アロエチックきみどり

インドア派の二児の主婦(肝っ玉小せぇ母ちゃん)が送る素朴かつ突飛な日常。 ジャンプを毎週見ている読書家としても有名...か?育児・テレビ・音楽・食・読書(やっぱマンガ中心か、せいぜい絵本...)などなど、広く浅く、その時の気分次第で網羅っっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガネっ子の私

今日はですねー

ウン!寒い・・・けど、まぁ、ね?

下の娘パン君(2)の熱烈な勧誘もあり...

突風吹き荒れる中、チャリ散歩へとしゃれ込みました。

もー季節は春一番(?)

けど、格好は・・・サッポロ一番(!)

えぇ、真冬のカッコでしたよ。

で、出かけた先?

フフ・・・

メガネを買いに、チョットそこまで~♪

メガネっ子の私(30&殴+グーで)としては、

メガネ選びは
至福のとき...!


なーんか、気分転換で買いたくなってしまったんデス!

全くと言ってイイほど、

現在活用中のメガネは御健在なんですがねぇ。
(しいて言えば...なんかズレる...鼻が低いせぃっ)

まるで気分はセレブ!
(注:セレブはメガネくらいで浮かれません)

今回はですねぇ~

え?聞いてない?ソコを何とかぁ~ペコリン!

透明っぽいセルのヤツをチョイス。

あ、今のメガネですか?
(もーエア会話です)

茶色とキミドリ足して、ストレートで割る、みたいな?

そんな感じの色のセルフレームです。

で、

もうゼッテー買う!って気分で家を出たんで、

チャッカリ、

10年前くらいに買って、えらく薄汚れたメガネも持参しておりまして。

アレコレ迷った挙句、

「コレにします!で、あの~・・・

この古いメガネも...直してもらってイイですかぁ~?」

このチャッカリモンがぁっ!

チャッカチ・キッチリ、薄汚いメガネもキレイに!

ほんと、あざ~す!



「来週明けくらいには出来ると思いますんで~」

店員が笑顔で手を振る。

私もハハハと爽やかに手を振る。

帰宅して姉に、長電話で報告。

姉:「ヨン様の(CM)メガネだったら、即日だよー」

は・ハ・メ・ラ・レ・タ?
(いや、誰もハメテないからっっ)
スポンサーサイト

魅惑の勧誘/ケーススタディ

とある突飛なコメンター様からの

熱烈なリクエストにお答えしまして~
(え?話したいくせにぃ...って?)

えぇ、

春は、変な不埒な勧誘が多いから、

「気をつけろよ!ルーキー諸君!」

を、合言葉にお送りします。

まず、実際に私が受けた卑劣な勧誘の手口、一挙公開。

〈ケース1〉

それは私が看護学生の頃...

まだ肌もきめ細かな10代後半の頃...(クドイ?)

肌の回復力はナイスな時代ではあったが、

そこはやはり、オ・ト・メ☆

ニキビや、ニキビや、にきびやらが気になる年頃ですよ。

んで、

雑誌に載ってたレ○ンテって洗顔セッケンに飛びつきたくて電話。

無料サンプルをくれるってんでさぁ~

したらね、

二人組みの女が、

実家にヤッテ来やがりましてね、

んでね、

親が不在だったのをイイことに、無料サンプル渡したとたん、

頼んでないのに肌診断とか言いやがりましてね、

なんかブラックライトつけた箱みたいなのに、

顔をツッコムはめになりまして...

で、「ね?ヤッパこのセッケンが必要よね?」とかって誘導。

小一時間...いや、2時間ばかし...

ひつこいセッケンの勧誘を受けましたよ...。

結局、

頑としてサンプルだけもらって、契約とかはしませんでしたけど。

教訓:タダほど高い物はなし!


〈ケース2〉

それは就職して間もない頃...

まだあどけなさが残るピチピチの頃...(クドイ?)

カッコーからして田舎臭かったんで、声かけ易かったんでしょーねぇ。

若いチャラ男が近づいてきて、

ナンタラ化粧品のモニターになったら、化粧品アゲル

って言うんで、ノコノコついてってしまいましてね。

小一時間...いや、2時間ばかし...

ひつこい化粧品の勧誘を受けましたよ...。

でも、

勧誘側が折れて...サンプルみたいなヤツ、くれましたけど。

金銭的な被害はありませんでしたが...

時は金なりデスなぁ~。

ウン!まぢ、ウザかった~

教訓:2時間粘れば海路の日和あり?


春...

それはまだ世の中を知らない...

そう、ルーキーが浮き足立つ...そんな季節。

魅惑の勧誘には、

くれぐれも気をつけてクレオパトラ★

Gives You Hell /The All-American Rejects

おひさ~

みんな元気してたぁ~?

そう?そりゃあヨカッタ~

え?私?

ウン・・・!それなりに!

でもね、ウン...ご想像通り...また(ねぇまただよおおおおおおおお)

娘ズが、そう...風邪ぶっこいてさぁ。

まぁ、慣れも必要だよね?看病でヤツレきみ~だYO!

娘らは回復し、ホッとひといきな今日の夕食後。

そう...地獄日記...発動するトコだったよ~

あ、ウン、そう恒例のダンナとの喧嘩ってヤツ??

そんなわけで、

内容はもーねぇー・・・地獄地獄HELLな感じになってしまうからぁ~

まぁ、歌に託すことにするよ~

今、何気にサビがお気に入りの、この1曲!

『Gives You Hell 』/The All-American Rejects

え?訳すと?

『キミを地獄送りに♪』って、トコかな☆

久々の更新が、こんなんナッチャッテ、ほんとペコリン!

動画、見れる方、ドゾ!


千葉真一か!

「ジューシーな肉は
プロフェッショナーーール!

と、

千葉真一に言われ、爆笑してたら...

ダンナが、「どーしたの?」

あぁ・・・夢だったのかー・・・

で、
千葉真一さん、いったい...何なんですか?

夢で発言した...意味深なコトバ...!

あ、いや、

今では...

JJサニー千葉さん...て、
呼べばいいんスかねぇ?
(一応ウィキったら、改名してたのね~)

魅惑の勧誘

今日はネェ~

もーねー・・・書けるうちに書いとかないとね!


最近、

ミョーな電話を受けました。連続で。

まず、1件目。

ガチャ。「もしもし?」すると、

「こちら、民話の里♪...」

聞いたこともないメロディーと共に...一体ナニ?

すぐさまガチャリ!受話器を置きました。


2件目。
(コレは携帯に)

見たことない番号だ。ヨシ!いつものアレで、いくとするか!

「はぃ・ぼしぼしぃ・・・?」
(はい、もしもし、の意)

私は、知らない着信に出る際、

ワザとシャガレ声で出ることに決めてます。

男だか女だか、サトラレないためです!(エッヘン)

したら、相手が、

「なになに~?

風邪ひいとったん~?ちゃうやろ~?

花粉症やろっ!も~病人づいてからにぃ~!」
すんげーーーー慣れなれしいんスけど(怒)

で、私が、

「は?どなたですか?」

「あぁ、ゴメンなぁ~ビックリしたぁ~?

オレ、広告の仕事してるんやけどぉ~ランダムに番号うっとったら~・・・」

「私、興味ないんでー」
ガチャリ!(切or Kill)


春が近づく...

そう、それは魅惑の勧誘の、始まりです。

みなさん、

お気をつけくださいな。

えぇ、

ワタクシ、一度...いや、二度ほど...

危ない目に、遭っておりやす! 
(エッヘン)

サラリーマン戦士

ダンナよ!

私の...高級いや...
ミドル級の化粧水...!

カッテに使ってんじゃあねーYO!


はっっ

冒頭から失礼しました。

最近、メンズものの化粧品、増えてきましたよね~

しかも空気は乾燥。

目はシパシパ・・・

春といえども、お肌には劣悪な環境デスよね~

デスが・・・

ねぇ、やめてー・・・ほんっと、ねぇ。

私の化粧水、カッテに使って、さも使ってません的に

ウマイこと片づけるのは!

偽装よー、家庭内で偽装合戦よぉーーー!


それでも今朝、

優しく見送りしましたよ...。

私:「いってらっしゃい。サラリーマン戦士!」

ダ:「フッ・・・」
(鼻で笑いやがった・・・)

しかしながら、

「いってらっしゃいませご主人様...」

そう思わずにはいられない...

そんな世知辛い...不況下の空の下...。
(妻、心の叫び短編集より)

絶品!煮込みハンバーグ

なんかの番組で、

ハンバーグ作りの裏技をやっていました。

で、

試すことにしました。その裏技とやら。

両面焼いたハンバーグに、

水を適量入れ、
(ハンバーグの高さの半分、くらい。だったかな...)

強火(だったかな...)で、蒸し焼き。

ハイ!

そーしたらぁ~

お店で食べるような肉汁タップリ!

ジューシ~ハンバーグのでっきあっがりぃ~☆

で、

私の作ったヤツ...は、と言いますと。

水の分量が多すぎやがった・かぁ...?

ザ・煮込み(すぎた)ハンバーグ・・・
(誰もオーダーしてませんからっっ)

しかも、ね...ほんと言うと、

昨日作ったロールキャベツの、余った具材を丸めて作った

偽装ハンバーグ・・・!

だもんで、

まぁ、何だか...丸める段階でも

「おや...?」って思うくらいヤワかったさ。

まぁでも、せっかくだし?

作っちゃったモンは、入れときましたよ。

その、
ザ・煮込みすぎた偽装ハンバーグを。

えぇ、

ダンナの弁当箱に。

弁当に詰める段階ですでに...

崩れかけたケド・・・!

一見フツーに見えなくもないハンバーグなだけに...

騙されるがよぃっっ!
ダンナよ...。

MPだな、こりゃあ...その④完結編!

まぁ、

意外に長引いてしまったMP...300円ゴトキ事件。

ネタバレになると、アレですので...

まだの方は、前記事①②③をご一読願います!


えぇ、

それでデスね、

なんだか脱力感に浸りつつ、

しかしながら、

何ともいえない安堵感みたいなものを感じつつ、

幕を閉じたのでした。


今回のヒトリ戦国武将キドリを、

園に通う長女のクラスメイト、の、父親である近藤さん、
(うわっまどろっこしい!)

に、報告してみました。
(えぇ、近藤さん似のダンナさん。略して近藤さんデス)

「なーにが天下を取るだぁ!この足軽ふぜいが!」
と、一喝。

アザーーーーーーーーーース!

そして、

「細かいことをガタガタ言うなや!」とも。

う・ウン!そーデスよね!!

近藤さん、相変わらず、一突きで落としてくださり...

まぢ感謝デス...!

そして私が、

「けど、行動しないで悔やむより、行動して悔やんだ方がイイ!」

と、言うと、

「やっぱ後悔するんか!」
と、突っ込んでもくれました...。


しかしながら、

やっぱ一言モノ申したい!

『クレームの対処は、信頼関係に直結する!』

です。

私が、小言を言ったりなんかしちゃった時は、

寛大かつ、スマートな対応を期待してますYO!

○○園の、先生方!

と、自分の性格は棚に上げて大口たたいてしまう...

そんな私は、やっぱ、

モンスターペアレント
(MP)
ですか?




後日談。

昨日、園の父兄さん(ママ友)に偶然会ったんで、

300円ゴトキ事件について、報告してみました。

すると、その奥さんが、

「私だったら、100円でも、シコリになっちゃうかも!」

と、言ってくださいました...!(感無量ス)

「言うかどーかは別として...」、とも。
(やっぱ別なんかぃっ!)


しか~し、

近藤さんいわく...

「オメェ、次の学芸会ん時、

子供が木の役とか、ワカメの役になってても、

知らんぞ?」

で・デスヨネ~・・・

まぁ、

世知辛い世の中なんで、

経営する側は何かと大変だと思うんです。

が、
コッチだって...

不況のあおりを真正面に受け、火の車スわ...!

ここいらでお互い...

仲良くしましょうや。

しいて言うなら...
(まだ言うんかぃ!)

『クレームこそ改善のチャンスだと思え!』

ってプラス思考でガンバッテ欲しいもんデス...!

(上から目線...やっぱMPだな、こりゃあ・・・)

MPだな、こりゃあ...その③

みんな~

もう、前記事①&②は、読んだぁ~?

まだのお友達ぃ~

ネタバレになるから、流し読みだけでもしてキテね☆


あ・で、

そうそう、「出陣!」からでしたよね?

ウン!

で、

震える手を押さえつつ、

酒の力を借りたい気持ちを抑えつつ(ォイ)

受話器を握りましたとも...!

あ・まだお昼時だわね...あ・あと、

15分たってから...そう、ごきげんようの時間帯で...

などと気をもみつつ、電話をかけました。

緊張はしておりましたが、

気分は戦国武将、

はたまたジャンヌ・ダルク!
「フォロ~ミィ~!」 
(アタイについて来な)

なーんて妄想しつつ受話器を握りました。

最初に出たのは、

フツーの下っ端?先生。

私:「園長先生、お願いします!」

...そう、気分はクレーマー!

「はい、もしもし~?」

園長は、かな~りラフな感じで応答。

私:「あ、あの、先日のイベントの件なんですが...

   300円ゴトキで、スイマセンでした」

園:「え?あ、あぁ!いいえ~

   そんなコトでお電話くださったのぉ~?

   気にしないでね~そんなことより、次はアレもあるしね~

   また頑張っていきましょーねぇ~」

私:「は、ハイ!ほんっと、スミマセンでしたぁ!

   小うるさい保護者ですが、

   今度とも、よろしくお願いしますっっ」(敬礼!)

ガチャン・・・

受話器を切って、しばしボーゼン・・・

なんか、私、あんなに息巻いてたのに...

何なの?なんなの?
この、ヘタレ具合!

わざわざシナリオまで書いといて...

伝えれた内容ってば...
スンマセンでしたぁぁぁぁっぁぁああ!
の・み・・・。

ヘコむわぁー・・・かぁちゃん、ほんっと・・・。


園長に先手を打たれ、

話を切り出すチャンスを失った...惨めなワタシ。

えぇえぇ、

「天下を取る」なんて大将を気取ってましたが...

「足軽ふぜいがっ!」

て、一喝されたい気分でした...。


そして...

あと、も少し、ね?

我慢して、ついてキテクダサイ...
「フォローミィーーーー!」

つづく...

MPだな、こりゃあ...その②

で、デスねぇー・・・

オット!
ネタバレになるんで、
前記事の①をご覧になってからがオススメ☆
(ウン!①は読破ズミのアナタ、進んでヨシ!)


まぁ、

ひと通り、落ちるまで落ちたら、あとは上るのみ!

えぇ、

浮き沈みの激しい性格なんです...!

で、

なんだか園長に、思いのたけを

ぶつけたくなったのデス!

ダンナに、
「私、天下とってなくなくナイ?」

と、言い放つと、

なんだか煮えたぎる気持ちを抑えるのに必死でした。

300円事件から、天下取りにまで(カッテに)発展・・・。

ダンナは、

「ほどほどにね~」

と、ヒトゴトのようでした。


で、

園長を相手に話をするとなると...

ウン...すごく・スゴ~ク下準備が必要...!

てワケで、電話で話す内容を下書きしてみました。

以下が、その内容です。

 300円ゴトキで、ガタガタ言ってスミマセン。

 園長先生のお返事を拝見して、

 細かいことを言い過ぎたなーって反省しました。

 300円とゆー材料費だけの金額で、

 ボランティアに近い行事ですよね。

 頭数が↓すると、

 それだけ管理する側は大変ですよね。

 そーいったコトを含め、

 ホント、軽率なこと言ってスミマセン。

 私のよーに細かいことを口に出す親御さんは、いない

 と、思いますが...

 欠席してしまった際、気まずい思いをするよりは、

 文章上で、「返金不可」といった内容を

 明記した方が良いのでは...?

 思ったことは口に出さないと済まないタチで、

 小うるさい保護者ですが...今後とも、ヨロ!


んで、

その走り書きを手に、

いざ!出陣...!
(効果音は、ほら貝の音でオネガイシマス...!)

んで、まだ・・・つづく!

MPだな、こりゃあ...その①

先月末、

園の親子イベントがあった。

前金300円を支払い、2週間前くらい前から申し込みしといたもの。

それが...

先のインフルエンザにて...

オジャンに、なってしまいまして。
(オジャンて!)

まぁ、

それに伴うゴタゴタを書こうかと思います。


週明け早々、

インフルに感染したのが判明した上の娘(5)、

その報告のため、園に電話をいれました。

その際に、

「週末のイベントはキャンセルでお願いします~」

って、断りを入れておきました。

内心、

「まぁ1週間前なら、返金されるだろ~」

って、ノンキに考えておりました。

えぇ、

300円ゴ・ト・キ・ですがっ!

んで、

まぁインフルはすぐに回復しまして、

週の真ん中あたりなんかは...

「もーね、頼むから登園してくれYO!」

って思うほど元気でしてね、上の娘。

週末のイベントをキャンセルしたコト、心底恨みましたよ。

んでまぁ

イベント後、

300円については、ウンともスンとも言われないので、

まぁブッチャケて聞くのも気が引けて...

それで、

カマかけてみたんです!

以下、私が担任への連絡帳に書いた内容デス。

 先週は、インフルエンザでご心配おかけしました。

 イベントは、参加できなくて残念でした。

それに対する担任の返事。

 イベントは、また今後もありますので、

 楽しみにしててくださいね~♪

コルァ!担任!

そーじゃねーだろ?
そーじゃナイよね??

じゃなくてさぁ、モットこぅさぁ・・・あ・アルでしょ?

300円とか300円とか三〇〇万円とかぁ!

んもぉ!

返金に応じてくれるの?それともダメ?

そこんとこが聞きたいのよぉ!

そう思っていた矢先、

送迎バスに担任が乗っていたので、直接。

「あのぉー、300円って...どうなります?」
(恥を忍んで聞いたさ!ソレが、なにさ??)

「あ、返ってくると思いますよ~ウフフフ~

と、担任が言った言葉を信じて...

待ちましたとも...!丸一日!

しかーし、

返事が、ねぇYO!
(言葉の乱れは心の乱れ...)

んで、

また、文章攻撃デス。以下、連絡帳へ書いた内容デス。

 遠足、お疲れ様でした~
 (つい先日、遠足があったからさぁ!)

 てっきり、雨かと思ってたんですが、降らなくって良かったですね~

 あ・あのー、¥300、どうなりましたか?

ちゃ~んと季語?も交えて、前置きしときつつ...

「で、金はどした?」、と一撃。

大人な文章に、自分でホレボレしました。
(えぇ、自画自賛デス...)

それに対する担任の返答、ナシ。

え?どゆこと?

忘れてんの?

それともナニか?

こやって放置して、風化させようって魂胆かぃ?
(腹黒い・・・自分)

もーこーなったら、直談判!て、息巻いてたら、

園長センセから、直筆の手紙が、連絡帳にはさんでありました。

以下、園長からの返事デス。

 きみどり様

 先日のイベントの件ですが

 本来ですと申し込みいただいた時点で

 材料等人数分用意しておりますので

 返金等は致しかねるのですが

 今回は病欠との事ですので

 特別に返金させていただきますね。

ガヒーーーーーーン

手元に金(300円ゴトキ)が戻ってきたとゆーのに...

何なんでしょ?
この空虚感・・・!

もんのすごーく

小さい人間に見えて、
(いや、ほんと小さい・ゴミのよーな人間だよぉ)

「自分が旦那だったら、こんな嫁さん、イヤ」

とまで思えてきました。

ひと通り、嫌悪感や空虚感・その他モロモロの

負のオ~ラに包まれたのち、

ダンナに、胸の内を告白。

ダンナは、

「金額の問題じゃない。コッチは悪くない」

と、援護?してくれました...。

私は、

「いや、やっぱ額の問題じゃない?」
(恩をあだで返すタイプです!)

と、言いました。

ダンナいわく、

ドタキャンてワケではないし、

まぁ返金で当然ってことを言ってました。

そーは思うけど...

エェ大人ってのは、300円ゴトキでは、きっと...

ガタガタ言わないもんなんだろーなぁって、漠然と、思いました。


そして・・・

なんだか長ったらしい文になったので...続く!
 

スベル・・・予感?

先日あったイベントの写真が展示されているので、

娘の園に見に行った。

園内はシーンと静まり返っており、

私以外に父兄は来ていない。

子供の楽しそうな声だけが響いている。

その声につられて、

大きなスベリ台の方へ近づいて行った。

スベリ台は、大きな筒状の形をしており、

中の空洞にはハシゴがけけてあり、各階ごとに

ハンモックと沢山のボールが敷き詰めてあった。

園児らは、楽しそうに遊んでいる。

つい、私も中に入ってみたくなり、

沢山のボールの中(ボールプール)に、ダイブ!

お・おもしろいっ!

当初の目的を忘れ、

ズンズン筒状のスベリ台の上を目指す。

やっとたどり着いた先は、

3階の年少のクラスへと続いていた。

「へぇ~スベリ台と直接教室をつなぐなんて...なんて斬新!」

と、ミョーに感心した。

そこでハッと我に返り、

1階の写真展示室へ戻る。

と、ソコには、

大きなプラズマテレビの前で

ウ~ン...と頭を抱えている外人さんがいた。

私も、外人さんと一緒になって、

あーでもない・こーでもない...と、頭をかしげるのであった...。






て、夢ですけど。ナニか?


もしかしたら(いや、もしかしなくても...)

この夢、

これから起こすアクションを示唆している...のか?

何となく、

園のことが気になってて、

その状態で寝たから、みたんだな...こんな夢。

OOO→HZO

以前の私にとって...

木曜日は、そう...

まぢで テンション 上がる
(MTAと略しても、可)

そんな心躍る曜日でした。

それが今じゃあ...フフ...


って、分かりにくいんじゃあ!ワレぇ!
(勝手に自己キレ)

そーなんです。

ナルトスキ~なら、今日ははずせませんよね?

毎週木曜夜7:30 NARUTO疾風伝!
(テレビ東京系列)
「ぜったい見てくれってばよ?」

はっっ

暴走失礼しております。

少し、ほんのすこぉ~しセーブします。

まぁ、

木曜は、ナルトのオンエアを待ちわびて、

万全の体制で挑んでたものです...(遠い目)

まず、

朝からソワソワ。

そして、家事は完璧にこなし、

娘が帰宅する16時前までに夕飯の準備は完了。

帰宅直後の、嫌がる娘をなだめすかして風呂に連行。

18時、『銀魂』を見ながら夕食。

片付けを終え、19:30にはテレビの前で正座。

そしてNARUTOのオンエアを見る!

そう...

 O:おそろしく
 O:オンエアに依存した
 O:オタク

これこそが、私のナルトドアライフ...でした。
(ココ、テストに出すよ?)


前文に要注目!

過去形になってますよね?

で、現在は、と言いますと...

もーねぇー

カッチカチのスケジュール維持に疲れが生じましてねぇ...

娘らも、

日の明るいウチに、「なんで風呂なのぉ~?」って

疑問も生じてましてねぇ・・・
(「電気がいらないから、エコでしょ?」って言い逃れも...ねぇ?)

んで、涙ながらに断念し、

オンエアを見るってコトは、遠慮することにしまして。

えぇ、

うち、ビデオデッキしか、ないんでね。

画質の落ちた...残念なナルトを金曜日くらいに見てます。

ほんと、残念なオタク
(HZOと略しても、可)

アナログ?

だいたい今の若いもんは、たるんでいやがる。

携帯だか何だか知らねえが、

日がな一日、何かをイジってなきゃあ気がすまない。

モバゲーだかクソゲーだか分からんが、

何でも略そうっていうところも、

いけ好かねぇ!

それに比べて、昔はよかった...。

アナログ?

そんな簡単な言葉でまとめんじゃあねぇよ!

こちとら、

それで商売やってきたんだ。

そこいらの小童に、何が分かるんだよ...!


俺たちはなぁ、

先代、先々代から、ずっと...

あのお方を、深い眠りから覚まそうと、

精進してきたんだよ。

刻一刻と時を刻む...なんて言うと、大げさに映るかねぇ。

それなのに、なんだい...?

お前らときたら。

声色をコロコロ変えやがって、人のご機嫌とりばかり。

時には、震え上がっちまっててよぉ。

ザマぁねぇぜ!


ピッピピ・ピッピピ・p・・・

振動を伴い、携帯電話のアラームが鳴る。

朝か...。

朦朧としたまま、無意識にオフってしまい...

ガバーーーーーーーーッ

起き上がると、7時すぎ...!

寝坊し・た・・・


最近、

「クークー起きろー!早くしないと水かけちゃうぞ~」

と言いつつ、

間抜けな音声で優しく?起こしてくれていた目覚ましが...

作動しません。

よって、

携帯のアラームに依存しているんですが...

機械的な電子音では、ダメですね。


って、目覚ましと携帯の話ですが。ナニか?

人生は重要な選択の連続

どんぐりコロコロどんぐりこ~

お池にはまって さぁたいへん♪

お、今日はウマイこと、歌えてるねぇ、パン君!

じょせいが出てきて コンニチハ~♪

え?女性?

えらく一般的な登場人物に、なっちまったなぁ~・・・


はっっ

冒頭から失礼しました。

下の娘、パン君(2)の歌詞の内容を

毎回楽しみにしている親バきみどりデス!


ところで、

人生は重要な選択の連続だって...

そう、思いませんか?おもいませぬか?
(なぜ繰り返した?)

えぇ、

今現在、パン君は熟睡中。

その間、主婦のフリ~ダムタイムとして、

精神的には有効的に活用するか...

はたまた、

しばし家事に専念し、

そう...例えば、小高い洗濯物の山を越えてみたり...

あるいは、

全部屋の掃除機をかけてみる...

といった主婦的に、

やっちまえば?後は楽だよ~」

ってコトを始末するか...。


そう、

人生は重要な選択の連続...。

そして今、

私は前者を謳歌中。

吉と出るか凶と出るか...。

そう、全ては選択した者の...責任、ダ・・・


悪魔のささやき...

「パンく~ん、まだまだヒルネしててね~ん」

子供の弁当

ガハーーーー

こんな小雪がチラつきそーな寒空の下...

上の娘が、遠足、デス。

つい先日、インフルなんたら~に罹り、

アレした体でしたが...今日の寒さでナニかに感染してこないか、

ソレだけが気がかりデス(ソッチか!)


え?

朝はバタついたんじゃあないかって?

えぇ、ご想像通り...

バタつきましたが、ナニか?

昨夜は、「寝坊しやしないか・・・」

って焦るあまり、寝た気がしませんでした。

21時にはグッスリ、記憶もないまま熟睡でしたが、ナニか?
(ヤケに挑発的だな、ォイ)

んで、

まぁどーにか弁当は成功(キット・・・)

この寒空の下で、

「ポケモン弁当だぁ!」

とか、

「アレ?今回、茹でたダケって感じじゃね?」

などと、会話が弾んでるんじゃーないでしょか?

 
そこで、朗報です!
(なんか流れがおかしいからっ!)

子供用の弁当って、何かと大変デスよねぇ。

美味しさもさることながら...

(子供用弁当は)見た目が重要デス...!

 バファリンの半分は、見た目で、できています!
...と、言っても...過言ではないでしょう。

でねでね、

100均とか行ってご覧なさいよぉ奥さん!

飾りに最適なピックとかが、もーねぇ、ワンサカ!
(ワンサカて!)

今日、私が活用したのは、

かわいくカットしたキュウリを、買ってきたピックで、

ブッ刺せば、

あ・いえ、

やさしくソッと刺せば、あ~らステキ!

キュウリの指輪のでっきあ~がりぃ~☆

な、代物になるってゆーものでして。

あぁ...こんな時、画像が貼れないのが残念。

雑な私でも、

なんか、この弁当、かわいくね?

って雰囲気をかもし出すことが、可。

小さいお子さんがいる方はモチ☆ロン!

ダンナ様や、思春期まっただなかの男の子に試すのも手!

ではこの辺で、バイナラ~☆

医は仁術

一難さってまた一難・・・

そんな言葉が頭から離れません...。

冒頭からダークきみどり~で、スマセン。

え・えぇ、

そーなんデス。

週末に、娘ズと小児科に行き、

インフル後のチェックに行ってまいりました。
(要するに、長女の登園許可をもらいたくって~)

女医さんが、

「お姉ちゃんは、オッケー。下のお子さん...

喉が赤いし、呼吸も荒いですね。

インフルのせーではなく、喉の炎症で、今後2日ほど熱が出るかも...」

って、おっしゃいました。

予告サンキューーーー

まぢ、

女医さんの読み通り...

きち~んと、週末2日連続で高熱...下の娘。

「スッゲー!この女医さん、スゲー」

心から、そう、思いました。
(えぇ、元ナースってことは、四隅に置いててクダサイ)

こんなお医者さん、初めてです!

今まで、

色んな医者、見て来ました。

①ひょっこりひょうたん島から出てきたよーな顔の小児科医
 (お若いのには、分からん?口の下に2本線、引いてみて!)

 →医者主体で、3分診療。早口で、何言ってるか理解不能。

②(オカマの)さかもっちゃん似の医者

 →イイ人なんですが、イマイチ診断に自信が...。

③ビビる大木似の眼科医

 →まぁ眼科ダケなんで、あんま活用することナシ

④ピエール瀧似の内科医

 →つい先日、インフル診断でお世話になった。アザス!

以上、濃いメンツです...。

それに最近加わった、小児科の女医さん!

この方は、(珍しく)顔に特徴がナイんで、

女医さんとダケしか表現のしようがないんですが。

まぁ、

ほんと丁寧で、親の話もしっかり聞いてくださり、

コチラとしても、何でも相談したくなるよーな、

そんなイイ先生なんです。


やっぱ『医は仁術』

「医は、人命を救う博愛の道である」( 広辞苑 )


今回、ちぃとばかし病気して、

ほんと、そー思いましたよ。

トゥース!

もーソレでねぇ、奥さん!

まだインフルの続きはあんのよぉ!

インフル確定する前前日あたりから、それはもぉ

「アンタ、ちょっ!だいじょーぶなの?」

てくらいに、咳と痰が出まして。

もーねぇ、

美人薄命
(ニュアンス的に、養命酒じゃあナイYO!)

って言葉が、頭ん中エンドレスで回ってました。

んで、ダンナに、

「手でおさえろよ」

って、言われたことで...
・・・ジりじりじりじりじりz・・・

アタイの、火縄銃の導火線に火が点きました!

「...大丈夫?の、一言も言えないのっ!

私なんてね、ダレも手伝ってくれないから、

こーしてキツイのに、馬車馬のよーに働いてんの!

しかも!私は、ちゃーんと手で押さえてましたっ!

見てもないのに言わないでっ!」

銃口は、ダンナに突きつけたまま、

マシンガンいや、火縄銃トーク!


少しは反省したのか、

痰がらみの悪化にて、洗面所でゲホゲホやってる私も見に来たダンナ。

ダ:「薬、飲んだら?」

私:「うん...そーするトゥーーース

ダ:「え?何?今の、痰を吐き出す音?」

私:「ウン!こーやって出すと、カッコイイでしょ?トゥース!


みんな、

トゥースって言って、ヤッテごらん。

人気者、間違いナシ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。