号が与えられました。

 役に立たない

 まるで

 オッサン(みたいな屍)

略して YMOでも、可。

1週間

日本のアツは
ナツいねぇ~

(by O・サンコン氏)

とは、よく言ったものです。
(平成生まれは、この名言、知らんな・・・)

そう...

とにかく高温と多湿の見事なまでのコラボ!

もー褒め称えてやっからYO!

そうです...

専業主婦業に従事するかぁちゃんは、

こんな夏の日、

「ほんと、ドコ行こっかなーーー・・・」

と、朝からタルーイ気分になります。

まず月曜くらいは気合で乗り越えれるんデス...どーにか。

だから頑張って公園に行きます。

火曜あたりに暑さにヘコみます。ボコっ

水遊び!と称して、風呂場で遊ばせつつ外遊びを回避。

水曜あたりで行き詰ります。

「まぢドコ行こう?あ、ジャス子?ソレ、先週も行ったじゃん...」

的な会話を脳内で繰り返します。

そしてサイフを覗き...買い物に行くのを諦めます。

頑張って公園に行ってみたりします。モチ、無料なので。

木曜あたりで、少しばかり希望が見えてきます。

「週末は、すぐソコよ!」と、自分を励ましつつ、

サークル的な集団の中に突入する...ことも、アリます。

金曜あたりまでくるとゴール目前。

かぁちゃんも少しばかり無理がききます。

少し遠出しちゃったり?公園ハシゴしちゃったり?
(語尾を上げるな...!)


恋人よ
みなさん コレがアタシの 1週間の仕事です~

テュラテュラ・テュラテュララーーー・・・

魅せられて09.夏

昨夜のこと。

帰宅早々、トイレに駆け込むダンナ。

ダ:「帰る途中にお腹が痛くなった...」

そう言いつつトイレから出てきた。

直後のトイレは、
まさに...安全危険地帯...!


食事の準備ができたので、テーブルに運ぶ。

子供らもテーブルに誘導し、子供用イスに座らせる。
(そう...この一連の流れを、我が家ではセッティングと言う...)

私がセコセコ・セッティングしてるのに、

ダンナはボーーーーっとテレビを見ている。

下の娘パン君をイスにすわらせる際、

私の左腕の筋?が、ピキって音を立てた。

私:「イターーー!い・今、ピキーってなった!」

ダンナ・シカト。

私:「痛ーーーい!てか、あっつ!」

ダンナ・体育座りのまま微動だにしない。

私:「ちょっと!少しは気遣いなさいよ!

   私のコト、不老不死だとでも思ってんの!?」

そう言い終えた直後、歌に突入する私。

 「うぇーリン ブローディン ふぉーむ えーぃじゃあ~
  女は、恋!

相手を脅迫したい時に歌いたい歌だ。


正式には、ジュディオング/『魅せられて』

 Wind is blowing from the Aegean
 女は恋
(サビを抜粋)

ダンナ・驚愕・そして・・・不老については否定(コラ)



イカ名人、ホットケーキのお味は?

「ただいま~ごっこ遊びしよ!」

上の娘(5)が帰宅すると、すぐコレだ・・・。

上の娘は、なりきるのが大好きで、

過去にも散々な目に遭ってきた...そう、私が。

もーねー、上の娘、設定が細かいのっっ

では、

昨日のごっこ遊びを紹介します...。

上:「私が、美人でカワイイ保育園の先生ね!
   ま、モデルみたいな?」
(語尾を上げるなーーーー・・・)

私:「うん、分かった」

上:「朝だから、保育園に一番にやって来たの」

ここでオモチャの鍵を使い、

カチャカチャやって門扉を開け、施錠する仕草。
(昨今の防犯上の注意・・・か!)

上:「でね、実は、先生は~折り紙の名人なの!」

そう言って、なぜだか頭からハンカチを被り、覆面。

上:「イカをおるのが得意な...イカ名人だったのね!」
(そ・そんな設定、アリ?!)

だからかー・・・合点がいった。

イカ名人...つまり有名人だから覆面してたんだね?キット・・・

しかしながら...

顔は隠して、あとは・・・パンイチ!
(隠すべき所は、他にあるだろう)

私は、夕飯を作りながらだったので、

キッチンから相づちを打つ程度。

マネしたがりの下の娘パン君(2)は、ウズウズしてきたよーだ。

パ:「イカ名人!参上!エイエィッ!」

姉の模倣か、頭にハンカチを巻きつつ、

私めがけてパンチをしてくる...もう、まさに戦隊もの状態。

あーぁ・・・まさかの脱線。

しかし、

パン君のおかげで、上の娘も流れが変わり、

二人して戦隊モードへ突入。

かぁちゃん、楽に夕飯が作れたよ。

ありがとーよ~脱線王!パン君!


夜になり、ダンナが帰宅。

寝る前の本を広げて、上の子がダンナに教えている。

上:「これが、オウゴンオニクワガタ!キンキンだっ!」
(キンキン:キラキラしている様子)

ダ:「何?愛川 欽也?」

私:「って、子供は知らんがな!

しばらくして、

私:「アレ?さっき...きんきんは...萩本欽一?って言ったっけ?」

ダ:「それは、きんちゃんだから!」
・・・ユルイぜ!


布団に入ると、その日一日の園の話も始める上の娘。

上:「今日ねー、ホットケーキ焼いたんだ~」

私:「おいしかった?」

上:「うんー。でも、はしっこが硬くてね、冷えピタの味がしたー」
(冷えピタ食うたんかぃっ)

私:「それはスゴイねーーー」
(突っ込めYO!)

こんな調子なもんで...寝るのに30分以上かかります...。

夏の甲子園選抜

夏の甲子園、選抜を見に行った。

野球に興味はない。

上手くはないが、キャッチボールは好きだ。
(その程度)

週末のある日、ダンナが言った。

「ヨシ!試合を見に行こう」

それからバタバタと準備し、慌ただしく出発。

目指すは、高速で数時間はかかる...球技場...。

車内では暗雲が立ち込めていた。

後部座席に座る私からは、負のオ~ラがダダ漏れだったのだ。


到着したのは昼前。

もんのすごーーーく紫外線がキツイ。

とりあえず、娘らの腹ごしらえをさせ、球場の中へ。

座席は、予想以上に...ア・ツ・イ!


まず補足しておこう。

なぜダンナが、遠路はるばる選抜なんか見よう!
なんて言い出したのかを。

①野球は(見るのが)好き
②甥っ子が試合に出るから

まぁ、②の要因の方が強かったであろう...。


試合が始まった。

気乗りはしていなかったものの、

見始めると、展開が気になってきた。

高校生ってのは、まだ未熟な果実ダ!
(なんだYO!その歌のタイトルみたいなのは!)

危なっかしくって、先が見えなくって...
ハラハラさせられた...!


私はいつしか、
「い・胃が痛いんスけど...」

とまで言っていた。

まるで我が子が試合に出てる...

そんな錯覚まで覚えた。


試合は、どうにか甥っ子チームが勝利!

 おめでとう!

 初めて野球ってオモシロイって思った!

 頑張ったね

と、甥っ子にメールした。

すぐに返信があった。

 ありがとうございます

 見に来てくれてありがとうございます!

 次も頑張ります!


そのメールを何度も読み返しては、

今年の夏は、楽しみだなぁーと、思った。

高校野球、予想GUYに、ア・ツ・イぜ・・・!


注)今回は、普段の2割り増し内容がナイ!上に、
  
   別段、オチがあるわけでもゴザイマセンので、悪しからず。

保護者飲み会にて

つい先日、

保護者同士の飲み会ってのがありましてね。

初の試みだったので、きみどりの半分は、期待と不安で、

できていたのです...。
(バファ○ンの半分は・・・以下省略)

当日は、

「どっちゃにしろ、夕方だしぃ~」

と、余裕ぶっこいてまして。

相変わらず、ドタバタ劇を繰り広げつつ出発することに...。

えぇ、毎回思うのデス...。

時間配分が、肝(キモ)!...て。

ダンナと私は、イライラが最高潮に達し、

行く道すがら、口ゲンカ勃発。

しかしながら、集合場所の到着すると、ニコ~リ。

まさに仮面夫婦・・・!


会場は、そらーーーーぁ

スゴイ人数でしたわ...。

父兄って、こ・こんなにいたっけか?

ここ数年、保育園入ってっけど...フーアーユー?

的な方もいたりするわけでして...。

だからと言って、今更、「アンタ誰?」って聞けないワケでして。

それとな~く会話する中で、ニックネームをゲット。

そーして、「あぁ!○○さんトコの...!」って頭の中で解析。

人間・アナライザーーーー


宴会は、ソコソコ盛り上がりました。

酒は、人の心を解き放ちます!
(時として!)

えぇえぇ・・・

きみどり、実を申しますと...ほんっと、ハイになるんDEATH・・・

まさに、ドランカ~ズハ~イ。
(ダンナの悪口、言えないYO!)

饒舌・冗舌・ジョーゼツ・・・

んで、

酒が入ると、頻尿になる...とゆー奇特な体の持ち主でして...

トイレを行った~り来た~り・・・

その途中、

父兄の、近藤さんに偶然鉢合わせ。
(近藤さん:娘のクラスメイトのパパさんね!)

先に入った私のトイレのドアを、

ドンドンドンドンドンっ!

と、叩きつつ、

「おーぃ!バケツに水くんで来~い!」

とか言ってやがるんデス...!
イジメ・発生・・・!


飲みが進むにつれ、きみどりのトークはマシンガンとなり...

斜め前にいた保護者(女性)のPさんに、

「あのー・・・もしかして、元ヤンですか?」
て・コラーーーーーーーーーー・・・

「うん、ダンナがね!」
て・ソッチ?

アッサリ認めたPさん。

あくまでも、Pさん自身はノーマルだと主張。


こんな感じで、

ハイテンションなまま飲み会は終了。

いつも、飲み会の翌朝、思うとデス・・・

「調子乗って、
スンマセンでしたぁぁぁっっ」

て。

ドランカーズハ~イ

今日はダンナの飲み会だった。

ここにまた...

新たな伝説が...始まる...!
(のか?!)

結局、先ほど、無事、捕獲いや、

保護いたしました。

えぇ、相変わらず空気読めないダンナでして。

そうそう!

こーゆー時は、一発大事件や武勇伝を作って帰ってきて欲しい...

そう...切に願った方もいらしたのでは...?

私ですか?

もーねー神に、いや、仏に祈りましたとも!
(あ・ウチ仏教なんで)

無事、スーツを破ることなく、通報されることなく、

無傷で...帰ってきますよーーーーにって!


まぁ、電車乗る前に確認の電話をさせて、

駅に着くくらいにコッチから電話かけて、ドコにいるか把握。

そーして私が車でお迎えに上がりましたとも!

ま~なーーーんてイイ嫁!

帰宅するまでの車内で、ダンナはドリンカーズハイですわ。

もーダルイおっさん・・・

ダ:「今日はから揚げになった?」

私:「え?私が?」

ダ:「アハハハハ・・・」

帰宅してからは、

私:「無事に帰宅するよーにって、お祈りしてたんだよ!」

ダ:「ん?アムステルダム?」

私:「は?アムステルダム?何それ?」

ダ:「圧縮テンポー」

全く意味不明・・・

ダ:「水、冷たい水!」

冷蔵庫に行き、麦茶をコップに注ぎ飲み始めて、

ダ:「あつっ」

私:「だって、さっき沸かしたヤツだもん」
(早く言え!鬼がっ)

私:「ハイ、冷たいのをアゲルね~」
(青汁もどきに冷水を注いだヤツ)

ダ:「ん?ハゲルね?なんだと~」

・・・相変わらず、タルイぜ!


そしてダンナは、

駅前のコンビニで買った夜食を食べ始めました。

 <内容一覧>
  ・ホットドッグ
  ・ナポリタン
  ・オニギリ
  ・シュークリーム
  ・エクレア

頼むから、完食だけはするなよ...!

保育園見学でのお作法

オッス!おら、きみどり!

今日は保育園見学に行ってきてヤッタぞ?

あ・スミマセン・・・

暑さがそう...させるのデス。


今日は、

たまに顔出してる保育園のサークル的なナニかがあって、

ついでで

「もし!見学なぞ、させてくれぬかっ?!」
(あのー来週あたり、見学を希望したいのですが...)

「うむ、よかろう!」
(何なら、今からでもケッコーですよ~)

二つ返事で見学、受理。

以前から、それとな~くチェックはしてたんですが、

正式に園内を説明してもらったのは初めて。

園長先生(らしき人...キット、ウン、園長ダ)が、

スタスタ歩き、食事中の園児の様子を見せてくださったり、

パンフに沿って、それとな~く説明してくださりアリオリハベリ。
(イマソカリ!)


では、ここで
秋・冬に向けての入園手続きを前に

「ツバ付けといた園の見学でも、しちゃう?」

な、アナタにナイスアドヴァ~イス!

『保育園見学でのお作法』
(幼稚園でも、可)

 ①まずは低姿勢で!常に笑顔!

 ②さりげに掃除が行き届いてるか等をチェック
  (小姑のよーに!)

 ③子供をトイレに行かせる(フリでも、可)

ハイ!③デターーーーーーー!

高等テク、キターーーーーーー!

トイレは、子供にとって死活問題デス!

まずは、トイレの環境を、そう...さりげなくチェックしましょう。

まぁ、マズマズね。

な~んて、上から目線で子供の用をすませ...

「ありがとうございました~」
(ハイ、また笑顔!)


こんな感じで、

皆さん、見学やその他モロモロ、ガンバテクダサイ!

カットとセミと娘。

娘の髪をカットしまして。

ワレながら、「なかなかのデキ!」と思いまして。

ダンナに見せると、

「失敗したの?ツーブロックになってるけど...」
(あの80年代を賑わしたカットね?)

ま、イッカ!

娘は後ろ、見えないし(コラ)


下の娘パン君(2)は、

ご飯を混ぜるのが大好きで、呪文を唱えつつヤリます。

おいしくな~れ
おいしくな~~れ
おいしくなーーーれ!
(そんなにマズイんかぃっ)

そして、

「ぴっしゅ!ぴっしゅ取って」

と言うので、何かと思えば...

ティッシュのコトでした。
(ま・分からんでもない・・・)

昨日は、公園で。

セミの抜け殻を発見し、素手でサッと持ち上げ、

近くにいた親子に見せに行って、ドン引き。

「セミガラ~」

と、言いつつ走り回っていました。

ウン!
略しすぎだけど、分からんでもない!

部屋とヤクルトと私。

ドアホンが鳴る。

先日、
ヤクルトの販売員が家にやってきた。
(通称、ヤクルトのオバチャン)

「こんにちは~
今日はごあいさつに伺いまして~
試供品をお持ちしました

う・うむ!
入られるがよぃっ


以下、
ヤクルトのオバチャン:ヤ、きみどり:き と表記。
 

ヤ  今回はこちらをお持ちしました~
   
    旦那様は便秘とかではありませんか?

き  いえ

ヤ  そーですか~うちは、便秘気味で~

    職場とかでも困ってるみたいです~

   (パンフに沿って商品の説明)

    あの、よろしければ旦那様用にも、もう1本どうぞ~

き  スミマセン

ヤ  それにしてもキレイなお宅ですね~

    それでは、失礼します~

バタム。

去り際まで、見事!


そして...

またお会いすることになるのだろう...

タダほど高いものは、
ナイのだから・・・!

(オマケにって計3本も、もらってしまったしな...)

超腸内トラブル・・・ちんすこう

お昼に食べたモノ

 ・納豆ごはん(ネギ+焼海苔)
 ・ロールパン 2個
 ・抹茶牛乳(抹茶オレでも、可)
 ・焼ソバ

そして現在・・・

は・ハラが・・・
(そう...はらたいらサンに、2000点が...)

雲行き怪しい状態デス。
(もーね、ゴロゴロ・・・)

トイレを3回ほど往復して、今こーして書いてます。私。

後半なんて...

「さー今から、大腸カメラ、始めましょうか!」

って、

ドクターから誘われちゃったら、即OKな状態でしたYO!
(そう...それほどまでに...残渣なく澄み切った状態でした...)

あ、食事中の方、

そーでなくても、まぢスンマセン!

看護職の人って、

「生々しい」こと言うのに慣れちゃってまして~
(テヘ)

おぉぅ・・・

生々しいと、言えば・・・

先日、
よく出没して最近、困り者の...近藤さんと嫁さんが来てまして。
(近藤さん:長女の保育園のクラスメイトのパパさん)

んで、

頂き物の沖縄銘菓、『ちんすこう』を出した時のこと。

嫁:「このちんすこう、粉々だねー」

私:「ウン!この前、踏んじゃった...袋ごと」

嫁:「もーカスッカスだ~
   まるで、チン○○だね~

近:「おぃおぃ!やめろよー・・・生々しいわっっ」

食う気が失せたー・・・

そう言った近藤さん。

珍しく、大好きな甘いものだとゆーのに...

ちんすこう2本しか、食べませんでした。


そして...話を元に戻しますと...

これだけは避けたい☆食い合わせ!

てのがありましたら...教えていただきたい所存デス。

トレイン

今日はねー

念願だったケーキを焼きましたYO!

ウン!自分で言うのもアレだけどさ、サイコーーーだったYO!

今まではさ、
私が作るとドーモ・・・和菓子風ってゆーのかな。

カステラ風?みたいになっちゃってさ~

ダンナなんかは、「まずくはない」って褒めてくれてたよ!
(もーアゲナイからねーーーー)


・・・自分でも思うのだが・・・

暑さのせーで、
すこぶるブログの内容が、ず・さ・ん!


そうさ...

僕のせいさ...でも気にせず進んでくぅ~・・・YO!YO!
(てコラ!)


ウン!こんな日は、聴こうゼ!

ケツメイシ/トレイン
(動画、見れる方、ドゾ!)


コッチの氷はフ~フフフ~ン

先日、ジャス子に行った時の話だ。

私の前を険しい表情で、カートを押しつつ

んでもって、えらく迷惑な場所にカートを置いてたり...

と、

目障りなオバサンがいた。

オバサンは、

レジを終えた後、保冷用にと氷を取りに行った。

こりまたメーワク以外の何者でもない場所にカート置いて。

私も氷が欲しかったのだが...

オバサンが、ダラダラと沢山の氷をせしめている。

チキンな私は、オバサンに注意なんかできないし。

そう思っていたら、別の少し離れた場所に

製氷機を発見し、私はソチラに移動。

氷をゲットし、さー帰ろうとしていた時だ。

オバサンは、まだ氷をザックザクやっている。

オバサンの背後には子連れの30代くらいの男性が待っている。

それに対し、おばさんが
「アッチのも氷、あるよ!」

「うん、知ってる」

「待ってるの大変でしょ?アッチのは?」

「うん、コッチのが近くてイイから」

「あ?そう・・・?」

思わずオバサンが尻込み。

30代の男性、サラリと軽快にオバパワーをかわした。


その姿を見て...

惚れてまうやろーーー

そう思ったのは、私だけですか?

恋の予感?

その女はやめておけ...

お前のようなペーペーの若手営業マンに

どうにかできる...そんな相手ではない。

店の裏口で、その男は緊張気味で必死に話しかけていた。

まぁ待て、
仮に付き合うことになったとしよう。

お前は、その女に見合う男になろーと頑張って

頑張りすぎて...

心身共に、金銭的にも危機に直面するかもしれない。

彼女を見てみろ...!

いつ見たって抜かりない、
オサレ~な服装・髪型・メイクではないかっ!





近所のカフェの裏口で、

若い男性(キット...麺かパンかの販売員...?)と、

ピッチピチのカフェ店員が楽しそうに談笑。

その様子を見て、

勝手に妄想列車を走らせてみました。

えぇ、
イランお世話だとは、分かっております。
(ペコリ)

エコロジックパンツ

「これも潮時ね」

エアタバコをくわえつつ、きみどりは呟いた。


ビヨーーーーン
と、伸びた長女(5)のパンツを眺めながら...。

「もう捨てるからね」

長女に最期の別れをさせてやろうと、

その勇姿を見せてやった。

長女が言った。

「これ、とっておいて!
小学生くらいになったら...はけるから!」

な・なんて エェ子!

親バカながら言わせてもらおう...!

まぁ、なんてエーコ!

まさに、エ・コ!(ドーン)


え・えぇ、

ただソレだけが言いたかったんデス。

じゃ、次女パン君(2)がくすぶってて...

まぢカンベンしてくれ...なんで、これくらいでティーブレイク終了。

ギブ ミー あ 
ブレイク・・・

(かぁちゃん、心の叫び短編集ヨリ)

優しさの種

ドモ!

ジメってますね...?

そんな梅雨の湿気も、吹き飛ばしたい...!

そう思いませんか?
オモイマセヌカっっ?


先日、
長女(5)の園では、お誕生日会が催されました。

担任の先生が、お誕生月の子に、

「優しさの種をプレゼントしよう!」と言ったそうです。

そこで長女らは、

お誕生月の子(数人)の前に、一列に並びまして。

一人ずつ、

あたかも!
手には種を持ってるかのよーな素振りで、

そのエア種を、お祝いにって渡していったそーデス。

総勢約30名のクラスメイトが...!

ゼスチャーで種を渡す姿...!

想像しただけで、悶え死に・・・!
(ウン!あまりにキュートすぎてさ!)

そーして、お誕生月の子は

やさしさを手にいれた!
(チャラチャ・チャッチャチャーン)

んで、

先月の子には、渡し忘れてたからって、

先生が、先月のお誕生月の子にも渡したそーれふす~!
(もーね、腰が砕けるス)

先生、
ナイスフォローーーーー!



「大切なものは目に見えない」
(「星の王子様」/サン・テグジュペリ)

そう...大切なものは、目には見えないんだよ!
(あ、二度目...)

こんな梅雨空の日は、あの頃を思い出して...

「星の王子様」でも、読むとするかな...。

そして...

このネタ、なぜに七夕にしなかったの自分!

て、残念さが残ります...09.夏。

病風

「めだめめ」
「えだめめ」
「えだままめ」

そして・・・ついに・・・!
「えだまめ!」

ウン!よーやく言えたね、パン君!
(パン君:下の娘。2歳児)

まさに毎日が進化の過程..。


はっっ

冒頭から失礼しました。

もーねー・・・

キテますYO!

ウン!病の波風が...!

カッテに吹いてます...頼んでないのにっ!
(大荒れだYO!)

上の子は、まーほぼ?完治。

下の娘、パン君...高熱デス...。

はぁー。一男去って、
また一男・・・


て、何?長男家出か何か...?
(正確には、一難去ってまた一難)

では、ココイラで。グバーーーーーイ。
(そらぁーよどんでるともさ!)

ペチャパイ

「ペチャパイ」

そう言われたのは...

ほんっと久しぶりで...新鮮とゆーか、褒め言葉にすら聞こえた。

ペチャパイ(あ・2度目)

なんて甘美で、思春期臭いカホリ・・・

はっっ

冒頭から失礼しました。

このことを語るには、まず先週のデキゴトを語らねばなるまい。
(ナゼに上から...?)

先週末、

近所に住む、近藤さん似のダンナさん
略して近藤さんからお誘いがあった。
(近藤さん:長女の園のクラスメイトのパパさん)

「ウチの屋上でプール開きやっぞ!」


私は過去のプール開きをとっさに思い出した。

そ・そーいやぁ...近藤さんの嫁さんはビキニ着てて、

近藤さん自身は、パンツ1丁ってやつだったな・・・。
(正確にはボクサーパンツってやつ?)

その時の私は、嫁さんが言った

「ビキニ着ておいでね~」

を冗談だと思い込み、フツーに私服で参加したのだが...。

そんなビミョーな経験をした私は、

「今年こそは、ビキニで参戦!」と意気込んだ。

そして、

まずは、そう!あの処理をば・・・!
そう、アレですYO!

格闘すること30分...

刻々と時間がすぎ、先に訪問しちゃってるダンナから電話あり。

「い・今から行く!水着を探してたっっ!」

ショーコリもなく嘘の言い訳...!

んで、

ビキニの上に一枚着て、近藤さん宅へ。

ア・レ?
ダーレも着てないじゃんYO!

嫁さんフツーに、
「私はいつでも脱げるからさ~」

って言ってたじゃんYO?

んで、

どーもこーもないですよー・・・
て感じでしたが、

短パンと水着onシャツで乗り切りました...。

まぁ、プール開きは楽しかったです。
いや、まぢで。

ま・負け惜しみとかじゃあナイですよ?

ウン!大人で一人だけ水着だったからって、

デッカイ水鉄砲の標的にされちゃったり?

そんな感じで、ほんっと楽しかったしぃ?


んで、例の一言スわ・・・。

「ペチャパイ!」

えぇ、

声の主:近藤さん...!

あぁ...まぢヘコんでたよ...

私が中2くらいだったんなら...

ウン!でもでもでもさ?

もー味噌痔!そ・そんなコトくらいじゃーーーーーー
メ・ゲ・ナ・イーーーーーーーーーーー(泣)

やっぱり魔の7月

まず、タイトルぱくったのを詫びます。

まねこさん、スマセン!


では、気を取り直して(オイ)


6月末、長女の通う保育園で...

何やらきな臭いナ、とは感じていたんデス。

いやね、長女が

日増しにね、咳き込んでたもので...。

そしたら、ウン!園内でさぁー

ヨウレン菌てのが流行ってたらしくてね?
(溶血性連鎖球菌の略ね)

まぁブッチャケ、風邪の一般症状と変わんないから、

そうそう気付かないコトとかあるんだけどもー・・・

あ、一応、舌が特徴的で、イチゴ舌って言われる

赤っぽくてブツブツした舌になったりするのだけれども。

そんなん堅苦しいコトは、

専門家にオカマせしまして、ね?
(えぇ、これでも一応ナースでした...て、過去形?)

んで、

昨日、長女が...えぇ、熱発しましてね...。
38.8℃スわ・・・!

とっさの一言・・・
「あーぁ・・・もーすぐ七夕祭りなのに・・・」

えぇ、鬼とでも呼んでクサイ!
私のコトを...!


一応、今朝受診しまして...

ヨウレン(-)
インフル(-)

ひとまず、安心...か?


そして、現在...

下の娘、37.4℃・・・
まぢビミョーーーーー・・・

あぁ切ったともさ!

ドモ!

行って来ました。

えぇ、髪を切りに、つい先日。

んで、どーなったかって?

えぇえぇ、気分は(一部)上々デス!

ダッテだって、上の娘が
「おかーさん、カワイイ!メガネはずしたら!」

って、言ってくれたんデスYO!
(ん!まぁこの際、限定されてるトコはスル~)

んで、
「えっと、ダレだっけ...ダレかに似てる!」

て、言うもんデスから...そらーコチトラ必死になりましたよ。

私:「え?光浦靖子?」

子:「ちがーう」

私:「えぇ?クワバタオハラの、くわばた?」

子:「違う!もっとカワイイ人ー!」

エ・エヘ~・・・モット言って・・・!

私:「あ!つじあやの!」

子:「その人、分かんない...」

私は、日本三大メガネっ子を言い放ち...途方に暮れました。

結局、

ダレだか分かんないまま、悶々として

数日後。

私:「ねぇっ!この人?」
(必死やなっっ)

チラシを片手に、娘に確認。

子:「ウン!この人!!」
 ど・ビンゴーーーーーーーーーーー!


そーデス、

その人こそが、田中美保ちゅわんデスノ!

えぇえぇ、あのRight-onのCMに出てる

そう!あのショートボブのカワユス子!

ダンナが一言、

「あぁ、髪型が似てるよね」

そう言い放ったのを、私は、忘れはしないだろう...

ゴゴゴゴゴ・・・
(えっっ地獄日記発動?)


あ・ちなみに、
Right-onのHPに行けば、アタシに会えるぞ☆
(なんかスンマセン)

私のお兄ちゃん

携帯が鳴る。

あぁ、兄からだ。

兄:「お前の住所、教えてって、かぁちゃんが。
   何か送るみたい」
(知らないわけはあるまい?まあ、出先か・・・)

私:「あー分かった。じゃあメールするわ」


『〒○○○-・・・・』
送信っと。

その直後に、携帯が鳴る。

あぁあ!またアイツか!

兄:「お前、郵便番号はよ?」

私:「○○○のー・・・って、メールした意味ないじゃん!」

あぁ・・・コレがワタクシの兄デスノ。

付け加えると、

兄:「俺のこと、ネタにしていーから!」

って言うモンですから...少し、イジリたいと思います。
(イビリたい、でも可)

では、
イジリーきみどりの、お兄ちゃん自慢!のコーナー。

①妹想い

②ケッコー電話とかしてくれて優しい

③「一生のお願い!」が、口癖

④「ねぇ、コレ、臭ってみて」が、口癖

⑤ズイブン前に買ってくれたものを引き合いに出す

⑥見た目はホッソリ。脱いだら...スゴイんデス。

⑦会話の中で、下品なネタへ移行
 (特にウ○コだの...小学生かっ!)

⑧酔っ払うと、笑いながら帰宅
 (夜中にハハハハ・・・って言いながら。まぢ怖い!)

⑨箱入り息子にて...掃除全般、ムリ!
 (えぇ...独り暮らしの部屋...汚宅でしたもん)

⑩これでも長男!親思い...!


まぁ、

ザットこんなもんでしょ?おにーちゃん!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。