アロエチックきみどり

インドア派の二児の主婦(肝っ玉小せぇ母ちゃん)が送る素朴かつ突飛な日常。 ジャンプを毎週見ている読書家としても有名...か?育児・テレビ・音楽・食・読書(やっぱマンガ中心か、せいぜい絵本...)などなど、広く浅く、その時の気分次第で網羅っっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短冊に願いを。

もーすぐ七夕。

保育園に通う長女(5)が、短冊を持って帰ってきた。

願い事を書いて、園に提出するためだ。

真剣な表情で、何やら書き始めた長女。

「からだが やわらかくなりますよーに」

と、書いてあった。

プフっ・・・

経緯を確認すると・・・

バレリーナになりたいけど、体が硬いことを気にしているヨーダ。

て、かぁさん、初めて聞いYO!
バレリーーーーーナに、
なりたかったなんて...!

てか...だったら、
「バレリーナになれますよーに」

って書けば?とも思ったが、シュールな内容に

先生方がウケてくださるのでは?と期待して、提出した。


その話を聞いていたダンナが、

朝の出勤前だとゆーのに、体が柔らかいのをアピールしようとして前屈

...そして、腰をグキッ・・・!

目をつぶったり、目をシバつかせている...
昇天・・・?

「チャッチャラチャラララ・ッチャッチャ(パフ!)」
それは...笑点・・・!

私の歌う笑点のテーマ曲は総スルー。

腰をさすりつつ、ダンナは出勤した。


昼すぎて、下の娘(2)が、上のほうを指差して、

娘:「チンカわり!」

私:「え?スイカわり?」

娘:「チンカエル!」

私:「えぇ?」

娘:「チンカヘル!」

私:「あ・あぁ・・・チンカーベルのこと?」
(正しくは、ティンカーベル、ね)

コクリ。
満足げにうなずく娘。

そして、
チンカーベルの人形をゲットすることができたのだった(完)
スポンサーサイト

毒ランチ会

先日、

園のママ達とのランチ会ってのに参加した。

ごく小さいランチ会だから~と誘われ、

参加メンバー5組。
び・ビミョーーーーー・・・

まぁ、
あんまデカい規模でもアレだし、な。

そう思いつつ軽い気持ちで行ってみた、ら・・・

奥さん方!

私以上に、喋る・シャベル・・・

よっぽどウップンが溜まってたネ?

んで、

私は口を出す暇もなく...8割がた聞き役に徹した。

園のママともなると、その年齢層も広いもので。

参加者の年齢差はシビアなものでした。

まーその中で一番の若気のイタリ~は、きみどりでしたけどっ!
(さりげなくアピール)

まぁ、

話は転々とするんデスが...
(女性が集まると、色んな話に飛び火する現象が起こります)

その中で、

習い事の話へ突入。

人気ナンバー1は、スイミング!

特に男児のママに多い傾向が。

理由は、泳げないことでイジメられたりしたらヤだから~

とか、

体力向上のためとか様々。

私は、自分の子には一切、やらせてません...。

ウン!だってカネがもったいないから!
(お・爽やかに言い放ったね?)

まぁー早期教育だのイロイロ言われますからね~昨今。

私は、やらせときゃー良かった・・・

と、後悔してもいいから、今はまーイッカ!と思い込むことにしてます。
(えぇ、金銭的に余裕があれば...もしかして...?)

んで、そのかわり
(と言ってはなんデスが...)

自分の得意な分野は、それとなく教えていく予定デス!

私のトリエといえば...絵、くらいなもんですもの...

えぇ、

いずれは...まぁ...キット...教えて差し上げますわ、ホホ。


はっっ

脱線してスマセン!

他にはねーーー

夫婦の馴れ初め暴露大会から、

ダンナの褒めちぎりまで発展した方がおりまして...。

正直、私、アナタの話、一番、キョーミなかった...

て、突っ込みたい気分でした。
〈薄い人に限って、意外にシャベルー〉

あとは、

武勇伝暴露大会へ。

んで、痴漢にあった話から暴行未遂な話まで...

ほんっと、いつ聞いても波乱万丈状態!

まー痴漢にあう人って、遭うんデスね。

ちなみに私ですか?ウン!ないYO!

それから、

ダンナの悪口合戦。

コレがヒートアップしてたっけなー。

代表者のママさんが、

「ウチの旦那、臭いからー最近、
バラの香りのサプリを飲ませ始めたんだ~」

で?効果のホドは?

「旦那の汗が、ほんのり甘くなった!」

ゴェフッ(軽く流血)

他のママからは、

「ウチの旦那も臭いから、シーツとか別に洗ってる」

とか、

「ウチは一緒には洗うけど、シーツとか分厚いものを中間に入れて、
仕切りみたいにして洗ってるー」

などと・・・
世の旦那様方、汚物化・・・

それを聞いてて、ウチのダンナは

まーイイ方なんじゃね?別個にされないだけ...?

と、思ったね。ほんと。

あとは、まー辞めた先生の追跡調査・結果報告。

園への不満。

先生の裏事情暴露、などなど。


安易に参加したランチ会。

気付けば3時間は経過していた...。

中身はないが、色んなムダ知識を吸収できて、

何となくオモシロカッタ。


では、まとめ!

《ランチ会でのお作法》
~ママ達とウマく渡り歩くために~

①と・とりあえず、うなづいとけっ!
 (知らんくても、ね・・・)

②あまり悪口に便乗するな!
 (主婦の口に戸は立てれない...もーね、だだ漏れよ?)

③間違っても夫婦円満な話をするな!
 (鉄則は、人の不幸は蜜の味。ベタな話は場をしらけさせる...)


以上。

ランチ会の報告を終わります!礼!

ぱぱとままのうた

ぱぱ まま えらい えらい おとな

せかいのだれより えらいのさ

ままわ おりょうりしたり

ぱぱわ かいしゃにいたりしたり えらい

そうよ えらいおとな


長女が作詞した「ぱぱとままのうた」より。


えらくエライを連発してますが・・・
(5連発...)

コッチがこっぱずかしいくらい、どストレートな歌です。


作詞活動とは...

やはり...
蛙の子はカエル...!


ちなみに、

ウチは、パパママとは呼ばせていません。

スイカブトムシ

スイカの季節ですね~

スイカスキ~にとっては、たまらない季節ですね~

先日、初物を食べたんですよ!

ウマ!スイカ、まぢ・ウマ!

で、

最後に思うわけですよ。

大量のスイカの皮を見て、ね。

なんかね、コレをね、まんま捨てたら、ね?

エコじゃなくね?ってね。

で、

エコを理由にヤッチャうんデスよね~

えぇ、スイカの漬物・・・!

1日目
娘ら物珍しさで食す。

2日目
娘ら、醤油をかける量が増す

3日目
娘ら「もーいらなーい」宣言

4日目
私ですら食べない...

強引にダンナに促すと

「なんかカブトムシになったみたいで、ヤだ...」

だの、

「これ食べると、カブトムシの味がする...」

と、ほざく。


この際、

カブトムシになるがよぃっ


放置カット

美容室に行った。

カレコレ・・・3ヶ月ぶり、か。

今回は友達の紹介だった。

でかくてキレ~な店舗で、紹介でもなけりゃあ入店できそーにない。

友達もカットしていく予定だったから一緒に来たのだが、

急用で帰ってしまった。

こ・ココロ細い・・・

そこへ担当の美容師が来た。

顎にヒゲのある40前後の男性。

ちょいワル+ワイルド・・・な感じだ。

ジョニー・デップ似とまで言うと、褒めすぎか...。

「そんなに緊張しないで」

と、美容師が言った。

挨拶もソコソコに、シャンプー台へ移動。

あ・アレ・・・?ココって?

連れ出されたのは店の外。

その店の裏に、小さな森みたいなのが広がっていて、

そこにポツンとシャンプー台が設置されている。

「コレがこの店のウリなんだよ」

美容師はそう言って、シャンプーを始めた。

さながら森林浴状態で、シャンプーとは...

癒されないわけがない。

急に、シャンプーの手が止み

美容師が覆いかぶさってきた...!

あまりに唐突すぎて声も出ない...。

されるがまま美容師の手が下に伸びて

...とうとう下着にまで手を出した...!

「なーんだ、ワンピ柄かよ。
そーいや、今週のワンピ、どーだったっけな」
(ドクロorスカル柄。ジャンプ掲載中のONE PIECE略してワンピ柄、でも可)

美容師はパッと離れると

サッサと店内に入ってしまった。

キット・・・ジャンプでも読むのだろう・・・







て、夢ですがナニか?

一応、起き抜けに確認してみた...

うわー・・・今日のパンツ、ワンピ柄だったわ・・・

えぇ...

近いうち、キット...美容室に行きたいと思います!

聖母マリア

とかく人の世は、

無関心な親が多い...

自分しかり...しかり・しかし...

私以上に、子に無関心すぎるんじゃぁぁぁっぁぁあぁっぁ!

あ・失礼しました。


昨日、いつもの公園で、デスねー

いつものママ友に会ったんです。

長女(5)のクラスメイトのママでして...別名「歩くスピーカー」
(えぇ、私がカッテに名付けました...)

そのママ友、話し出すと一方的に喋りまくり...

子供ソッチノケ。

で、うちの子と、そこの子とでブランコに乗せてたんですが、

ボトリ・・・!

2歳なってないくらいのママ友の子、落下!

理由は簡単。ママがお喋りに夢中だから退屈して。

まぁ、うまい具合に落下し、
(まるでスローモーション)

頭とかは打たなかったよーデスけど。

しばらくして、そのママ友は、別のターゲットを
ロック・オン!

臨月の妊婦友達(略して妊友)を発見し、ソチラに急行!

ポツーンいや、ポカーンとそのママ達を見てました。

そしたら、

妊友の方の子が、退屈したよーで、

ヒトリで私らのいるブランコへやって来ました。

その子がブランコに乗りたそーだったんで、

私はダッコして、乗っけてあげました。

んで、

ママ友・妊友同士は、コッチに気付かないフリでしょーーーか?

イッコーにブランコの所に来ないまま、お喋りを続けてます。

んで、

私が、娘とその子のブランコを押してるっちゅーのんに...

まだ来ねぇーーーーーーーーーーーーーし!

んで、

もー飽きたその子は、ブランコから下りて、別のこと始めちゃったし。

んで、

よーーーーーやっく妊友が近づいてきて、

「ありがとーございました」

ってオイ!

ハナから気付いてたんなら、サッサと
コッチこいやぁ!
(注:今回のキミドリは、ドス黒いきみどりDEATH・・・)

そのうち外面だけはイイ・子供受けするきみどりは...

「おかーさん!」と、他人の子に呼ばれる始末...。

私を、マリア様と呼ぶがよぃっ

まぁ・・・

結局、娘はその子らと楽しそうに遊んでたんで・・・

ソレだけが救いちゅーか、まぁ昇華されましたわ。

そのうち、
やっぱママ友が私の所に来て、再び長話を再開。

マ:「テ~ラがさぁ~」

私:「え?ダレ?」

マ:「あ、寺田君のことなんだけどね~」
(えぇ、彼女がカッテに名付けました...)

って、知らんがなっ


マイライフ イズ ツッコミ 多々・・・

I drive it?

さっきジャス子に行って来ました。

珍しく I drive で。
(I love it 「アイ らーびにっ!」でも、可)

はっっ

冒頭から失礼しました。

モーレツに暴走したいとデス!

ここ数日にあった出来事、私にとっては強烈だったりで...

しかも、書きたいのに書けない...

そう...ヒルネする娘の横で、私も寝ちゃったりしちゃってたから...!

えぇ、

そんなのどーでもイイですよね?

ひとまず、

今日、私は、ガンバタ!

東京砂漠を自分の運転で乗り切った
(注:ココは東京ではアリマセン)

...それだけが伝えたかったんです...!

そして...
(まだあるんかぃっ!)

服も欲しいが、靴も欲しい...

そんな欲の深い自分を戒める目的で、

あえてタビックスを履いて、靴屋を徘徊した自分を

褒め称えるがよいっ


えぇ...そのおかげで...

靴には手ぇ出しませんでしたYO!

しょーしか!こーれーかっ!

相変わらず、

専業主婦の一日は...忙しい。

 まずは、朝起きて、朝食・弁当作り
 (ダンナと軽く衝突し、弁当作り拒否)
 
 食器の片付け、洗濯

 干す...前に、姉と長電話

 UVケアは忘れずに...さぁ!厚塗りメイク!

 下の娘(2)の...ウ○チ処理

それらを経て... 
よーーーーやく公園デビュー。
(デビューて!)

公園では、娘がまた...木の実を拾っている。

そう...あの、木の実ダ。

こんなにイイ天気なのに、人っ子一人いやしない

...いや、

いるにはいる。

肌が黒くなってるオジサンが数人でタムロ。

はたまた御高齢のオジーサマ。

子供なんて、私らだけダ。


急速な高齢化と少子化の波・・・

イッキにそれを痛感・・・!

「あー!オトモダチー!」

娘が嬉しそうな声を上げた。


2歳前の顔見知りの子が駆け寄って来た。

あぁ...ヨカッタ...!

これで少しは...この公園にデビューしてるメンバーの

平均年齢が...下がったネ?

タ~ラコー

う・ウン!
コレで最後!そう...キット...いや、ウン!そう...

もー飽きてきたよね?
(キミも私も?)


ダンナの実家までは、高速道路使って行くんですが...

車内はもーねー・・・荒地・・・!

特に今回は早朝に出たもんだから、

コンビニでオニギリを買い込み、車内で食べた

...ら、

ウン!想像通り!いや...それ以上...!

オニギリ...こぼれ落ちすぎ...2歳児の娘が持ったヤツ。

と言うのも、コンビニで
「今なら100円セール」なーんてオニギリを安売りしてたのが原因。
(まさかの逆ギレ)

へー、普段は買うことのない
(ダッテ割高だし?)

焼きタラコにでも、手ェ出しちゃう?

ほんとなら...100円じゃ買えないしぃ?みたいなぁ?
(殴るよ?グーで)

えぇえぇ、その焼きタラコを即ゲットしましたYO!

で車内で...

そらぁ~すんげー・・・タラコが散れましたよ。

まさにピンク色の小さい種を蒔いた...かのよーな光景が...

真っ黒い車内に広がり...

ピンクと黒の見事なまでの...コ・ラ・ボ!

さぁ...

車内でどんな芽が出るか楽しみだな~

そう思いつつ...ダンナの実家でのお話...(キット)完結!

悪気がないのが一番手強い/モキチ

もーそろそろ終わりにしたいね?

ダンナの実家での話...ね?あと、少しだから...
(キット、ね?)


ダンナの伯父にあたる、モキチさん(仮名)は行動が突飛だ。

モキチさんは、前回の法事の席で
(お寺だったにも関わらず...)

「ここで着替えていいか?」

と言いつつ、皆の前で着替えそうになり、坊さんに部屋を借りた。

あげく、

部屋が散らかっていた!などと坊さんの前でホザイタおっしゃった。

悪気はないよーだが・・・

かえってソレが悪いよーな・・・

そして、少しは「歯に絹着せよーYO」系なのダ。


その日は昼食を料亭で食べることになり、

坊さんも出席していた。

酒も入り、

真っ赤な顔したモキチさんはハイテンションに磨きがかかり

坊さんに言った。

「アンタんとこのぉ、玄関?アレどーにかせな~
汚いことになってるわ~」

坊さんに説教・・・?

いくら坊さんが笑い顔だからって...

仏の顔も三度まで?スYO!

ちなみに...

他の親戚のオバチャン方は、

「親しき仲にもなんとやら~だわ~」

と、苦笑いしていた。

ウン、鬼の目にも涙~
(使うとこ、ズレてるからっ)

予定:その他

ダンナの実家では...

それはそれは...くつろげましたYO!
(この文の半分は、きみどりの優しさでできています)

まぁ...腹痛を理由に2時間はヒルネしましたけど。
ナニか?


居間には、でっかいホワイトボードがあり、

姑さんが月刊予定を書き込んであります。

 ○月○日 役員会議 喫茶ほのか(仮名)

 ×月×日 その他

あ・あのー・・・

役員会議も少し気にはなりますが...

それよりも・・・
その他って!何なんですかっ!
(「はい、ナンなんです!」/それいけアンパンマン マダムナンより拝借)


あ・あと気になったのは、

洗面所にあった古めかしい箱...

に書かれた文字。
「ヤングビーナス」

もー突っ込みドコ満載...!

坊さんに、ソレを・・・?

ウンウン、でね、

週末は法事的なナニかでダンナの実家で過ごしたって話!

え?続きモノ嫌い・・・?

それでもゴーイングにマイウェイなんだけどさ~


まぁ法事といえば、そう!

定番は坊さん!

えぇえぇ、きましたYO!

ポッチャリ系の、いつでも笑い顔の人の良さそうな方が!

その坊さんに、読経前のお茶を出すことになりまして。

姑さんが用意したグラスに、

私は手際よく氷を入れ、冷蔵庫のペットボトルのお茶

...らしきものを注ごうとして...

姑:「ちょっとちょっと...!
   それ、梅酒じゃないの!

あ・あぁ・・・この・・・

さもウーロン茶が入ってそうなペットボトルに入ってるヤツ?

こ・コレが・・・梅酒デスたか・・・!
て、知らんがなっっ

ひとまず、つつがなく読経は始まりました。

んで、読経は坊さんだけでなく、

親戚・来客の皆さんで、読経に参加。
(まさにライブ)

そ・そーいやぁ...開始前に何やら配布されたっけな?

ん?コレは...!
お経が書かれた厚みのある冊子。

しかも、全部カナがふってあり、漢字ばっかなのに読める!

さらには、

読みの強弱までつけてあるもんだから...
親切丁寧!(ドーン)

おかげで...

素人の私ですら...それとなく「デキるんじゃね?」風に

読経に参加できました...。

ビックリしたのは、2歳と5歳の娘も、

それとなく...いや、さりげなく参加していたコトです。


いやぁー

子供って無限の可能性を秘めてるね!

姑によるトラップか・・・

おひさ☆

みんな~ハッスルしてたかなぁ~
(ハッスルて)


ウン、きみどりもさ~ソレとなくハッスルしてきたよ~

薄々わかってた人もいるんじゃない~?

そう、ダンナの実家に行ってたんだ~

ウンウン、法事的なアレでさ!

てことは・・・そう、嫁・姑問題09ってトコかな?

まぁ、大したコトは勃発しなかったけどさ~
(空気読めなくってスマーン)

小出しにしてくから、ついてきてくれるかな~?
(よきかな~?)


姑さんと買い物へ行った。

姑さんは、マイレジカゴを持ってくので袋詰めの手間はなく

スムーズに買い物ができる。

私の役目は、

モッパラ...荷物持ちってトコだ。

んで、
重~くなったレジカゴを家まで運びいれ、台所へ。

「よいしょっと」

私は、普段姑さんが荷物を置く場所へ置いた...

べチャあーーーーーーーーー・・・

え?何か...付着した...?

慌てて、レジカゴごと持ち上げると...そこには...!

ネズミ捕りシートが...!

そのシート、まさにトリモチ状態・・・。

もーねー・・・

こんなモン、置いてあるって気付くかよっっ
(あ、逆ギレ?)

一応
(一応か!)

深々と謝りました。

その後、

姑さんが、マジックリン的な何かで
ゴーシゴーーーシ...
やってる姿が、目撃された。

まぢスマーーーーンヌ!
(アータ、謝る気ゼロに近いでしょ?)

主婦ボヤく

ドアホンが鳴り、

先日のトヨタの実習生がヤッテきた。

「下取り価格、100数十万になります...

どーです?買い換えますか?ここ、2週間以内で...」

「あ・いや、ムリですからっ」

スゴスゴと実習生、退散。

ご・ゴメン・・・結構ガンバッテ査定してくれたのに...

まさに、ミズノアワ~・・・


はぁーーーーーーーーー・・・

そんなんドーデモいいな...今日は。

もーねーかぁちゃんだってさぁ、色々あるんだなー

専業主婦って終わりなき戦いなんだな。

それなのにダレからも評価されないモンなんだな。

それが、
たまに・そう...ごくたまに、

虚しく感じることがあるんだな。

えぇ、

夫婦喧嘩勃発スよ。
(そうガチのね?)

だから昨日は寝つきが悪くって...

久々に深夜のお笑い番組見て、笑い転げましたよ。

そんくらいじゃあ・・・

かぁちゃんの心は晴れません...!

ダレか、かぁちゃんを...この健気なかぁちゃんを...

癒すがよぃっ!
(マヂ頼むわー)

補助輪なしで...

週末になると、
なんだか...

ソワソワするとデス...。

そう...
近藤さん似のダンナさん、略して近藤さんらが来やしないかって。

説明しよう!
(近藤さんを知らない・もしくは忘れちゃった子、必見!)

近藤さんとは、

長女(5)のクラスメイトのパパさん。

ごく近所に住むため、フラリ途中下車の被害に遭う...。

ま、コレぐらいにしといてやっか・・・!

で、

今日も...えぇ、ドッカ行った帰りに、立ち寄られまして...。

いぇ、別にね?
ソレが悪いって、そー言ってんじゃあナイんですよ?

あのね、あのですねー・・・

さぁーて、夕飯でも作ろうかって時に...

毎回、ヤテクルノヤメテ・・・クサーイ・・・!
(ルビー・モレノ風に、オネガシマース)

今回は、
そう...冷やし中華の仕込みに入ろうとした

まさに、その時でした。

「おーーーい!」

もードアホンも、ナシかぃっ

1回目は「空耳?」風にシカト。

2回目で「え?もしかして...?」

3回目で...確信に変わりました...。

本日の用件:
俺の娘が補助輪なしでチャリに乗れっぞ!スンゲェーだろ!
でした(チーン)

で、

触発され(ちゃった)長女が...
「私も、練習する!」
ぅぉイオイオイオイ・・・!待て!

練習って、ナニ勝手に決めてんの?

バスケの練習とかとワケがちがうんだよ?

ヒトリで、そう...オンリーワンでできんの??

近藤さんは、
「ヨシ!俺が教えてやる!」

そーは言ってもさぁー、やっぱ気になるし...で。

近藤さんのソフトスパルタな指導を、傍らで見守りましたYO!

「泣いたらアカンよ?」

近藤先生の教えを守り...長女は、青あざが出来ても泣きませんでした。
(ウンウン...えぇ話や...)

結果、

長女は、私らが指導するよりズイブン上達しました。

私が、

長女のグラグラする傍で付きっ切りで走向してたりなんかすると、

「オイ!そこのバカ親!」

なーんてゲキを飛ばされつつ・・・。


そして...

夕飯にありつけたのは、19:30。

あ・あのー・・・近藤さん、お願いがあります。

日曜の我が家の定番、

ちびまるこちゃん&サザエさんとゆーゴールデンコンビを

私から...奪わないでください・・・

トヨタの実習生

「生々しいわっっ」

そー言うのが、少しだけマイブームなきみどりデス!


はっっ

冒頭から失礼しました。

先日、車のセールスマンがやってきた時の話です。

ピンポ~ン!ドアホンが鳴る。

「あのートヨタの実習生なんですけどぉー」

実習生?あぁ、懐かしい響きだぁね~・・・

そーいや、私にもあったっけ...?看護学校時代...

て、過去回想はイイからっっ

「お車の査定を...」

査定かー、まぁ悪くない話だが。面倒なら、パス!

そう思いつつ、玄関へ行ってみた。

ガチャリ。ドアの向こうには若い男性が一人。

男:「あの、15分ほどですみますので...
   査定をさせて頂けないでしょーか?」

私:「え?15分?もーすぐ、娘のお迎えが...」

男:「頑張って、早くしますんで!
   コレやんないと、会社に戻れないんです」
て、知らんがなっっ!

フト、実習生の顔を見た。

永井大(ナガイマサル)似の、さわやかなエェ男...!

私:「じゃあ、お願いします」

車のキーを渡し、掃除機の続きを再開した私。

しかし...

なんだか気になる。

世知辛い昨今、犯罪多発国家になってしまったニッポン...

はたまた、ナンタラ詐欺・・・?

そんな言葉が脳裏に浮かぶ。

ダ・ダイジョブか?あ、あの人・・・!?

実習生とゆー名の新手の詐欺...?

もしくは、「あ、オレオレ、ナガイマサル」詐欺??

不審に思えてきた私。

私:「あ、あのー・・・ちゃんとした人ですよね?」

男:「えぇ、ちゃんとした人です」
ナイスアンサーーーーーー!


この人キット・・・

今後、営業成績、伸びるに違いねぇ...!

男:「結果は、また後日報告いたします。

   ところで...今月中に、お車の買い替えなどは...?」

私:「ウン!ムリ!」
今日一番の、ベストアンサー!

だったと...私は信じたい。

ゴミとオッサン

このブログ、
調子乗ってる時って、頻更新だよね?

そう...ささやくのが聞こえてきそうデス・・・

やぁ、みんな元気?


今日はね、また...オッサン関連の話だよ~

近所のオッサンについての(ちょっとした)プロフィール
 ・三時すぎると、「ゴットファザーのテ~マ」を大音量で吹く(口笛で)
 ・娘の送迎バス待ち中、なにかとチャチャ入れる
 ・一度なんかは...ギター弾き語りを披露され、1時間弱手拍子
  (かつ愛想笑い...)
 ・「あのよぉ~」が、口癖
 ・背は低い方。にしてもオッサンのチャリ、小さすぎねぇ?
 ・チャリに乗る際、片足をビヨーンと上げすぎじゃね?
 ・昔は、ちょっとモテたんじゃね?
  (いや、勘違い...だってハイキングウォーキングの鈴木Q太郎に見える時あるもん)
 ・てか、隣人のこと、私に聞くのヤメテ...
 
ま、ザットこんなもんデふス。

そのオッサンは...口数が多いので、

無言で茄子を手渡す
...なんて高等技術は持ち合わせておりません。

では、オッサンとの会話をば。

オ:「あのよぉ~、この前、不燃ごみでよ~

   デッカイ布団乾燥機みたいなのが出てただろ~」

私:「あぁ、ハイ」

オ:「それよぉ~回収されずに放置されてたんだわ

   で俺がよぉ~ウチで粉々にしてまた袋に入れて出したら

   回収されてたんだわ~」

私:「そーなんですかぁー」

オ:「前もよぉ~こんなコトあってよ~

   そん時は自宅に持って帰ったんだわ~

   まぁ今回は、俺が粉々によぉ~」
オサン・・・それ、2回目!

バス待ちの間、

正味3回は聞かされた...オッサンの武勇伝(?)

アリガトウ オッサン!
街の平和を守ってくれて...!

大荷物

・手のひら大の赤ちゃんの人形2体と、その人形用パンツ
 (モチロン、脱がしてある...2枚分)

・ポケモンの本

・一寸法師の絵本

・ハンカチ2枚

・木琴の叩くやつ...
 (何ていうんだっけか...?)


が、出てきました。

娘のマイバックから...。

スンゲーーーー大荷物!

今日は、寝室へ移動する際の持参品として

でしたが...。

普段ですと、上記のような内容で...買い物とかに

イカレますっっ・・・


だから。ナニ?

そう思った方、挙手を願います。

ハイ、いませんね?

引き続き、珍品をインマイバックしてる際には、

報告していきまっす!

何事も、「ほう・れん・そう」

報告・連絡・相談、デスよね!(ニコリ)

ザルと木の実

昨日のパン君(2歳児・性別メス女)の話からいこうか。

あ、
上からモノ言って、スマセン!


公園に行き、砂場で遊ばせていた。

すると、同じ年くらいの子連れママが来て遊び始めた。

手にはキッチリ、お砂遊びセットを持参で。

まー相変わらずな私は、今まで一度たりとも...

お砂場セットなんか持ってきたためしがない。

んで、その親子に貸してもらったわけだ。

手のひらサイズの、ザルみたいな道具を借り、パン君は遊び始めた。

・・・アレ?

砂場の隣にある木馬(バネ馬?って言うのか?)

に、ザルをのせて...ザルと会話...。

パ:「ねーおもしろいでしょー?」

モチロン、無言・・・

パ:「ねーねー、オモシロイでしょー??」

沈黙・・・に耐え切れず、助け舟。

私:「うんー、オモシロイー」
(かなりの裏声で...)
ま・さに!腹話術状態・・・!


ザル遊びに飽きたパン君。

スベリ台へ移動。

さぁ、勢いよくスベルがいい...!

そして...午後からかぁちゃんに自由時間をクレ...!
(全てはヒルネのためにアリ!)

そう、切に願いながらパン君を見ると

何らかのターゲットを発見した模様。

それは、木の実だ。

キット、園内の楓の木から落ちたものだろう。

ドングリ大・松ボックリ
的な、その木の実に興味を示している。

が、触れずじまい。

私:「ぼく、キノミ!こんにちは~」
(ハッ...やっちまった...)

後の祭りだ...。

パ:「こんにちは~」

そう言って、そこらじゅうの木の実を回収してきて並べ始めた。

パ:「ねぇキノミ~、元気?」

私:「う・ウン!元気~」

パ:「楽しい?」

私:「うん~楽しい!リスやネズミが食べてくれるの~」
(その会話、ちょっとムリがない...?)

パ:「そーなんだ~」

以下、腹話術調の会話が延々と続いた...。


ウン!母子共に、
擬人化すんの大好きーーーー!(テヘ)

フェンス越しに

金網越しに援助物資を受け取る。

そう...

ここは戦場だ。

平成なんて、まだまだ先の未来の話。

援助物資の中身を確認。

「なんだ...茄子1本かよ...」

キミオは、ボソリ呟いた。






えぇ、

今朝、上の子の送迎バス待ちで。

フェンス越しに見える他人の家庭菜園を

マヂマヂと眺めておりました。

「ほら~コレが、茄子。あ、トマトもあるね~」

などと、二人の娘に説明しながら。

すると、

スッとフェンスの金網から...茄子が!

家庭菜園の主、

少し顔見知りのオジサン。が、もぎたての茄子を無言で

下の子に渡してくれました。

ありがとーーーーぉオジサン!

今日、この茄子(1本)で、

ナニかを...作ります...!


下の子が送迎バスに向って手を振る。

片手の茄子をブンブン振り回しながら...。

仲間似?

昨日の話だ。

14時すぎて下の娘(2)パン君が眠りに落ちた。

要するに、

昼寝ってヤツだ。

パン君はだいたい2時間近く寝る。

16時になり、1階に寝てるハズの彼女の様子を覗く

と、ソコには...

(カッテに)テレビをつけ、

ゴロンと横になり、

「ごくせん」の再放送を見ている、

中年2歳児が・・・!

私:「え?ごくせん見てんの?」

パ:「ウン、ごくせん見てる」

そーこーしてる間に、上の子のお迎えの時間だ。

お迎えから帰宅し、2階のリビングでくつろいでると、

パ:「ちょっと行って来る」

そう言い残し、1階へ。

キット・・・昼寝友達、略してヒルトモ、の

人形「ハナちゃん」でも回収しに行ったのだろう...

しかしながら、帰還が遅れている。

パン君は、無事か??

気になって、1階へ下りてみると、

また「ごくせん」かよっっ!
(でじゃぶ?)

なぜか1階のテレビをつけ、

ジーっと「ごくせん」を見ている。

もしかして...仲間 由紀恵と私が...メガネッコだ・か・ら・・・?

都合よく勘違いした私。

私:「ねー、この人(仲間さん)と母さん、似てない?」

パ:「似てない」

私:「あ、そっかーーー」

次の瞬間、たこ焼きをほおばる仲間さんがアップに。

パ:「あ、少ーし似てる」


ハハ・・・子供ってウソつかなーーーーい。
(こんの天使めが~)

イタ車

痛車と書いて、「いたしゃ」と読む...

みんな~知ってるかな?

あの、車にアニメのキャラの塗装とかした、そうアレ!


さっきウィキって調べてみたんだー
(あー忙しい忙しい)


当初は愛好家同士のみで通じる隠語のようなものであったが、雑誌等への投稿により広く認知されるようになった。同様の改造を施した原付やバイクは「痛単車(いたんしゃ)」と呼ばれ、自転車の場合は「痛チャリ(いたチャリ)」と呼ばれる。
(Wikipediaより抜粋)

「痛単車(いたんしゃ)」となっ!

ナイスネーミング!

なんだか自分が、少しだけ

賢くなったと自負しております。


あ・で、

そう...初めて見たんデス。

その痛い車ってのを...先日。

県境のトンネルの脇みたいなトコで、密やかに駐車してました。

むしろ、

異端者らしく、堂々とあれ!

そう思ったのは...キット、私だけですか。

ナースの落ちごと ⑰ムカデから...あおさ? 

高校卒業後、

私が看護専門学校に通っていたのは周知の事実であろう。
(なんか上から...)

18・9の...いたいけな少女でありつつも、

大人の階段、ノボル・・・そんな曖昧な時期だ。


私は、女子寮に入っていた。

同年代から、上は30代前後の生徒がいた。

仲良くなった同年代のAちゃんは、九州は島国育ちの

血気盛んな子だった。

そのAちゃんと、お風呂に入っていた時の話だ。

A:「ムカデがおる!」

私:「えぇっ!?」

瞬間、

Aちゃんが鬼の形相で、風呂椅子を手に持ち、

ガコンガコンと、ムカデに打ちつけ始めた!

A:「ムカデは、動くけん注意せな!

   で、動かなくなったら、火であぶるとよ!

    ツガイでおるけん、見せしめのために燃やすとよ!」

Aちゃんは、早口で喋りつつも、ムカデを叩く手をゆるめない。

しかしながら、

寮内は、基本、火気厳禁であるからして...

昇天したムカデを火あぶりの刑に処すことはしなかったが...。


その後、

何事もなかったかのように入浴再開。

湯船の中で、マッタリ。

A:「Kちゃんのヘア~はよかねー」
(Kちゃんの毛は、スゴイね☆の意味)

私:「そお?」

と、言いつつ、腰を浮かせて水面近くまでもっていき

ヘア~をユラユラーっと。

A:「すごかー!」
(スゴイの最上級?の意味)

調子に乗って、ユラユラを続ける私。

A:「あおさのよーじゃ!」
(そのソバージュ、あおさ海苔に匹敵するくらいグレイト!の意味)


それ以来、

Aちゃんと入浴すると

必ず、あおさ関連の話で盛り上がったのであった。





グッバイ・青春!

クワイア ボーイズ /Stand by Me

最近、

なんだか音楽だの動画だのノッケルこと多いですが。

ほんと私的ブログでスンマセン!
(超自己中ブログ、でも可)

自分、不器用スから・・・

ココを自分の大好きなメモリ~置き場にしたいとデス!

いつ開いても、

アタイの宝物らに、出会えるよーに...!

さぁ、

熱弁はさて置き。

今日も、ミッチリ自分好みのモノ、御用意しました~

ちーと前にテレビでやってた『クワイア ボーイズ』ってのです。

イギリス最大の、若者のための音楽イベントに出場する

男子校の話だったんです!
(もーコレだけで、オカズなしで御飯が食べれそう。ォイ)

で、
名曲「Stand by Me」を大胆にアレンジしちゃうってゆー

思春期の男子らしーパワフルさ!

圧巻でした!!

特に、

指揮を振るう音楽指導の先生(男)が、

色白メガネ男子で、サイコーーーーー!
(ソッチか!)


You Tubeでは、3部構成にてUPされてました。

私は、

味噌痔らしーく、大胆に・・・最大の見せ場(3/3)を

ノッケ盛り!
(おかわりぃっ!)

なんのこっちゃ分からん、て方、ひとまずドゾ!

『クワイア ボーイズ 3/3』



オープントイレ

パソコンに夢中になってると

オシッコに行くのもメンドーになりませんか?
ナリマセヌカ?

しかしながら

トイレに間に合ったときの安堵感...

それは、エモイワレヌ幸福感に満ち溢れませんか?
ミチアフレマセヌカ?


今日は、

こーゆー少しクセのあるお話。

そう...それは女子高生、と言われていたときの話ダ。

仲良しの友達Tちゃんとの会話で、トイレの話になった。

私:「トイレって開けてする?」

T:「えっ?もちろん閉めるよ!」

私:「私は、開けてすることあるよ~。
   家族が来るかどーかは、賭けみたいなもんだねー」

T:「ただの変態やろ」

私:「Tちゃんも試したら?」

T:「ムリ!うちなんか、玄関のすぐ横にトイレだから。
   お客さんとかに見られたら・・・」

私:「それはソレで、すごい事になるね!」
キャハハハハー・・・


若気のイタリ~

その時、草原を

爽やかな風が駆け抜けた。
(ムリに、キレイにまとめよーとした結果がコレです)

エビカニダンス

先日、

もんのすごーーーく勇気を振り絞って...

育児サークル的なもんに、参加してきました。

ウン!
ほんとね、インドア派にとっては敷居が高いんだ!

まず、

10時くらいに行ったさ、その会場に。
(もーねー10時に間に合わせるのにドンダケ大変だったかっ)

んで、保育士さん方が出迎えてくれて~

下の娘パン君(2)も、それとなく滑り台とかでカッテに

遊ぶかと、思ったら...私にベッタリ・・・。

まぁ、

パン君は、こーゆーの初参加に近いし...
(一人目は、はりきって育児してたが...)

こんなモンだろ!
(あ、開き直った)

まずは、お庭で外遊びをし、

保育士さんが、さー体操ですよぉ~と、召集をかけ...

「エビカニダンスを始めます!

お母さん方、必死にやれば、痩せます!」

その言葉にスイッチが入ったのは、子供でなく私!

ラジカセから聴いたこともない曲が流れ、

「え~びっ!カ~ニカ~ニっ!」

と、保育士さんはエアロビなみの動き。

私は、おかしいやら、しかしながら機敏に動くことで

気分がハッチャケちゃってるから・・・

知り合いもいない初陣で、ヒトリ大笑い!
(周りの奥さん、引くわー・・・)

ものっすご充実感ありましたわ~
(ウン!自己満だけどね!)

大貫妙子/ メトロポリタン美術館

ガハーーーーーーーーーーーーーーーッ

時間ねぇ・・・
(言葉がすぎますわよ...ホホ...)

もーすぐ娘が帰ってくる!

て、ワケで、

大好きなNHK「みんなのうた」をノホホンと検索してたら
(ホントに時間ないの...?)

懐かしい・・・
なつかしすぎる・・・!

あ・の名曲を発見!

大貫妙子/ メトロポリタン美術館

動画見れる方、ドゾ!

マスク

もーねー

最近、鼻水スタスタで鼻炎症状バンザイ!

なんですがねー・・・

夜、寝てる間に喉がヤラレるんで、デスねぇ。

寝てる間はマスクするコトにしてるんです。

おかげで、少しは、喉の乾燥を防げる...気・が!(?)

しかし、ダンナは面白がってるんデスよね・・・

私の辛さなんて、分かっちゃいねぇーんだからYO!


ダ:「昨日、アイマスクになってたから口にズラしてやった」

て、スンゲー上から目線。

私:「えー。アイマスクにしてたのに!
   安眠妨害もイイとこだわっ」

と、けたたましい嫁。


夫婦の攻防は・・・今日も、続く・・・(のか?)

浴室は美容室

昨日の夜の話。

ダンナの帰りはいつになるか分からない。

そんなわけで、

いつものよーに私が2ひきの珍獣を風呂に入れる。
(両方メス。5歳と2歳。ヒト・・・か?)

子供ら二人は、19時前後にやってる子供番組を見せておく。

その間にコソ~リ、

私だけが入浴し、頭・体を洗った後に呼び出すのだ。

え?なぜそーするのかって?

もーねー

子供らが、長風呂しちゃってノボセちゃうんで、ね。

時間差で呼んだ方が、互いにメリットがあるわけデス。

ただ、

風呂好きな子供に、私が先に入ったのを目撃されると...

もー有無を言わさずに...入浴が始まっちゃうんデスが...。


はっっ

前置きだけで、こんなにも・・・!

で、

入浴中の私は、と言いますと。

浴槽に浸かったら、私は美容室にヤッテ来た客デスノ...!
(そーゆー設定、ね)

で、

子供ら二人がかりで、私の髪の毛を触りマクリ。

上の子は、

食器洗い用の洗剤のボトル
(ひと昔風に、ママレモンの容器、とでも言おうか...)

を手に持ち、私の頭皮めがけて
チューーーーーーーッ・・・
もんのすごい水圧で、シャンプーをかけるマネ。

で、

下の子は、

いらんくなったプラスチックのレンゲ
(ラーメンのオマケについてきたヤツ...)

をブラシに見立てて、私の髪をとかすマネ。

まさに、

壮絶な・・・エア?美容室。(ドォーン)

そして、

下:「マヨネーズをかけますね~」

とか、

上:「これは、メロン牛乳で~す」

などと言いつつ...客である私の頭皮にシャワー・・・。


コレって、
罰ゲーム・・・?か何かですか?


しかしながら、

頭皮に水圧って...なぜだか...癒されるとデス...!
(やっぱMか)

ケンイチと私

ケンイチと私は、同じ会社に勤めていた。

私は、その会社の専属のナースとして派遣されていた。

日中、

ほとんどヤルコトがない。

たまに、

二日酔いで...とか、

腰痛が...といった男性社員に、薬を渡すのが唯一の仕事だ。


ケンイチは、医務室に来ることは、ほとんどない。

あ。あるには、ある。

一度、

職員健診の結果を手渡したとき、くらいだが。

その時、ケンイチが黒いドット柄のネクタイをしていて、

腕まくりした姿だったのを覚えている。

ハッキリした顔でもないのに、やけに印象に残る顔だった。

「ありがとうございます」

ケンイチの少しなまりのある声が、頭から離れない。


昼になり、

私は社員食堂へ向った。

今日は、たまたま患者さん(?)が重なり、

珍しく12時ジャストに昼食がとれなかったのだ。

時刻は1時すぎ。

食堂に向う廊下は閑散としている。

そこへ偶然にもケンイチが通りがかり、

今からですか、と声をかけてきた。

ハイ、とだけ答えると、

なんだかナース服姿であることや、

偉そうに聴診器を首に下げたまま出てきてしまったことが...

気恥ずかしく感じられた。

私は慌てて聴診器をしまおうとするのだが、

ポケットからはみだしてくるので焦った。

それを見ていたケンイチが、

「いいじゃないですか、そのままで。

ナース服に聴診器。似合ってますよ」

ポツリ、呟くように言った。




って、夢ですが、

ナニか?



みんな~松山ケンイチ君を、知っているかな?
(ナニコレ?でじゃぶ?)

そう、

あの青森出身で、

二枚目と方言がミラクルマッチしちゃってる俳優さんね~

そのケンイチ君に夢で...ウフ!
(まさかの...告白...?)

いいじゃーないの!かぁちゃんだって夢くらい見るさ!


んで、

松山ケンイチ君主演映画
『ウルトラミラクルラブストーリー』

見てみたいな・・・って思って寝たから・・・かなぁ?
(テヘ)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。