アロエチックきみどり

インドア派の二児の主婦(肝っ玉小せぇ母ちゃん)が送る素朴かつ突飛な日常。 ジャンプを毎週見ている読書家としても有名...か?育児・テレビ・音楽・食・読書(やっぱマンガ中心か、せいぜい絵本...)などなど、広く浅く、その時の気分次第で網羅っっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレの居ぬ間に!

ドシーーーーーン

外に干してある洗濯物の、タコ足が倒れました。

ん?いつもと...

倒れる方向が、違う。

風向きが、変わったか...

春ですね!


ダンナが、

先ほど、上と下の娘(ボンバーシスターズ)を連れて

割と近所の動物園へ。

おかげで、

ゆっくり洗濯を干し、靴を洗い、食器を片付け...

今こーして、机に向って執筆中デス。

ありがとぅ・・・!ダンナサマ~!

今、心の中で叫びます!
(口に出さんかぃっ)


んで、

タイムリミットがあるとデス。

昼前後まで(しか)...。

しかも、

「オレの居ぬ間にパソコンだけだぁ?」

ってなると、週末の家族関係にヒビが発生...

すると、アレですし。

気を使って、作戦を練っています。

 ①ひとまず、やるべきノルマは達成ズミ!
 (洗濯とか食器洗い)

 ②今のうちに、チャチャッとパソコン

 ③帰ってくる前までに...掃除してるフリ!

あぁ、忙しい・忙しい!

演技力を身につけたり、

どんな演出を施すか...

主婦って、ほんとイロイロ忙しいんですのYO!

では、

何とな~く掃除のセッティングを始めます~

まだ余裕があれば...また、お会いしましょう!
スポンサーサイト

エア多忙

今日は(も)デスネー

何も予定がないのですがー

しいて、やらなければならない事は...

 ①ヌイグルミの修理
 (耳が片方、モゲたウサギの...)

 ②レンジ周り、食器棚周辺の片付け
 (前は、チョコットした執筆だってできるスペースがあったのに)

 ③3時頃に、上の娘をお迎えに
 (なんとな~く、登園拒否しそーな雰囲気だったので、
  つい、「今日はお迎えに行ってアゲル」って言っちゃった)

 ④娘の靴洗い
 (あ、デモ天気悪いからムリ~)

 ⑤夕飯の献立の見直し
 (カレーにする気だったのに...給食、今日カレー...)

 
ザットこんなとこですかねー。

あ~忙しい・忙しい!

じゃ、

パン君を寝かしつけ中なんで、サラバ!


姪っ子の名言

先週末、ダンナの実家で2泊してきた。

ダンナの実家から、徒歩50歩強くらいの所に

ダンナの兄ファミリーがくらしている。
(えぇ、私にとっては義理の兄ですな)

そこには小学生の姪っ子がいて、義理兄にかわいがられている。

義理兄は、ケッコー言葉攻めが得意な人で。

えぇ、

絶対Sデス。ドのつく方の。

姪っ子と義理兄の親子の会話は壮絶でした。

兄:「おらおらー」
 (執拗にキスをしている)

姪:「ギャァーーーー

   やめてーーーーーーーー!」

兄:「んだとぉコラ」
 (まだ続けている)

姪:「しっこちびるーーー

   股間がしびれるーーー

   ケツが、もぞかゆいーーーー」


ウン!

濃厚なスキンシップ!

今日も日本は平和だって、そう思えた

...2泊3日の短い...旅。

生きてるってスバラシイin火事

それは、

私がまだ歩き始めたばかり...

の頃らしいから...1歳すぎといったトコロか。

私はどーも寝てた...

らしい。

今で言う、昼寝ってヤツだ。
(ん?クドイ?)

そして、事件は起こった。

火事だ!

近所で火事だ!

近所と言っても、数百メートル離れていて、

まぁ消火さえ間に合えば、問題ない場所だ。
(けど、肝心の消火がアレしちゃうと、ヤバス!)

親・兄姉、総出で

隣の空き地から見える火事を見に行ってしまった

よーだ。

私はヒトリ、寝かされたまま放置された

よーだ。

「火の粉が飛んでくるがねっ」と、親は言った

そーだ。

そして、ひとしきり野次馬根性をさらした面々は、

家に戻っていった。

!!!


きみどりの布団が、もぬけの殻だった

そーだ。

そんなわけで、家族総出で、

いや、

ご近所ひっくるめての大捜索が始まった

よーだ。

夕方をすぎて、薄暗い田舎道。

家の近所には、まだフタすらしていない側溝が点在。

下水だか何だかが流れるドブ川があったため、

大人たちは必死になって探した

そーだ。


「こん子は、○さんちの子じゃねっけ?」
(訳:この子は、○さんちの子供じゃない?)

そー言って、

同じ町内の奥さんが、ギャーっと泣いている子供を抱えてきた

そーだ。

なんでも、きみどりは、

家から100mくらい離れた所にある

高架下の道路に寝そべった状態で泣きわめいていた

らしぃ~よ!






本来なら、

そこで絶命してたってオカシクナイ状態だったのに...

今こーして、

「生きてるってスバラシイ」

そう、

声を大にして言いたい。

そして、ヨチヨチ歩きの子供の顔を見ただけで、

きみどりって判別できる地域の力!

スバラシイじゃあア~リマセンカ!

では、

今日はこの変で!

えぇ、『きみどりの変』デス。

本能寺の変、に次ぐ重要なポイントなのでテストに出すよ?

公園の中心で愛を叫ぶ

今日もコッチは小春日和!

気分イイから、今朝もまた、公園デビュー!
(デビューて・・・!)


今日は、

ウン!もちろん!前記事でも知ってのと~り、

フルメイク!

ではなくって...

セミメイク?いや...エセメイク?

と、言いますのも...

今朝、洗濯干してる最中に、昨日公園で会った

クラスメイトのママ友から電話があり。

雑談してたら、メイクの話になり。

友:「え?ノーメイク?だめよ~!」

私:「でも、子供の世話とかに追われて、ムリ!」

友:「私だって、鏡にズット向ってるわけじゃあナイよ?

   面倒みながら、ね。

   それに、紫外線はコワイよ~!
 
   せめて日焼け止めくらいは塗らないと!」

私:「う・ウン。そーするっ!」

一瞬、

化粧品の販促の人にでも

つかまっちゃった?て、錯覚するトコでした。

デモデモデモデモ・・・!

そーよね、

紫外線って、怖いわよね??

そー思い、チラっとだけはメイクしました。


で、

公園には、やっぱり、昨日会ったママ友も、いました。
(そう、電話で喋った化粧の販促の!←て、違うから)

その他には、

2歳児前後の

「保育園に入れるには、ちょっとアレだしなぁー

かと言って、家で一日みてるのは、ちょっとアレなのよね~」

的な子供さんを連れたママ達が、4~5組。

「私らって、同類よね?」

て、雰囲気が漂う中、マッタリ過ごしました。

ほんとは、公園の近所で、

育児サークル的なナニかがやってる日ではあったのですが。

こーして、

青空の下、

下の娘パン君(2)と、

ノビノビ過ごせて...

「地球に生まれてヨカッターーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

な、一日でした。完。


あ、ダレです?

最近、記事にキレがないって言ってるのは?
(エア空耳)

春デス!公園にママ友。

「裏の空き地から、赤子の泣き声が...!」

そう、一瞬、耳を疑いたくなる...

そんな泣き声、

いや、鳴き声、が

聞こえてきました...。朝っぱらから。

原因は、オス猫。

老いてなお、オサカな君?ですね~

皆さん、春デス!

はっっ

冒頭から失礼しました。

もー今日は、ほんっと暖かな日で、

サイクリングデイズにはウッテツケ☆

そんなわけで、

近所の公園までひとっ走り!

キキーーーっ

ふぅ~、公園に着いた、と。
(このチャリも年季が入ってるわ!)

先客は、と。

きみどりリサーチ開始!

ブランコに人影発見!

ターゲット・ロック・オン!

て、いやいやいやいや...そんな大げさな。
(暴走は毎度のこと!スル~で!)

まぁ、

何となく人影から遠い位置で、下の娘パン君(2)と、

細々と遊び始めました。

「あら~」

声をかけられてビックリ★

上の娘の園のクラスメイトのママでした。

ウン!

今朝は、久しぶりの朝からサイクリングにて、

もち、バッチリ!ノーメイク!

ウフフ・・・

そのママ友ったらぁ...キッチリ、フルメイク!

キラキラのラメが...まぶしくって...春の日差しの下、

ちょっぴり後悔したんだぁ...ア・タ・シ。


ヨシ!

明日からはバッチリ!

朝からフルメイク...!それが目標...!


人生、

それは、度重なる山々を越えていくことに...

意義がある。そう、キット...
(ナニ?コレ?続き物...?)

そう、その小高い山を...!

分かっています。

私には、越えなければならない...

大きくそびえ立つ...

そう、

山のような課題が...。


まず、

来年には、下の娘が入園を控えていおり、

それに伴い、専業主婦というインドア生活を...

脱しなければ、ならないのか?

という不安...!

そして、

この不況下に行う...就活?みたいなぁ~
(イラっときた方、ペコリ~ン)

そして...

それよりも目先のことにも目を向けなくては、ならない。

上の娘が風邪なのか、花粉症かってコトだ。
(医者に、もしかして花粉症?宣告を受けまして...)

私のアレルギー体質が遺伝しちゃって...?

などと悔やんでみたり。


更にモット生活に密着した次元で話を進めるなら...

小高い山!

と、なってしまっている...

洗濯物。


あぁ、

こんなコトしてる時間あれば...

越えてみるがヨイ!

その、

小高い山を...!

(何やってんだ!自分!をテ~マに、ムダにUP中)

近藤さんのプロフィールと、長いメール

近藤さん似の旦那さん、

略して近藤さん。

に、最近...ワタクシ、脅されてるんデス...!


近藤さんのコトをご存じない方には、アレなんで、

手短に、説明します。

 近藤さん(仮名)

 性別:男

 年齢:30代初頭

 配偶者アリ。長女は、ウチの娘と同じ園で、クラスメイト。

 所在地:きみどり宅より、徒歩5分圏内

 調子が良ければ、家族ぐるみで、ツキイチ程度、飲む関係。

 ジャンプをこよなく愛す。

 ワンピ好きだが、ナルトだって愛シス。

 ナルトのキャラでは、自来也が好き。
 (一度、髪の毛を白っぽい銀髪にすると言い出し、阻止)
 (あ、ちなみに私は、①ナルト②カカシ③イルカ④...て、ありすぎて答えれん)
  ↑
  あ、聞いてません?ペコリ~ン!

 酒は強い(らしぃ~)が、ドッチかて言うと甘いもん好き!

 口癖:「まがったヤツは、でぇきれえでよ」
     「男はでぇっきれぇ!」

 基本、子煩悩。
 (特に、女の子にはジェントル)

 あんま連絡とってないと、月曜日にイタメルを送ってくる...。
 (大抵、月曜のジャンプ発売日)


ざっと、

こんな感じデス。

濃いキャラだってのには気付いてもらえましたでしょーか?


それは...

先週末でした。

近藤さんの嫁からのメールで、

 ナルトのハッピーセット、ポスターゲットした?

 旦那が「よこせ~」と言ってるよ~

でした。

んで、

身の危険を感じた私は、

「壁に貼ったから、もームリ!」

と、断言しておきました。

その場はソレで収まり、

何事もなかったかのよーに過ぎて...

昨日、直々に近藤さんからメールが...!

 祝!カカシ復活記念♪

 カカシが死んだらつまらんしなぁ~

ソレに対し、私が

>ちょっっ

 まだ読んでないんだス!

 カカシ復活?良かった~

で、また近藤さんからメールが(反応、早っ)

 てか、ポスターよこせ!

 その代わりカカシのフィギュアやるで。

そのメールに、私がすかさず食いつき、

>えっっカカシの!うわぁ欲しい!
 
 タダでくれ!私は...デイダラのオマケをやる!

 え?イラン?

んで、また近藤さんが、

 デイダラいらね。 ポスターよこせ。

んで、私が、

>ちっ でも、ヤラン!

んで、近藤さんが、

 ターケがっ!

 ジャンプの内容、バラしたるゎ♪

 やっぱりナルトがヤバくなったらカカシしか

 助けに来る人いないよなぁ~~~

 ギャハハハハハハハハハハハハ

んで、私が、

>だぁーーーーーーーーーーー!

 もー知らんよ?

 きみどりコネを駆使して、ポスター探してやろーかとも?
 (あ、んなコネないか...)

 まぁ、ウチに来た時、

 指くわえて見るがいぃ!ゲヘヘ~

んで、近藤さんが、

 (-,-")凸 ケッ

んで、私が、

>こっちは、ほんもん!ケツ
 (下の娘の入浴シーン...桃尻を添付して送信)

・・・

こんな感じで、

えぇ年頃の、大の大人なメールは

完全な泥仕合のまま終了。


今朝、

早起きしてジャンプを熱読。
(うちのダンナが、夜遅く帰宅し、買ってきたもんで...)

ナルト...ん?

「カカシなんて、出てきてもいねぇじゃねーかっ」

ハ・メ・ラ・レ・タ・・・


今朝になって、再び私が近藤さんへメール。

 て、カカシ関係ないよね?

 あーぁ・・・まぁ、スケダンが面白かったから許す。

したら、即、近藤さんから返事が。

>おはよう

 ホントにバラしたらカワイソウだろぉ~

 気ぃ使ってやったんだから感謝しろよ
 (ハナクソいじった犬の絵が...ついてきた...)


ウン!

暇な大人だよね!

でもさぁ、

前にもこんなヤリトリあったんだけどさぁ、

きみどりって学習しないからさぁ、

同じ手に引っ掛かってしまうんだよね?

みんなも、

読んでないマンガや本の内容は、

他言無用、だぞぉ~(このこのぉ~)


殴るよ?グーで。
 

あ、ちなみに...

近藤さんがカカシのフィギュア・・・?

ソコ、突っ込むの忘れてた!

また嘘か、はたまた...ヲタ...?

おめでとーーー、1周年?

祝!

アロエチックきみどり!

1周年記念!

な、ハズだったんです...えぇ、昨日が。

それなのに、あぁソレなのにっ!

上の娘さん(5)が、

鼻水・鼻づまり・・・にて、登園拒否。

まぁ、

「空気が吸える...それって、普通のことすぎて、気付かなかった」

えぇ、

そーゆーワケでは、あるんですが...。

鼻呼吸を、ごく自然に繰り返して生活しておりますが、

いざ、

風邪なんかで

鼻空粘膜が浮腫って、
(あ、医学用語に、「ふしゅル」って言葉はないから要注意!)

口呼吸に変換しなきゃあイケナイ時ってのは、

意外に、そう、意外に!

「キツイと思わない?ねぇ、かあさん...」

的な雰囲気をかもし出されると、

「ソレでも、とっとと保育園、行きな!」

って、鬼にはなれず...。
(いや、実は、モット、すんごいコトで鬼にはなれるんデスが)


フルで、

子供の面倒みてたら、パソコンタイムは...

ナシでした...。

けど、

携帯には、

ステキな嫌がらせメッセージが届いてたんで、

昨日のメールの内容を、

ちょっとだけ、お伝えしたいと思います。

えぇ、

また前置きだけで、こんなんデス。

出直して、タイトル変えて書いてきます!

下の娘パン君(2)が起きないことを、祈っててください。

ジャス子の店員/チャライおっさん

えぇ、

午前中にジャス子って来たんで、その報告デス。

酒屋もテナントとして入ってて、そこで酒を買ったんです。

さかのぼること...

去年の暮れでした...。

私は、年末用にって、シャンパン的なナニかを買うため、

その酒屋のレジに並んでいました。

「いらっしゃいまっせぇぅぇっ」

なんだか、語尾のおかしい店員が、

レジ打ちをしています。

 外見、チャライおっさん。

 年齢、50代、か。(脂がノってる感じ) 

 何となく、黒いギャルソンエプロンに、ベスト。
 (もちろん、シャツは白)

 髪は、少し前のキムタ風。

 語尾が上がり、聞いてもないコトを話す。

以上が、チャライおっさんの特徴デス。

そして、

私が精算する番になりました。

チャライおっさんが、レジ打ちを終え、首を

クィクィって、ヤッテいます。

意味が分からず、

私は笑顔で、ウンウンと、うなずいておきました(コラ)

そしたら、

店:「エコバック、お持ちでしょ?」

私:「あぁ!」、と、差し出す。

店:「ハイ!エコポイント、ゲットォ~」

私:「あ・ありがとーございますっ」

店:「ちりも積もれば山となる...このご時世っ!」

って言われたことがあり、

今日も、そんなチャライおっさんがレジにいないかな~

って、探していたら・・・

遠くからでも目視可能!

そのおっさんが、

相変わらずチャライ雰囲気で、

忙しくもないのにエア多忙を決め込み、

セカセカと台車をおしてる姿が見えました。

バレンタイン用にって、

小さなワインと日本酒のセットになったヤツを購入。

その際、やっぱイロイロ話し掛けてきました。

店:「コレ?ラッピング、やっときます?」

私:「あ、いや、イイです。箱がカワイイんで~」

店:「でしょでしょぉ~???
  
   そーやって言ってくださる方、多いんですよぉ~

   でも、それでもラッピングしたいなら、

   あそこのカウンターに持って行くと、やってくれますよぉ~

   まぁ、今だからヤッテくれるんですけどねぇ~

   売れ残ってもアレですしね~」

て、話、長っっ

それでも、

分かっていても、

つい、買いに行ってしまう...

また、会いたくなってしまう...

そんな...

不思議でミステリアスなおっさんのいるジャス子。

みなさんも、ゼヒ!

娘の園には、芸能人が...!

明日から、

ダンナの実家に...居候で、候(そうろう)...

て、ややこしいわっっ!

えぇ、

ダンナが急に、

「そうだ、実家に 帰ろう」

な~んて言い出すもんですから。

イロイロ準備しなきゃあアレなのに...

こんな時に限って、ジャス子なんかに行きやがるっ

自分!(ドーン)

で、

上の娘の、園の先生からは、

娘経由で、「お土産ヨロシク~」って催促を受けるしぃ~・・・

そう、

その園の先生...男性。

年は、25くらい、か?

その先生は、「ぼくイケメン」って言う芸人、と、

要潤をたして、2で割る前に、数発なぐったよーな顔デス。

えぇ、

娘の通う園には、以前も話しましたが、

芸能人に似た先生が、他にもいるんデス...。

V6のイノッチを、数発なぐった系、とか。


はっっ

冒頭から失礼しました。
(てか、長すぎだから。前置き?的ナ部分)

言いたいことを忘れてました...!

ジャス子での珍店員について、デス。

あぁ、

もー長いんで、タイトル変えて、また書きます!

下の娘パン君(2)が、起きないことを祈ってて~

3:33

走っていた。

喉は渇くし、息が切れる。

私は、何でこんなに急かされているんだろう?


ふと、時計を見る。

9:30・・・!

今日は歯科受信日だ。

予約は10時。

ココからじゃあ...どんなに走っても間に合わない。

私は、携帯から歯科に連絡し、

今日の予約をキャンセルした。

とりあえず、自宅に戻ってみた。

何気に時計を見る。

9:50・・・

がんばれば...歯科受診、できるかもしれない。

どーしても、

今日中に済ませておきたい衝動を抑えることができない。

慌てて電話をかける。

10時からで、再度予約をとることができた。


慌ただしく家を飛び出し、また疾走。

コンクリでできた立派な外観のモダンな建物。

今日予約した歯科医院が見えてきた。

自宅と兼用で営んでおり、

上の階は住居だ、キット。


歯科の入り口を探すが見当たらない。

仕方ないので、

住居用の玄関らしき所から、ドアホンを押すが返事はない。

ドアにはカギがかかっていなかった。

そこから中へ入ってみた。

室内は、真新しい木の匂いがする。

外観からは想像できないほど、木がフンダンに使われおり、

ぬくもりのある室内だった。

私は、

他人のプライベートな空間にツカツカと入って行き、

迷わず、バスルームへ。

大量の洗濯物が、山のように置かれている。

浴槽には、乳白色のお湯が沸いており、

私は躊躇することなく入浴。

カポーーーーーン。

さっきまでの忙しさはドコへいったのだろう...。


と、

そこに家人が登場。

「まぁ!お待ちしてたんですよ!」、と。

怒るでもなく、そう言われ、風呂から上がる。

真新しい衣装に着替えると、

「ワぁーーーーーーーー」

と、沢山の子供たちが私を取り囲み、

「この人、ダレ?」

「遊ぼ、遊ぼ!」

などと、口々に言い出した。

流されるように子供部屋に連行され、

よくよく数えてみたら、子供が10人。

そりゃあ、

洗濯物が多いハズだ。

妙に納得した。


そーこーしてる間に、声がかかり、

歯科医師の所へ案内された。

と、言っても

二階の住居スペースの延長みたいな所で、

タタミの部屋に、医者らしき白衣を着た男性が3・4人。

病院らしい器具はなく、

白熱球の電気スタンドのみが、薄暗い室内を照らす。

年齢不詳の男性医師が、診察を開始。

歯科受診なハズなのに、

なぜか内診されている。

今、ハタと気付いたが、

私はナース服を着ているではないか...。

内診の理由も聞けないまま診察は終了。

返り際に、

「また、来て下さいね~」

と微笑む若い歯科医師に、

ヒラヒラと手を振った。


ガバーーーーーーーーーーーッ

尿意で目が覚めた。

トイレの時計は、

3:33


『サンサンサタデー』

という、地元の番組をフト思い出した私は...

郷土愛に満ちたオンナだ...と、思った。

なお、

サンサンサタデーとは、

きみどりが幼少の頃放送されていたローカルな番組です。


で、

こんなワケ分かんない夢の話ですが、ナニか?

今日のきみどり・今日の運勢

あぁ、寒い・サムイ・サムライ・・・!

スンマセン!

全部寒いのが悪いんデス。


今日のきみどり

 7:00 起床 「あ、寝坊した」

 8:00 娘ズと、優雅に?食事

 9:00 上の娘、出勤(登園)

 9:30 遠距離友達と電話

 10:00 姉と長電話
      その間、下の娘(パン君)就寝

 11:30 パン君 起床・昼食

 12:30 なんとな~く過ごす
      (皿洗ったり?)

 13:30 あぁ、寒い、と嘆き、外出断念

 
ま、ザットこんなもんですかね。

では、

毎日、ムダに更新!を、目指して・・・

がんばりまっす!
      

そして...今日の運勢、第二位でした。

 ラッキーなハプニングがある予感。
 普段は行かない場所に自分から行くと、出会いがありそう。
 服装は清潔感を大切にすると吉。

まずは、今日一日、インドア派を決め込んでました。

服装...

そんなに汚いカッコしてましたか?自分。

あとは、

ラッキーなハプニングに...期待すっかな...。
 

KIMのホクロ

今週のジャンプ見たぁ?

銀魂にさぁ、『KIM』(キム)が出てたけどぉ~

アレって、アレってぇ

もしかして・・・

金って書いて『キム』ってよむ...あ・あの...

きみどりサンのことじゃない?


はっっ

冒頭から失礼しました。

正月休みの関係で、ジャンプもマガジンも発刊が遅くって

待ちきれない週明けでした。

さっき、

待ちに待ったジャンプを流し読み!

銀魂って知ってるかな?

空知英秋先生の!

最初っカラ読んではナイんだけど(コラ)、

ナイスマンガだから、一度は読んでみるとイイよ?

でね、

今回、K・I・Mって書いて、キムってゆー登場人物がいてね、

それが...ウン!

なんだか素朴で、ステキだったから紹介するよ?
(記事を一部抜粋)

「ベースのKIM」

 お通を支える裏方バンド

 ベースを担当

 たまにカスタネットも兼ねる

 たまに顔のホクロが

 とれかけている事があるが

 理由を聞いても頑として語らない

 謎の多い男
 (本名はKIMではなく木村忠太郎)

 
ウン!KIMってミステリアス!

で、

ホクロの話なんだけどね?

ホクロって、甘く見ちゃあダメだよね?

え?

以前にも話したかな?

ホクロ引きちぎった話。

2度目だったら、ゴメンネ~


それは、きみどり...いや、キムが妊婦のときだった。

妊婦ってぇのは、ナニかが常に気に食わねぇモンさ。

それで、

フト鏡を見てたら、口元のホクロ?が、

気になって気になって、いてもたってもいられず・・・

ブチーーーーーーーーッ

ニキビか何か、

そんな軽い感覚で、引きちぎってみたら、

ピューーーーーーッっ

細い糸みたく血が出てきやがった。

ソレが、止まんないんだな、コレが。

で、

焦ったきみどり、いや、キムは、

「かーーーさーーーん!」

って、オタオタするって話なんだけど...。

あ、書いてて気付いた。

コレ、前にも、書いたわ...。

ゴメン、キット、痴呆!


そんなわけで、

キム本人が書く、素朴な日常、

『アロエチックキムどり』なブログに、

一度遊びに来てクダサ~イ!空知先生!
(何のアピール?)
 

愛災弁当

軽く

えぇ、軽~くドス黒いきみどりデスが、

お気になさらずに、流し目で読みすすめてクダサイ。


昨日、

ダンナと、喧嘩した。

まぁ、内容は大したコトではなかった。

ちょうど、勃発したのが夕飯直前。

ダンナが、

「もー食べん!」

そう言って、食事に手をつけないまま別室へ。

私は、

自分が作った料理を、温かい状態で食べてくれないと・・・

スイッチが入るよ?
(みんな、知ってたぁ?)

で、

スイッチが入ったのを確認すると、一呼吸。

して、

ダンナの待つ(?)別室へ

ツカツカツカツカ・・・!

一思いに、

私の思いをまくし立て、

「子供の前で、食事を食べないなんて事、ヤメナサイ!」

と、

優しく(?)諭すと、

ダンナの(首根っこ)手を、そっと取り、

明るい食卓へ、連れ戻しました。

始終、

笑いの絶えない

いや、耐え難い沈黙の中、夕飯は終了しました。
(ゴメンよ、子供たちよ~)

そんな中、

私はヒトリ、ほくそえんでいました。

「明日の弁当、どんな細工をしよっかなぁ~」、と。

そして、

今朝、愛妻弁当を作る際、実行しました。

①ご飯に、海苔で、『L・O・V・E』、と書く

②メモをはさむ

以上の2点でした。

「なんてカワユイんだーーーきみどりサン!」

そう胸を打たれた方、挙手を願います。

まず、①は、まぁ、カワイイ嫌がらせですよね?

サッサと食べちゃえば、証拠隠滅デスし。

②はですね~

白いチラシを、メモ用紙くらいにカットし、

それにメッセージを書きました。

内容は、

「風邪に 負けないで がんばってクダサイ」

直訳すると、

「風邪なんかで休んだら、承知しないよ?

馬車馬のよーーーーーーに、働くんだよ?」

デス!

えぇ、

ダンナが今、風邪でして。

いや、

そんな大したコトないんですよ?

ただ鼻が詰まって、ちぃとばかし呼吸がしづらいくらいでして。

キット、

熱なんかありゃしませんて!
(測ってないし!)


では、

今では心晴れやか~

フローラルきみどりが、お伝えしました~

ナルト祭inマック

マックのハッピーセットは、

今、ナルト祭だってばYO!
(あ、スンマセン)

で、

先週に引き続き、今週もエサに釣られて行って参りました。

上の子は、女の子用のオマケの「シナモンがイイ~」

って、言いやがるうもんですから・・・

まぁ、

私が頑張って?ハッピーセットを選び、

下の娘、パン君(2)も、

道連れ的に、ナルトのハッピーセットを選ばせ

今現在、

ナルト関連のオマケ、4つゲット。

ウン!重症だね!

ナニに使うかって・・・?

何気に、集めた後は無関心。

子供のオモチャと化し、いづれ...異次元の世界へ。

しかーーーーし、

今回のハッピーセットは、

一味、違うんだな。
(デタ!きよし・・・)

何と言っても、

今週末(17・18日)ダケは、

『忍大終結絵巻』、が、ついてくるんだな。

え?ソレはナニかって?

NARUTOの登場人物キャラが横長のポスターになってんだな。

コレで、

「あ~、ナルトって、サイよりちっこい...」とか、

「ゼツ、はみ出してますやん・・・」とか、

その他モロモロの悩みを解消してくれるんだな。


さっき、

そのポスターを、壁に貼りました。

ウン!

人が見たら...引くな。必ず...!喝!

創作系ケイク

「ぽーーーー」

姉との電話でデタ言葉です...。

ア・イ・ヅ・チ・・・?


はっっ

冒頭から失礼しました。

なんだか正月の後のセワシイ感覚が抜け切れず、

エア多忙な日々を送っています。

かといって、

家にいるか、下の娘パン君(2)と、サイクリング、の

2択ダケなんですが。

家にいると、いろんなモノが目に付きますね~

ほこり・ホコリ・誇り・・・プライド・・・。
(ウン!ボケも健在!)

そんなわけで、

今朝は朝から掃除機フル稼働!

んで、

小休止的に、さっきケーキを焼いてみました。
(ウン!なんて優雅~)

えぇ、

大好きな創作系ケイクです!

材料はいたってシンプル!レッツ トライ!

まずは材料。

 ・卵 3個
 ・小麦粉 70g
 ・砂糖 50g (私は三温糖でした)
 ・サツマイモ てきと~

基本は、コレだけ!

んで、まぁ、ケーキ作ったことある方なら、ウン!分かるよね?
(えらいハショったな...)

混ぜこぜしてって、

ケーキの型に、流し込む!

とその前に、1cm程度に角切りしたサツマイモを型にしいとく!

で、あとはオーブンで焼く。

20分前後で、

香ばしい匂いがたちこめ、

私は、陽だまりの中でウタタネしていて目を覚ます。

オーブンを開けると

そこには、

「アレ?も少しふくらみ欲しいよね?」

て感じの中途半端な物体が焼きあがった。

あ、味はどーだろ・・・?

パクっっ

「意外にウメェじゃねーか」

まぁ、

ケーキとゆーより、和菓子の域に達してましたが。

三温糖のおかげで、

ヘルシーかつ素朴な仕上がりに。

そしてサツマイモとの絶妙なハ~モニ~。

本日、オープンします。

『カフェ きみどり』




最近、訪問もロクスポでスンマセン!

自分、不器用スから...パソコに向うと1時間や2時間...

軽~く経過しちゃって...

家事もロクスポるもんで。

イマシメ的に、パソコの時間を極力減らしてます。

そのうち、近いうち、いずれ・・・また!


キミ吉。オイラただ、カラリと生きたいだけなんでさぁ

寒い・・・

今朝は小雪がちらついた...。

こんな日は、布団干しなんてぇデキやしねぇ...。

キミ吉は呟いた。

フト、

去年大活躍した、布団乾燥機なるモノのコトを思い出した。

おもむろに納屋をあせくる。

「あ、あるじゃねぇかっ!」

これで、こんな雪日和でも布団がカラリと乾燥できるぜ。

キミ吉は、小躍りしたい衝動を抑えた。

と、

ジャバラが、お・折れていやがるっっ!

それも、中央からボッキリ、と。


そんなワケで、

ホームセンターなる所へ行き、

ビニールテープってぇヤツを調達してきた。

20cmばかし切って、

割れたジャバラに巻きつける。

ジャバラとビニールテープは、相性が悪かったのか、

10分くらいした時にゃあ...

はがれてしまっていた。
(オイラの処置が悪いってぇのかぃっ?)

せっかく買ってきたビニールテープめ!
(太いんで¥398もした...)

こんの役立たずがぁっっ!

キミ吉は、

ビニールテープを放り投げた。

しかし、

布団を乾燥させたい気持ちは手放せず、

元々あった、布製のガムテープで試してみた。

「こいつぁイイや!」


今現在、

ウチの布団乾燥機がフル稼働しているのは、

言うまでもアリマセン。


(続き物じゃあ、ナイYO!)




そして・・・

前記事にて、完結した(と、きみどり本人が思い込んでいた)

『サイケデリックナイト』

なんですが。

コメくださった温かい方々の意見を参考に、

も少し、膨らませる・・・かもしれませんっっ!

また、

肩透かしだったら、ペコリ~ン!

そして、気分屋が故に、放置して書かずじまいだったら・・・

さらにペコリ~ンっ!!

サイケデリックナイト ④

もちろん園子に、

人前で踊れるほどの技術はない。

高校の授業で、創作ダンスを披露したのをサイゴに、

人前で踊るのをヤメタ...。

当時、

ダンス甲子園なるものが流行っており、

MCハマーのビデオを借りてきては、

密かに勉強していたのは、内緒の話だが。


その時のダンスが役に立ったかは不明だが、

酒に酔った勢いで、

見ず知らずの男、三人組と共に、

ホール中央を占拠。

園子は、優越感と、非日常感を満喫した。

そのうち、

三人組の男らも、何となく打ち解けてきて、

持っていたビールを回しのみ。


「完全に、そいつらの連れと化してるな...」

それを、ただボーっと見ていたアタルは

グイっと、ビール(もち、国産ではナイ)を飲み干した。


それを機に、

園子が、クラブ界から足を洗ったのは、言うまでもない。


あれから8年が過ぎた。

以前の彼氏は、現在『夫』というポジションに納まった。

のどかな昼下がり。

着信アリに気付き、

園子は家事の手を休めた。

あ・・・!


不安よりも、期待がイッキに押し寄せた。






で、ナニが言いたいの?

って思った方、挙手をオネガイシマス。

ハイ!

いませんね?

では、今日の妄想、ココマデ!

また、会える日を~

サイケデリックナイト ③

アタルがドリンクを運んできてくれた。

もちろんアルコールだ。

乾杯をして、

爆音量の中、耳の近くで大声を出しながら喋る。

それを繰り返した。

園子は、

すぐに空いたグラスを持ち、

アルコールを補充しに行った。

バーテンとは言いがたい、

チャラチャラした感じの兄ちゃんが、カウンター越しに

「何がイイ?」と、聞いてくる。

どう考えても、

顔はイマイチなのに、クラブのバーテンだってコトだけで

モテてきたクチだ、と。

園子は思った。

兄ちゃんから、

ソルティーなんたら、を受け取ると、

再びアタルの元へ。

園子は、

酒が強いわけではなかったが、

ソコソコ幅広く飲める。

最初はビール、その次にカクテル...

3杯目に突入し、園子は、気持ちがハイになってきているのを感じた。

「あっ!この曲知ってる!」

そう言うと、園子はホールの中央へ向っていく。

三人組のクラブの常連?とでも言えそうな兄ちゃんらが、

ビール(もち、国産では、ナイ)片手に踊っている。

その輪の中に...

招かれざる客、園子が乱入!


園子は、別にダンスを習ったことは...ナイ。

いや、

あるには、ある。

社会人一年目にして、

何の趣味もない自分に嫌気がさし、

突発的に、ヒップホップのダンスを習ったコトが、あった。

3回分のチケットのうち、

二枚分しか、使わなかった、が...。






えぇえぇ、

あと少~しだけ、続くんです!

平にご容赦をば。

サイケデリックナイト ②

平日なのに、夜になるといたるところに人がいる。

繁華街ってヤツだ。

特にコンビニなんて、

何を買うでもなく、若者がウロついている。

アタルとは、そのコンビニで待ち合わせた。

すぐに合流できたアタルと園子は、

黒っぽい重厚なドアの前まで来た。


ココが、クラブってトコかぁ...

園子には、重厚なドアが、

「初心者お断り」、と言ってるよーに見えて、

期待よりも、不安がイッキに押し寄せた。



22:30~

という張り紙がされていて、

アタルと園子は、ドアの少し手前にある

ビルの段差に腰かけた。

オープンまでに、まだ15分ある。

「さっむー」

寒がりの園子は、12月の夜の寒さを

完全に忘れていたかのよーな格好であった。

ヒラリ。

肩に、黒い大きなジャケットが。

アタルは、自分の上着を脱いで、園子にかけたのだった。

ほろ苦いタバコの匂いが鼻先をくすぐった。


アタルといる時は、少しムリをして

サイケデリックな服装をしてしまう園子。

そう、

それはまるで...

田舎者なくせに、木村カエラをマネちゃった?

そんな印象を受けた。

アタルは、と言うと

「昔、バンドやってました」的な、

何となく、スカパラを思い起こさせるような出で立ちだった。


22:30

重厚なドアが開かれると、

老若男女...いや、

若男女、が、ヒトリ・フタリ・と増えてきて、

小さなホールには、数十人の若者が集まってきた。

聴いた事もない曲が流れる。

アタルは、もちろんロック派。

園子はR&B。

趣味が全く違う二人。

DJ?とでも言うべき兄ちゃんが、

上に設置されたハコのよーな場所から

ヘッドホン片手にテンポをとる。

その兄ちゃん達は、

決まって、ニット帽を深々とかぶっていた、

よーに思う。






えぇ、

まだ続くんです。

しばし、お付き合いください。

サイケデリックナイト ①

アタルと園子は、メルアドを交換して以来、

細々とメル友を続けてきた。

アタルとのメールは楽しかった。

ボキャブラリーが多いのか、返信の内容はオモシロく、

みょーにツボにはまった。

話題は、好きな音楽から、クラブの話へ移った。
(えぇ、語尾の上がるクラブの方デス。)

園子は、「クラブに行ったことがない」と、返信。

「なんなら連れてこーか?」、とアタル。

そんなわけで、

クラブデビューの日時が決まった。

その頃、園子には二年目になる彼氏がいた。

マンネリでもなく、ソコソコ順調であった。

彼氏には、

「友達と飲みに行く」とだけ伝え、22時前に自宅を出た。

園子は、

「友達には変わりないし...」、と何度も心の中で呟いた。


アタルとは上京して一年目に知り合った。

二年目になる今でも、こうしてメル友として連絡を続けてきた。

別に、会って話すほどの仲でもなく、

かといって、ひとたび「飲みに行く?」と、連絡があれば、

園子は、ソッコー返信を送った。

「ウン!行く!!」


アタルとの会話は尽きることがなかった。

一緒に買い物に行ったりすると、

コアな場所に連れてってくれて、刺激が多かった。

友達以上、兄弟未満・・・?

そんなコトバがしっくり来る。

そんな間柄ってトコだろーか。






いやぁー

今日は雨なんで、なんとな~く

そう、

ただ何となく暴走してみました。

私にしてはめずらしく?チョット長めの話デス!

続き物なんで、

少しはマジメに更新予定...!ハハハぁ・・・!

味噌痔デビュー

ハッピバースデーとぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Me!

そう、

今日が、きみどりの誕生日だよ~

アラサー(Around 30)のキミ~とか、

ゴルゴ30(サーティ~)のきみどりって呼んでくれても

かまわないよーーーーー!


はっっ

冒頭から失礼しました。

今日のよき日に、

どーにか生れ落ちて、はや30年。

あー・・・エガッタエガッタ~
(ほんとに30?)

ユックリ過去の私に触れてイキタイのだが...

チッ...!

時間がないよーだ。

どの目覚まし時計よりも高性能な

パン君(下の娘・2歳痔)ってヤツが、そろそろ...

「かーちゃん、横にオランやん・・・」

って感づく時間だ...。

それでは、

寝るとしよう。

過去回想は、また。

雨の降る、ポエミーな気分の時にでも...。

コレが予約投稿だってことは...

内緒の話だ。
(ダッテ、0:00ってしたかったんだもん!)

帰省したその日に...に・二回も?

やぁ~

還ってキタヨーーーーーー!

ウン!

九州への旅、ハンパなかったYO!

10時間チョイの感覚でいたらさぁ!

21時間かかっちゃってたYO!

まぁ、

出発した時間帯からして、可笑しかったんだけどね?
(あーーー今、クスって笑ったなぁ?)

でね、

20時に出発したんだけど~
(ウン、もちろん家をだよ~)

本来なら、18時出発予定だったんだよね~

ハハハh・・・
(もち、その時は笑えなかったよ~)

んで、

大幅に予定が狂ってきちゃってて、

真っ暗なハイウェイを、ダンナが、かっ飛ばしたさぁ~
(そう...無言で、ね)

で、

福岡に着いた時には、

翌朝の9時ってトコかなぁ~

モトモト、

福岡の名所も知らない南国人なもんでさぁ~

行くアテもない迷い子のよーだったワケさぁ!
(それでも旅は続くんだけどね)

まぁ、

福岡でマッタリしてたら...

南国入りした時には、夕方だったね~

んで...

「ただいまー!」

帰宅して、荷物整理もソコソコに、

「お餅がつけたよーーー」

って、

母のかけ声を合図に、

餅をモム作業に(強制的に)参加することになってさぁ~

よーやく一息つけて、

ひとっ風呂浴びた直後に

「お餅がつけたよーーー」

え?ナニコレ?
で・デジャブ・・・?

えぇ、

また餅モミでさぁ。

何なの?

一日何回、餅つきすりゃあ気が済むのさ?かーさん・・・

ま、

こんな感じで、

帰省した日の夜は...ふけていったんだケドね...。





何ダァ?この馴れ馴れしい語り口調は!

って思った方、挙手を願います。

ハイ!

いませんね?

今年も、こんな感じで、ユルユル参ります。

明けまして、オメデトーゴザマス!
(新年のアイサツ、遅っ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。