アロエチックきみどり

インドア派の二児の主婦(肝っ玉小せぇ母ちゃん)が送る素朴かつ突飛な日常。 ジャンプを毎週見ている読書家としても有名...か?育児・テレビ・音楽・食・読書(やっぱマンガ中心か、せいぜい絵本...)などなど、広く浅く、その時の気分次第で網羅っっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元同僚

看護業界から足を洗って...

5年が経とうとしている。

最後に努めた893病院で、

歳も近く、意気投合していた同僚のYから、先週電話があった。

Y:「うわっ!出るの早っ」

私:「うん!ワン切りもデキナイよ?」

Y:「ヒマそー」

私:「ウン!ひま!」

Y:「あんたんトコ、いつ見ても洗濯、干してないやろ?」

私:「干してるって!プライバシーを配慮した家なのっ」

Y:「生きてるんか心配になった」

私:「近くに来てるんなら、寄ってってよ!ストーカー」

Y:「で、働かんの?」

私:「下の子、手がかかるしね」

Y:「私は働くよ。育休もらってるし」

私:「あ・契約金かぁ~」

Y:「でも、家事ダケよりはマシかも」

私:「そ~だねぇ。私は完璧ニートだよ。買いたいものも買えないし」

って会話から、

石油高騰・家計の危機・育児の話にまで発展。

Y:「長くなったから、会って話すわ」


そんなワケで、

今週、いつ来る?と、首をなが~くして待ってました。

今朝、

Y:「今から出るね」

30分後には、ウチに到着。

昼過ぎには...去っていきました。

風と共にサリヌ・・・
スポンサーサイト

弁当を買いに/キヨシ

ダンナの弁当箱のゴムパッキン、が、壊れたんだな。
(ゴムパッチンじゃあないんだな?)

それで、

新しいのを買いに行ったんだな。

黄緑色で、爽やかな感じの2段のを買ったんだな。

朝、中身を詰めて、弁当を重ねたんだな。

ケド、

グラついてるんだな。

何度、挑戦しても、ダメなんだな。

ショーガナイから、傾いたまま、包んだんだな。

ダンナには、そのまま持たせたんだな。

当然、ダンナクレームが、きたんだな。

もー返品するしかないって、思ったんだな。

食洗機を見たら、あ・あったんだな。

中ブタ、みたいなものが。

そう、

弁当の上段下段を安定させる役割の...

中ブタ的な何かが...ソコには、あったんデス。

キヨシ風で、すまなかったんだナ(懲りてない)

毎晩やるア・レ!

やぁ!キミ~だよ~

きみどりさんでも、キミ~でも、キムでも

好きなように呼んでくれて構わないよ~

黄緑でも血ミドロでもヘドロ...だって、
ウン!ユルス!

で、何の話ダッケぇ?

あーウン、そうそう、

毎晩やるア・レ!

そう、

絵本の話!(あ・お・押忍・・・)

いっつも子供を寝かしつける前に読んでるんです。

ソレは、まぁ毎日、子供さんズがセレクトするんです。

今日のは、幼児雑誌でした。
(ソレ全部読んでたら...エライコッチャなんで、一部だけ)

んで、

読んだ後、布団へ入るんですが...

ミョォ~に、テンションが上がってしまってて。

毎回、

「おもしろい話して~」ってせがまれるのデス。


そー言えば...私も小学生か中学生の頃、そうでした。

5歳年上の兄とは、とても仲良しで、

よく兄に、寝る前、「おもしろい話して!」と頼んでました。

兄は、

聞いたことある昔話をパクっては

堂々と語り、その途中、必ず...例の話になるんデス!

そぉ、

下(シモ)の話!

ソレも・・・汚い方の!

絶対に、

ドンブラッコッコとウン○が流れてきました。

とか、

竹を切りに行って、ウ○コを発見!とか。

ソレが私のツボを突き、期待を裏切らなかったものデス。

そして、

サイゴに...

「お~し~~~~~~
 ↓ 
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 りぃーーーーーーーー
(決して「おしまい」とは、言わない職人気質)

って言ってくれる兄に、ホレボレしたもの・デス。

メイドさんゴッコ

専業主婦の一日...

 6:00 起床

 7:00 朝食

 8:00 娘、ご出勤(園へ)

 9:00 洗濯・掃除・お皿洗い

 10:00 Tea Time

朝の眩しい光が、私のティーカップを照らす...

 11:00 下の娘(1)と戯れる

 12:00 娘が寝たスキに...ジャンプ・マガジン熱読

 13:00 中途覚醒の娘...暴れる...


順調にイッテ、こんなもんデス・・・

きみどりの日常なんて。


今日は、上の娘の希望にて、15時にはお迎えに行かなければ。

「ダッテ、夕方だとユックリ遊べないもん」

という理由で、普段より1時間ほど早く帰宅したいそーデス。

そんな娘は、

帰宅したら毎日、「家族ごっこしよ~」などと誘ってくれます...。

先日は、

「お菓子の家を作っておいてね~」

でした...。

モチロン、作りました

って言いたいデスYO!
(スッカリ忘れてて、気付いたらバスの迎えの時間でした)

んで、

怒りそうな娘の気をそらすため、

「お菓子やさんゴッコにしよっか?」、と言ったのがサイゴ・・・

連日、お菓子やさんゴッコに付き合うハメに!

4段くらいあるラックの、下から2段目から顔を出し

チョコやアメ(実物)を並べ、娘が売る。

ソレを私が買う。もち、子供銀行発券の現ナマで。

時々、

珍客のパン君がチャチャ入れて、菓子類を強奪。

その前には、メイドさんゴッコをしたい!と言い出し、

ヒラヒラのエプロンと、腕カバー?みたいなヤツをつけさせ、

ダンナが帰宅すると...

「お帰りなさいませ、ご主人様」、と。

そのメイドさんは、ビールを注いだり、

お皿を運んだり...よっく働いてくださいましたヨ。

それも2日連続ヤッテました。

ただ、

園で暴露するのだけは、ヤメテ頂きたいっ!

かぁさん...ハズかしぃじゃあア~リマセンカっ!
(あ・いや、私はヤッテませんよ...刺されますカラ)

振り向くなぁ~アムロぉ~

「アムロ~ アムロ~ ふりむかなぃ~でぇ~♪」

と、

ソコしか歌えないのに口ずさんでいたら...
(初期のガンダムのエンディング曲)

 宇宙のかなたに 輝く星はぁー

 アムロー(アムロ~)お前の生まーれたほしふるさとダぁ~

 覚えているかい~ 少年のぉ日のことをぉ~

 おー・あたたかい~ぬくもりのぉ中で生まれたぁ朝をぉ~

 アムローーーーォ~

 振り向くなぁ~アムローーーーーッ

だんだんダンナがヒートアップしながら歌い続け...

フルコーラスでフィニッシュ!


その後、

テレビに映ったカバを挑発。

ダ:「なんだぁ?そのヤル気のない目はぁ?」

私:「仕方ないでしょ。そんな目なんだから」

ダ:「あーーーん?ソレあくびかぁ?」

私:「ただ口、開けてるダケだって」

あ・アナタ・・・

さっき、本気で熱唱しちゃって、デモッテ

声・裏返って、恥ずかしいんだよね?ネ?


見れる方は、コチラをドゾ!
(懐かしのEDデス!)


バカラのグラス

さっき...

久々にカチンときたので
(ホント久々なんデスからぁ~)

娘ズに説教タレてやりました!

クドクドとっ!

そんなワケで、

久々に心の叫びをラップにのせて、シャウトぉぉぉぉぉぉっ!

 かぁちゃん ヒトリでキリキリマイ

 かまわず 娘ら ヤリほーダイ

 ダカラ、

 バカラのグラスぅを叩き割ったのさぅわっ♪

一部、歌詞に誤りがあります。

バカラのグラスなんて、ありゃしません。

しかも、

叩き割ってもいません。
(そんなバイオレンスには至りません...)

でも、

脳内でアホみたいな歌詞を考えてたら...

楽になれましたYO!

皆さんも、

カチンとキタラ、バカラ作詞活動なんてどーでしょう?

ナースの落ちごと ⑮モンスターペーシェント?

それは、

二回目の就職先の病院での話だ。

ヤクザ病院とカッテに命名し、珍客の多い病院であった。

その日私は、

年齢50代後半。色黒の巨体の男性を受け持った。

名は、フグさん(仮名)。

心臓病で入ってきたフグさんは、

すぐに点滴を開始することとなった。安静も必要だ。

しかし、

点滴開始直後から、病棟内をウロウロ。

フグさんは、この病院の常連で、顔見知りも多い。

そこで、

上下階を行き来し、おしゃべりに花を咲かせたいのだ。

しかし、

移動するたびに、腕を動かしたりする為、

血管や針の位置が微妙にズレ、点滴が落ちなくなる。

そのたんびに、

「かんごふさ~ん」、と呼び出され、

点滴を刺しなおすか、

安静を促し、滴下を調整しなおしたりしていた。

何度もコールする割には、

治療に必要である安静が守れず、手を焼いた。

とうとう主治医にお願いして、

安静の必要性を再度説明してもらった。

これでヨシっ!

そう思った矢先、

点滴のスタンドを勢いよく押しながら喫煙所へ入っていくフグさんを目撃。

ブチーーーーッ
(何かがキレた)

ツカツカツカツカっ!

私は、フグさんの前に立った。

私:「さっき先生に、安静にって言われませんでした?」

フ:「...ココは、先生はイイのに、看護婦がなってない」

再ブチっ

私:「私達は患者を選べませんが、フグさんは選べるんですよ?

他にも病院はいくらでもありますよね」

フグさんは無言のまま喫煙所を後にした。

22・3の小娘に言われた言葉が、癪に障ったのだろうか。

ナースステーションに院長先生が来ていた。

面談用の個室に案内され行ってみると、

そこにはフグさん、院長、婦長が着席している。

私は、さっきの暴言のせいで...呼び出しを食らったのダ。

院長は、先に、

ナースの指導不足といった内容で謝罪でもしていたのだろう。
(その場面にはいなかったので、分からない)

婦長は、すまなそうな顔で私を見ている。

フグさんが、言葉を発した。

フ:「私も大人気なくってスマンかったね」

私:「あ、いえ、こちらこそ」
(明らかに棒読み)

スッと、フグさんが手を差し出した。

握手を求めてきた。

私:「あ、いえ、そんなんじゃないんで結構ですから」

頑なに握手を拒んだ。

緊張で汗ばんだ手を、差し出す勇気が無かった。


それから数ヶ月たち、

フグさんは再入院してきた。

受け持ちは...

モチロン、私、ではなかった...。
(あえてハズしてもらった)





コッワー!

こんなナース!「天使なんかじゃないっ」

今思い返すと...若かったな、としか言えません。

子供がいる今、受診する機会が増え...

とてもじゃあナイですが、強気に発言なんてできなくなってますし。
(ほんと、弱者の立場に立たないと分からないコトですね...)

モンスターペーシェント・・・

言いたくはないですが、言われたくもないものデスねぇ。

カラスノ天才!

伊藤ハ○が自主回収をしている...

と、テレビで言っていた。

確認したら、ア・アッタ・・・!

しかし、

ダンナの弁当には...もー詰めちゃったし。

ま、イッカ!

そのままソット...フタをした。



だ・ダンナ様方、

食の安全が問われてマスぜ!

家庭内でも・・・!


はっっ!

冒頭から失礼しました。

なんだかなぁ~な昨今。

買い物行って、安いのはウレシイのですが、アレですね。

伊藤○ムなんて...

今の事件が明るみになる前...

店頭で『まじ旨』(ダッタかな)って

「まぢウマイ」ウィンナーが、普段より安いから買ってたら...

事件は現場で起きてルンダ!
て、ことに。

だから、

もーーー安いものなんて買わないもんっ!

て、意気込んで買い物へ。

結果...

安い買い物をしてきちゃいました(テヘ)

しかも、

普通の食品中心のスーパーなのに、

トランクスが大量に積んであったんで、

ゴソゴソ選んじゃってたりして、ハっと我に返り買いませんでした。

そんな感じで、

今日もユル~く買い物ハシゴしてました。

ホームセンターでは、植物を物色。

クリスマスに向けて、カワイイ木なんか...植えたいスなぁ。

秋って、苺を植えるのに適してるみたいです。

一株¥158と安かったので、手に取り

「おかーさんは、枯らすのの天才だもんね」

と、娘に言われた言葉を思い出し...

手ぶらで店を後にしました。

敬語とタメ口

今日は、こんな相談がきているので紹介します。

 きみどり先生コニャニャチハ~

 私は、幼稚園児を持つ2時の母です!

 あ、違った!2児の母デスぅ~

 幼稚園ともなると、保護者の方と接する機会が多くって...

 イロイロ気ぃ遣いますよねぇ~

 で、

 特にお母さん方って...年齢不詳が多いんデスよぉ~

 いっつも敬語にしようか、タメ口たたこうか...迷うんデス。

 しかも、年齢って聞いちゃいけない暗黙のルールがあるしぃ。

 きみどり先生は、どーなさってますか?


難しい問題ですよね。

特に女性の方に、年齢の話は...アレですよね。

私の場合、

本来ならタメ口タタキーなんデスが...。
(説明しよう!タメ口タタキーとは...以下略!)

あえて、ソレを押し殺しスキーで...。
(説明しよう!押し殺しスキーとは...以下略!)

まぁ、

明らかに打ち解けた段階で、

よーやくタメ口きくよーにしてます。

他の方をみていると、

①年齢や関係など総ムシで、しょっぱなからタメ口

②一貫して敬語

③柔軟に変化(複合型)

に、大別できますが。

①は、コッチもタメでイイんだなってサイン出てるので

やりヤスイっちゃあ・ヤリヤスイんですが。 

しかも...関係を築く初期の段階って、

敬語とタメ口があいまって...

「ドッチやねんっっ」

て、完済人でもないのに...突っ込みたい衝動に駆られます。

そーいった過程を経て...

①②③を使い分けるのがよろしいでしょう...。

私自身、

この問題は研究段階にありまして。

皆さんのご意見・ご感想など、いただけると...

よろしくペコリ~ン!

プチ嫁姑問題

やぁ!

帰ってきたよーーーー!

キミ~だよぉ!忘れちゃったかなぁ?

で、

ダンナの実家、大した嫁姑問題も勃発...

シナカッタ!
...て、言いたいデスよ...心の中だけでも。

まぁ、プチ勃発でしたけど、聞いてやってくだせぇ。

基本、姑さん、○型なんだと思います。
(実は、A型デスが...)

ダッテ...実の母が○型なんデスが...振り回されるんデス。
(○には、A以外の血液型を入れてクダサイ・・・)

グワングワンに...。


ことの発端は、娘のカットに行く時でした。

ダンナの実家に行くと、安い美容室があるんで、

大抵、上の娘のカットに行くんです。

17時前ではありましたが、車で15分くらいのトコなんで

連れて行こうとしてたら...

姑:「今からじゃあ遅いし、明日にしたら?」

私:「あ、そーですねぇ。明日、朝イチにします」

姑:「あ、でも
明日は○○へ行きたいから...
   今から行ってきなさい!」

私:「は・はい!」

運転手のダンナを見ると、ビールを飲み始めている。

ヨシっ!ペッパードライバーだが、田舎道は大得意!

なんてったって、車は少ないし、道は広いし!

意気揚々と出発しようとしたら...

姑:「え!きみどりチャンが行くの?」

私:「あ、ダンナさんは飲み始めてて...」

姑:「じゃあ私が送るから!」

私:「え、いや、イイです。アッチでも運転してますし~」

姑さん、軽くスル~・・・

ダンナも私に応戦てくれたが、

再スルーーー・・・

結局、姑さんの運転で行きました...。

その美容室は、ジャ○コもどきの複合施設内にあり、

カットの合間にショッピンできるなぁ~ってホクソエんでたのに!

姑さんが、夕飯の支度もアルしと、

ソワソワした状態でカット待ち。

なんだかなぁー・・・と複雑な心境でおりました。

し・か・も!

ナンダカナ~、の本当の理由は...

明日の予定が『カッテに』決まっていること、にありました。

嫁姑の会話を、よーーーっくご覧ください。

ホラ、

あったでしょ?

上から3列目の...そーデス、ソレです!

私的には、

朝、ユル~くジャス○もどきでショッピンしてるハズでした。
(ダッテ、安いし!地方は野菜も安いし!)

それなのに・・・

明朝の予定は姑のミソ汁みぞ知る状態!

ギャフっ

そんなこんなで、

姑さんと行動しまくりの...2泊3日でした...。

実家に帰らせてもらいますっ

フゥー・・・

イッキにカタをつけさせてもらいましたよ(ゲフ)

もー、お腹イッパイで

食べられないよ~・・・四国の旅。

ヨカッター。なんか卒業式の気分です。

たった2泊の旅を、ココまでクドく超大作に仕上げた自分に拍手!
(自己満ブログなんで)

長いコト、他人の旅の記録にお付き合いくださった

寛大な方々、アザ~ス!


こっから先は、

通常モードに、戻る(ハズ)です。

と、言いたいところですが...

今夜から、ダンナの気まぐれで...

ダンナの実家に帰らせてもらいマスっ!

軽く2泊3日?みたいな?
(うわ...四国の旅と一緒...)

そんなわけで、

吐く勢いで記事を書き殴ったことを、

この場を借りて、ペコリン! (軽っ)

また、帰宅したら、ユル~く参ります。
(そして...また準備に追われてマス...ドラえも~ん!)

四国の旅 ⑬一期一会・立つ鳥跡を濁さず

ネタバレになるので...

アレな方は、⑫から読んでくださると助かります!


姉の不吉な口車にのせられ...

頭の中は、真っ白になりました。

イッキに旅の疲れがきちゃいまして...2割り増しフケました。


で、

ついに、例のものが届きました。
(マ・マッテましたぁっ!)

あ・アレ・・・着払いじゃなく、普通に届きました。

急いで中身を確認!

旅の途中と何ら変わりない状態の

白い袋にパンパンに詰め込まれた衣類入れ、が存在しました。

小包の中には、

茶封筒に入った一通の手紙が。

あの、オバーチャンからでした。

一部を抜粋して紹介します。

○○さま ←ノッケから、名前が違ってる...が、無事着きました!

このたびは...(割愛)

洗濯をしてお送りしたいのですが

プライバシーも、あることで

そのまま送ります悪しからず。

ざーイ!

まんま送ってくださって、アザーーース!

ほんと、

パンツとか、パンツとか、パンツとか。

その他モロモロ入ってたんで、気が気じゃあナカッタとデス!

何度お礼を言っても足りませんっ!

しかも!

まだ続きがアリマス。

小包には、包み紙で巻かれた品が2個入ってました。

開けてみると、

くじらのふりかけ(ビン入りでデカイ)、と

柚子茶(柚子+ハチミツのピューレ状)でした!

ふりかけは、初めてでしたし、オイシカッタです。

柚子茶は、偶然にも朝市で購入しよーとして...

重いからと断念した品でしたぁ!

オバーチャンからの手紙に、

『同封の品は、息子夫婦よりの気持ちです』

と、書き添えられてありました。


旅館菊一での1泊は...

朝起きて、洗面してたら、見知らぬ大学生にアイサツされ、

「寮生活かよっ」

て、思ったりもしました。
(いやぁ、新鮮でヨカッタです~)

しかも、コンビニで買った菓子類のゴミや...

はたまたオムツまで...

立つ鳥、跡を濁しまくり...で、ほんっとスンマセン!


こんぴらさん...

途中下山しちゃったり...アレでしたケド。

いい出会いを、アリガトーーーっ!

コレをご縁に、

四国へ旅する機会がアレバ...

また、旅館菊一に、泊まりたいなぁって思います。
(ほんと、菊一サマ様ですっ!)

夏には、よさこいまつり、があるみたいですし!

皆さんも、ゼ・ヒ!

四国の旅 ⑫バチが当たった、のか?

んでぇー・・・

キレイに終わるかと思ったら、大間違い!

まだ続きがアルんだな。
(キヨシ風)


旅の後ってのは、洗濯物に明け暮れるかぁちゃんが、いるわけで。
(荒れ狂う、でも可)

がつガツ洗濯をしてたら...

「アラ!今回の旅は、洗濯が少ないじゃない!」

それもそのハズ!

旅館 菊一で、お洗濯をさせてもたっちゃったしぃ~♪

オー!楽できたゼ!かぁちゃん!


2日間かけて、ダラダラ洗濯物をたたみ終わった時...

サーーー・・・血の気が引いた。

軽い動悸ってヤツも、覚えた...。

え?ナイよね...。で、ドコにあんのっ!

いっせいに捜索開始!

ダンナは不在。

仕事中とは知りつつも、携帯にかけた。

「留守番電話サービスに接続s・・・ブチッ

ダンナは、アテにデ・キ・ナ・イ・・・

車内の捜索を開始!

ない・ナイ・無いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃいぃぃっ!

ナインDEATH・・・

ソックリそのまんま、

旅の2日目の衣類が...!
(モチ、未洗濯!)

今までの旅をプレイバック・・・

始皇帝氏思考停止

どー考えても、自宅には、ナイ!

てことは...

2日目の宿泊先...そぉ!

旅館 菊一!(ドォーン)


恐る恐る旅の領収書の山をかき分けます。

あ、アッタぁ!

宿帳を記入はしなかったものの、領収だけはキッテあったんだぁ!

急いで電話しました。

以下、宿の方とのヤリトリです。

私:「あの、11日にお世話になった者ですが...忘れ物をしまして」

宿:「あ、母がいないので...あ、もしかして...?」
(お嫁さん?のよーだ)

私:「白い袋に、洗濯物を入れてて...」

宿:「あ、分かりました!コレですね、藤の間にお泊りでした?」

私:「確か、そーだったと思います」

宿:「書置きがしてあったので分かりました」

私:「お手数ですが、着払いで郵送してくださいませんか」

宿:「ハイ、では、住所の方を」

住所・連絡先を伝え、電話を切る間際に

私:「あのー、私、ブログやってまして...

  それで、あの、旅館の宣伝、しておきますっっ!」

宿:「えっ!それでしたら、ブログ名を教えてください」

私:「あ・アホっぽいブログなんで!

   けど、イイコト書いときますんでっ!よろしくお願いします!」

ガチャリっ
(言い逃げ・・・)


翌日姉に、事のテンマツを報告したら、

「洗濯、洗われてたら、どーする?」

ぎゃぁぁぁぁっぁっぁぁぁあ

電話したときに、ヒトコト言っておきゃあヨカッタ・・・

そー思っても、時すでに遅し...。

(長いので、続く)

四国の旅 ⑪アンパンマンM...そして、帰宅

それでさぁ~ ウン、そんな日もあるよねー。

え?で、ナニ?

あ、旅の話?ん?聞きたい?
(どんな前フリだよっ)


えーーー、坂本龍馬記念館、海が近く、景色もバツグン!

イイとこでしたよ。

上の階にある休憩所では、自販機があって。

ソコで茶ぁでもシバクことにしました。

確か、110円くらいで、紙パックのジュースがズラ~リ。

娘の希望で買いましたが...デカっ!

普通の紙パックジュースだと思ったら大間違いデス。

特に、小さいお子様には...量がアレですので。

オキヲツケクダサイ・・・
(んなコト書いてたら、まぢ進まん)


次に向かうは、

そう、みんなのヒーロー!

アンパーンマーーーンっ!
(アンパンマンミュージアム)

休日だから、スンゴイ人。

作者の、やなせたかしさんは、高知県香美市出身てコトで、

ソコに記念館を設立したんダッテぇ~(フムフム)

正直な感想、

「やなせたかしさんって、あんな絵、描けるんだー」
(上からモノ言って、スマセン)

ダッテ...

アンパンマンの絵本とか見てたら...

あんなマンガチックな絵しか、描けないのかと。
(再三、ほんとスマセンっ)

ケド、

油絵とかで、デ~ンと描かれたキャラクターの絵ぇ見てたら

「げ・芸術的ダァーーーー」
て、感心しちゃってる自分がいました。

んで、

ソコから、徒歩1分前後にある、

姉妹店?みたいな『詩と絵本の森』ってのにも入館。
(ミュージアムのチケットで入れるのさ!)

ココには、国内外で活躍されてる絵本作家さんの作品が展示。

子供は、ズット上映されてる絵本のアニメに夢中。

私は、無心で展示を見てました。

なんかインスピレーション!
(キタYO!)

絵本作家になるには、背景とかもシッカリ描けないとね~

などと、作家キドリで学びの多いトコロでした。

館内でゲットしたアンパンマンサブレ。

ウマいんだけど...車内はクズクズでした(沈)


そっからは、よーやく帰路に着こうか、てナリ。

ダンナがナビを自宅に設定し、いざ出発!
(昼過ぎでしたが...到着予定時刻、23時すぎ...)

最初は軽快に走ってたんですが、

「ナビが、フェリーに乗せようとする」
とダンナ。

ナビの設定を誤ったのか、

頼んでもないのに、船着場へ案内しそうな勢い。

慌てて路肩に停車し、設定を変更。

どーにか順調に走り出したときには...晩飯時。
(子供がいると、早めに夕飯時刻を設定します)

ほんとは、高速のSAか何かで食べてるハズが...

未だ徳島県内でウロついてたので、

目に入ってきた『徳島ラーメン麺王』って店へ。

店員の対応は、活気があって素早く親切!

小さい子供用に椅子は準備してくれるし、

ウェットティッシュ・小皿なども整っている。

水だって...ウン!普通にウマイ!
(以前、水で失敗したダンナがいるんで...水槽の水みたな味の...)

ラーメンの味の方は、

濃厚トンコツ味!ウマー!
(チョット味噌っぽい風味もアリ)

早めに入店したので混まずに食べれたが、

人気店なのかゾクゾクと客が入ってきた。

みなさん、徳島に行ったら、ゼ・ヒ!
(あ、宣伝料等、いっさい発生してません!)


途中、渋滞・オシッコ休憩(頻)もアリ...

帰宅したのは、0時前。

やっぱ、ウチの布団がイチバン!

そー思えた...今回の旅に...カンパイ!
(完敗でも、可)

キムのたわ言

21:30

今日は寝るのが遅くなっちまったよーだな...

時計を見ながら、キム(私)は呟いた。

子供たちの寝息を確認し、キムは眠りについた。

今日一日が、静かに幕を閉じた。


チャララララ~ ちゃらららら~ チャララらら~

チャ~ ピピッピー ぴーpー
(着信のミッキーマウスマーチだ...)

「あ、寝ちょった?」

アイツ(兄)、か。


はっっ

冒頭から失礼しました。

兄のオカゲで、今、こーして夜の世界にいます。

カムバック記念に書きたくナッチャッテ。

しかも、今日の一人称、キム!

どーです?欧米ってゆーより、東南アジアな感じ、出てません?

ナニヨリ...

キムって変換したら...

『金』って、でてきました...ヤッパ金かっ!


では、

今日の名言、のコ~ナ~!

「目が、血走ってきた千葉真一!」
(千葉シンてきた、でも可)

あぁ、
私、いや、キムには...夜の世界は...眩しすぎたゼ。

四国の旅 ⑩坂本龍馬記念館

さぁ、サクサクいくよーーー!

坂本龍馬記念館...

興味ない半分で覗いたんですが、意外にオモシロそー!

なんか龍馬さんの手紙とかが公開されてたり、

姉の乙女(オトメ)さんの話など、

龍馬さんの背景が分かってくると興味が湧いてきました。

館内には、龍馬グッズも売っており、

私は、龍馬さんの写真が絵葉書になったヤツとペンのセットと、

ダンナに強要され缶バッチを購入。
(ペンにも缶バッチにも、モチ龍馬さんの顔が...)

私の兄が、歴史好きだったんで、

土産に、と買った絵葉書セット(¥300)でしたが...

梱包して送る際に、なんだか口惜しくなり

絵葉書のみ送ったのは...内緒デス。
(¥300でもショボイ内容だったのに、更に...!)

どーしても買いたかったのは、

龍馬さんの名言、
「日本を今一度洗濯いたしそうろう」(だったっけ?)

て、書かれた洗濯板!
(純木製!)

ホントに使えるんだろーケド...ミニサイズだから不便か?

絵葉書として使えるらしく...ナイスと思ったけど。

¥1500するから、ヤメタ!
(デタぁ!肩透かし)

あ、あとは、

『坂本龍馬を知っちゅう?』、て本をゲット!
(¥300ほどの、薄っぺらい本。22Pしかナイの)

小学生を対象にしてるよーな分かりやすい文章で、

絵がビッチリ!
(ウン、これなら...私でも読破可能!)

の割りに、

イロイロ資料がノッケられてて脱線系もアリ、読みごたえ十分!
(この記念館限定発売らしぃ~よ)

ではココいらで、ワタクシも、脱線!

アロエちっく龍馬を知っちょっと?
のコ~ナ~
(あ、いや、本の中のステキ記事を紹介したいダケなんです)

 ①龍馬さんは、子供の頃「鼻たれの泣き虫」って呼ばれてたんだって~
  (ヒデェ・・・)

 ②龍馬さんの姉・乙女さんは、『お仁王さん』って言われるほどの人!
   
  成人したときは身長約176cm・体重30㎏!
  (えっスリムすぎ?)

  炊事洗濯ヨリも武術が好きで、夜更け、山に向って発砲するコトも...。
  (危険なカホリっ)

 ③勝海舟さんの弟子になり、チョット鼻がテングになっちゃった系?
  (エド時代にアメリカに渡った人、みたいデスネ...勝さん)

  テングなエピソードの、姉・乙女さんへの手紙を紹介します。

  『このごろ天下無二の軍学者勝麟太郎という大先生の門人となり、

  コトの外かわいがられて...少しエヘンに顔してひそかにおり申し候...

  なおエヘンエヘンかしこ』

  わぁ~お!どんだけエヘンガオ!
  (しかしキュートな人だな、龍馬さんよぉ)


ま、

ザットこんな感じでした。

まだ脱線し足りないんデスが...

歴史関連アレな方もいますし、かと言って...

私自身がアレですし...

脱線できそーなら、またします~

あっっ!今日も進まない...。バイチャ!

キミ~の近況!男お断り、だぞ~

やぁ~みんな~

元気ィ~?

キミ~はぁーーーーーーっ

ゲンキ(拳)

もーねェ、

21時就寝が定着して、最近、ダンナの視線がイタイから...

2日連続、朝5時起き?みたいな?
(あ、ウザイんで、ヤメマス・・・)

なんか、早寝早起きすると、

体の調子ってイイですね。

その分、パソコに向う時間が激減してるのは...ナ・ゼ?

ここ数日、

ダンナの帰宅が遅く、すれ違い夫婦デス。

疲れたダンナは、以前のよーに自分の夕飯の皿や弁当を...

洗ってくれなくなりました。
(そりゃあ21時に私は寝ちゃってるし。文句も言えん)

んで、

朝早起きして、皿洗いしてから弁当・朝食の準備デス。

かぁちゃん...

どーにか暮らしてます、細々と。

四国の旅も...あと、キット、わずか!

早くシメたいんですが、なんだかアレでスマセン!

グダグダなんで、先日の娘(5)さんの報告をば。

テレビで、「男お断り」って早口を言ってて、上の娘が、マネをしてました。

「男オトコ割りっ!」

ウン・・・何だか男っ気ムンムンだね・・・


では、また~


四国の旅 ⑨高知の日曜市から桂浜へ

よーやく四国の旅も最終日へ突入デス...。

あーーー

長かったぁ~ナガカッタ・・・
(私も、皆さんと同じ気分デスよ~)


10/12の朝、

旅館 菊一を7時くらいに出て、お目当ての日曜市へ。
(その間も、ズーズーしく車を置かせてモラッタ!)

高知城を中心に、

500軒もの屋台がひしめき合う(らしい)!

徒歩で10分くらい行くと屋台っぽいのが見えてきた。

途中、

オサレ~なカフェ~もあり、

そこでブレックファ~ストなんかを...食べたかった。
(願望かっ!ダッテ、ダンナがスル~するからぁ・・・)

で、

朝市では、食べ歩きメインとなった。
(こーゆーのは、素泊まりの醍醐味!)

いも天が有名らしく、人だかりがデキていた。

買って食べるとアツアツでホクホク。

少し硬めの衣は、片栗粉とかを使ってるのか食感グゥ!

子供らはイカ天・ゴボ天を食べてた。コレも出来たて!

あとは、

今川焼き(柚子あんこ味を勧められたが、遠慮した)

ちらし寿司(カボスがきいてた。コレはナイス!)

茶色っぽい饅頭(カタカッタ・・・)

ヤキトリ(ひろめ市場信号前で。待ちナシで食べれてグゥ)

なんかを食べた。

旬の野菜や花なんかが豊富で安く、

近場だったら買いマクリだったのに。

ドンドン進んでいくと、高知城が見えてきた。

もー屋台もあとわずかダ。

そこいらには、なんだか...ノスタルジックな世界が展開されていた。

骨董品を扱う店ダ。

ペコちゃんの宝箱だよ、と店主が言って見せてくれたが、

箱の中は見せてもらえなかった...。

¥5000、とビミョーだったので、手も出せなかった。

他には、

キノコが生える木に心を奪われた!

なんでも、

キノコの菌が植えられた切り株に水さえ与えればイイらしく。

¥1000くらいだったので、

ソレで一生キノコ三昧なら...安い買い物だと思った。

私:「コレ、買ってイイ?」

ダ:「ダメ」

間髪いれず、ダンナが拒否り、却下となった。

後に、

姉に聞いてみたところ...

「あ、アレ、木が腐ることあるよ」、と教えてもらった。

姉は...キノコの木を購入し、失敗した経験の持ち主だった。

私は改めて、

買わなくてヨカッタ、と思うのだった。
(今まで何度となく植物を枯らしてきたし...)

こんな感じで朝市を満喫し、車をとりに旅館菊一へ。


さぁ、

次に目指すは、桂浜!
(坂本龍馬のデッカイ銅像がアル...)

と、勢いにノってるのは、ダンナだけだった...。

ダッテ、銅像見るダケなら...別に...

と、テンションも上がらなかった...正直。

しかも、私は、歴史にウトイんで...あんまり知らんのデス。

ただダンナは、高知と言ったら龍馬って譲らないモンで。
(てか、そんなに坂本サンのこと、好きでしたぁ?)

んで、

行きましたよ...ハマカツラに...
(もーヤル気が見えない...)

思ったトーリ、銅像の前でカメラをパシャリ。

ソレで終わり。

ケッコー土産物屋さんもあったけど...

刻(とき)が止まっちゃってる系だったんで、買わず。

駐車代も払ってまでハマカツラに行った割に...アレでした。

せっかくだから、と

近くの坂本龍馬記念館へ行くことになり。
(ダンナの強い希望にて...)

¥500で入館。

日曜の午前中だとゆーのに、ケッコー人が!

老若男女...!

推定、

老:若:男:女=2:3:2:3
(で、ナニが言いたいの?)

なんか新聞の見出しで見たんですが!

次の大河ドラマは、『龍馬』らしいデスなぁ~

その効果もあってか、歴史ブームの余波か...
(もーイイから!そんな分析イランからっ!進んで!)

あぁ...ケド...

下の娘パン君(1)が、起きちゃった。

もームリっす!

続きは、また~・・・

四国の旅 ⑧旅館 菊一 

ほんと、最近、自己中ブログに拍車がかかって

スンマセンっっ

訪問もロクスポの皆さん...もっとスンマセン!


でもってぇぇぇっぇぇぇぇっぇぇえ!

今日も、旅の続き。
(懲りない・・・)


八幡様の思し召し...か。

どーにか旅館(民宿)を発見し、

『菊一』という名前に吸い寄せられるよーに玄関へ。

ガラガラっと引き戸を開けると、ソコは、

「あ、おばーちゃんちダ」、て感じの、まさに家庭的な宿。
(あ、いや、イイ意味でっ!)

「スミマセ~ン...」、と私が言うと

返事をされたのが、まさにオバーチャン!

手押し車(シルバーカー?)を押しながら笑顔で出てこられました。

私:「あのー、大人二人、幼児二人なんですけど、一泊イイですか?」

宿:「えぇイイですよ。素泊まりで¥3500です」

私:「あのー、失礼ですが...お部屋を拝見してもイイですか?」
(やっぱズーズーしい・・・)

宿:「えぇどうぞ。」
(イヤな顔ヒトツせず!)

 二階にある部屋を見せていただく。

 部屋自体は年季がイッテいる。6畳ほどの部屋にちゃぶ台と鏡台とテレビ。

 トイレ・洗面・風呂は共同。駐車代は¥500/日。

う・ウン、

急に来て、一泊させて頂けるのなら...妥当かも、しれない!

私:「ちょっとダンナに相談してきまーす」

宿:「どーぞどーぞ。他とも見比べてくださいね」
(な・なんて寛大かつ、待ちの姿勢!)

私:「あ、いぇ、また来ますんでっっ」

外で車内待機のダンナに報告。

了解を得た。

そーして、正式に入店!
(ん?入館、か?)

幼児とはいえ、長女の方は布団が必要なので、

やっぱり宿泊費が発生した...。

けど・まぁ、

予約ナシで急に来た割に、スンナリ泊めて頂けるなら

ノープロブレム!

お金は前払い。

その時に、オバーチャンが、

「オロナミン○、飲むかね?」、と2本手渡してくださいました。

旅の疲れが...吹っ飛んだ!気がします。

ココは、宿帳も記入しなくってヨカッタんで、

煩わしくなく、楽でした~
(しかし...ソレが後々...あぁっ!)

部屋で荷物整理をしていると、娘が言いました。

娘:「なんでオバーチャンは、家の中でベビーカー押してるの?」

私:「うーん・・・足が悪いからかなぁ。アレを押してると歩きやすいんだよ」

ベビーカーっていう発想はステキ!


繁華街まで徒歩10分前後。

おかげで、飲食店はヨリドリミドリ・きみどりでした!

フラっと入ろうとした店では、

予約外の方は...と、入店拒否!
(チっっ!足元見やがってェ!)

その向かいの2階に、土佐料理をウタった居酒屋があり、ソコへ。

店内は子連れも来ており、安心できそうだ。

ソコでは、

カツオのたたき、鳥のから揚げ、エビチリ、鉄火巻き、出し巻き

などを注文。

カツオのたたきは、塩で食べました!

薬味と塩の絶妙なハーモニ~でしたぁ!

食後は、デザートや酒類を求めてコンビニへ。

旅館に戻ってからは、二次会状態。

お風呂は、家族風呂みたいな感じで、

大き目の風呂があり、ソコへみんなで入りました。
(一般的な風呂を2~3個くっつけたよーな子供プールみたいな風呂)

建物的には古いんですが、

お風呂やトイレは新しく、

オバーチャンが言ったと~り、

「ウォシュレットもあるよ」、でした。

「洗濯機もあるから使ってね」、との御言葉に、

早速、洗濯開始!

旅に来てまで...ほんとは洗濯なんか、したくなかったデスYO!

ケド・・・

車内で娘さんがヤッチャッタ系で、服がジョビジョバだったし、で。

夜のお洗濯、ほんと助かりました!

ソレも、洗濯機は玄関。干す場所は階段の真ん前!

共同スペース全開状態で、

パジャマを着た主婦が、バンバン洗濯を干しています...。

ソコへ、

同じ屋根の下で寝泊りする来客集団が、入店!
(あ、私らダケじゃあなかったのね?)

大学生らしく、男2・女3くらいの人数でタクシーを呼ぼうとしてます。
(おぃおぃ、タクの店員オ~バ~じゃね?)

私の様子を見て、その学生さんが

「洗濯もできるんだぁ~」、と言いました。

が、翌朝みると...

ダレ~も洗濯してる人は、イマセンでした...。


まぁ、こんな感じで、

旅館 菊一での夜は更けていったのでした。

え?

なんで事細かに旅館の体験記を書いてるかって?

ソレには...

深い理由があるんです(テヘっ)

四国の旅 ⑦ヒット祈願!宿を探せ!

ウフ・・・まだアルのよ~

気分的には、チャッチャと四国の旅を進めたいのにっ!
(しかし、いつもド~リ...回りくどくってアレです。)


18時前に、よーやく高知の中心地へ到着。

もー最悪は、車内で寝泊りスル!

と、言い出したダンナの後姿は、四国への愛であふれていました。
(美化しすぎ)

えぇ、

キット運転の疲れがピークにきちゃってたんでしょう。

泊まれればドコでもイイ!状態でした。

私は、

そーゆーワケにはイキませんっ!

安くても、イイとこに泊まりたいっ!
(ドンダケ強欲なんだよっ)

そー思いつつ、目星をつけていたオサレ~なホテルが

思ったト~リ満室でヘコみました。

電話だけでも、カレコレ3軒ばかしかけましたが...

当日予約(しかも土曜の18時...)となると困難を極めました。

ましてや子連れ。

イイ顔されないのは仕方アリマセン。

フト見ると、

高知八幡という立派な神社が視界に入りました。

大きな馬の石像(?)がデーンと出迎えてくれます。

あ!

何かヒットしました。

民宿?らしきものが真ん前にあります!

ヨッシャァーーー

気合が入りました。

その名はぁぁぁぁっぁぁぁぁぅ!

『旅館 菊一』
(ダレです?シブいって言ったのは?)

長くなりそうデスので...

この話は、また~(ペコリ~ン)


余談ですが。

高知八幡は、釣りの神様でもアルよーでした。

ヒットしたのは、八幡様のおかげかも、しれません。

四国の旅 ⑥前兆...?

えーーー、

まず、かづら橋にいる時点で、宿が未定って話の続きでしたね。


ソコにある土産物やさんで、

四国名物のカボスと、

村人が丹精込めて作った風の梅干を(なぜだか)購入。

あとは、

上の娘さんには、アッコさんもビックリの...

ゴゴしい指輪を。
(凶器になりそーデス...)

そーこーしてるウチに、

フラリ単独行動から戻ってきたダンナと再会。

「今日の宿、予約してきた」、と笑顔。

な・ナニ勝手に決めてんのーーーーー!
(こーゆー時に、普段の優柔不断さは、ミジンもない)

確認してみると...

今現在、買い物してるトコから見えていた。

う~ん...近場なのはイイが...

なんかプレハブみたい出そうじゃね・・・?

しかも、

観光案内の斡旋してる宿みたいで、

案内所にデカデカと、今予約してきた宿の看板がはってある。

絶対...仲介料ガッポでモラッテルYO!

そー思うと、ステキな宿を紹介してくれたとは...思えなくなってきて、

私:「いいの?ココで?」

ダ:「あ、いや...ダメだよね...」

そう言い残すと、サッサと予約のキャンセルへ。

幸い、キャンセル料は発生せず事なきを得ました。

ココにいても、

似たような宿を勧められるダケだ...

そーだ、高知へ行こう!
(何か聞いたことあるなぁ~)

で、

高知市街へ向けて車を走らせたのでした。


かづら橋は山の中だったので、

山道はクネクネ・・・車酔いしない私でも、ゲフ~

て、なるトコでした。

娘さんズは、昼寝へ突入。

よーやく平地になり、ダンナは道の駅でトイレ休憩。

その時、

上の娘さんが、釣れたての魚のよーに

ピチピチ...いや、

ビョンゴビョンゴ!
(で・デカイの釣れたぁ!)

と、からだをクネらせながら泣きわめきました。

あーーーー・・・

始まった。

コレが始まると、しばらく泣いてます。

コッチが何度、優しい言葉をかけててもダメです。

で、キット、アレDEATH・・・

私には分かる...長年の育児経験がソレを伝えようとしてきます。

「わぁーーーーんっ」

フィニッシュ!

何だか懐かしいニオイに包まれて...

って、コラァ!

娘さん...ヤッチャッタ系デス。
(小の方でした...が)

はぁ~・・・イッキにテンションは↓でした。

仕方ナイと分かってても、ヤラレルと頭にキマス!

んで、

いつもの押し問答。

私:「何でトイレ行きたいって言わないの!」

娘:「わーーーん!」

休憩から戻ったダンナが、車内の異変に気付きました。

まぁフラットなダンナなので、

無反応なまま旅は再開するコトに。

着替えを終え、なんだかニオウ車内の旅は...

宿が決まらない不安と共に続くのでした。


ヤッパ、こんぴらさんの途中下山は...

何かを物語っていたのかもしれません...。

四国の旅 ⑤こんぴらさんと、かづら橋

10/11の続きデス...(まだぁ~?)

お土産をゲットした後は、こんぴらさん参りへ。

正式名称『金刀比羅宮』

まずは、近場の駐車場へ。

たっくさんの地元民がワラワラ出てきて、

「ウチさぁ寄ってけ」的に、手を招きます。

ダンボールを手に持ち、ヒッチハイクさながらに。
(で、¥500とか、駐車料金が書いてあるのを提示)

んで、

まぁ妥当なトコで、¥500って土産物屋さんの駐車場に入れました。

子供らは石段を見てヘコみかけ。

ズラーーーっと石段が続きます。

抱っこ攻撃に、親もヘコみます。

もーダメ・ダ。

まだ最初の段階で折れて、途中下山。

すると、旅人のドナタかが...

「こんぴらさんは、途中で下りると...」って声が聞こえてきました。

えっ?ナニ・何なのっっ??
(なんだか...不吉な前兆、か?)

と、思いつつも見知らぬ人に聞く勇気もなく、下山。

その途中で、こんぴらうどんってトコで休憩。

そこで食べたウドン、モチモチでおいしかったです~

で、

駐車場へ戻ると、「土産を¥1500以上買えば無料」、と。

それなら...と物色。

しかし...ナイんデス。

買いたいものがぁっ!

子供が手に取るオモチャ類も、100均にありそーなのに

1000円弱くらいして...。

フト見れば、『ひみつのアッコちゃん』の弁当セットなんかが!
(¥700くらいだったっけ。ある意味レアもの?)

ヤバイ...完全に刻(トキ)が止まっちゃってるよ...

そー思ってしまうノスタルジック店内。

それでも、気のいい店のオバーチャンが気さくに声をかけてきます。

「ウチの孫も二人いて...」とか、

「アトピーだから...」とか。

う・ウン、孫情報ドーモ!

しっかし、ほんとナイなぁ・・・

あ、コレ買うか!鳥居の形したお守り!

あとは、娘がねだった100均風オモチャ。

それで軽く2000円超えてたのには、ボッタクリビックリでした。

私が、少し(ほんとに少しか?)

暗い表情だったのを悟ってか、店のオバーチャンが駆け寄ってきて

「コレ、子供さんにアゲテ!少し古いけど」

手渡されたのは...

セーラームーンの箸箱と箸のセット。

あ、ありがとぉーーーオバ~チャン・・・!

次は、徳島県・三好市にある秘境?祖谷へ。

ココこそが美人の湯が湧く、そう例のアノ湯です!
(ドノ湯?)

ココには、かづら橋とゆーのがあって。

それ目当てで行きました。

木と何かのツルで作ったよーに見える

危険な香りのする吊り橋デス。

ソレをボーーーっと見ながら記念撮影。

なんだか渡る気がおきず、渡るにも金がかかるし、で。

断念! (やっぱ金か!)

今、かづら橋のパンフを片手に書いてますが...

ケッコー伝説の?橋だったんですね~

なんでも、

平家一族が追っ手から逃れるため、

いつでも切り離せるようにと、シラクチカヅラって植物で造った

と、言われているらすぃ~よ!
(て、今知ったんかぃっ)

そんな由緒正しい橋なら...渡らにゃソンソンでしたなぁ・・・

ソコでは、

川魚や団子を食べ、マッタリ過ごし、

しかし...刻一刻と時間は過ぎていき、今日の宿、どーするよ?

って空気が漂っていました。


ギャフぅーーーっ!続くの?

バス待ちの歌

ども!

最近、旅の話バッカじゃんっ!

ツマンネェよっ!って声がチラホラ・・・(被害幻聴)

で、

今日は普段ドーリゆる~く参ります。

と言っても、明日は遠足で...娘さんの...

で、

寝坊してもアレですし...サッキまで、準備したりと...アレで。
(やっぱ、前もって...がムリ!)

こんな時間まで起きちゃってて、

お肌のゴールデンタイム、逃しまくりまくりすてぃデス。
(あ、後半はスルーしてください)

んで、

言いたいこと...ソレは...。

今日の娘さんの園バスのお迎えに立ってた時のコト。

よりによって、

早めにバス待ちしてる時に限って、早く来やしないっ!

10分以上経過してくると、少々イラついてきました。

下の娘も飽きてきたよーで、抱っこ状態。

そんな私の前を、

中学生くらいの男子二人組が

何とも楽しそうに、青春を謳歌しながら通っていきました。

「ホモにナレ~バいいーーー」

そう、思わず自作の歌を口ずさんでいました...。


スイマセン...心がスサンデいたんだと、思います。
(心が、スサノオノミコト、でも可)

四国の旅 ④モッチリがグゥ!

さぁ。今日もイクよーーーっ!

旅の話!(あ、閉めないで~)


10/11、旅の二日目。

朝っぱらから露天風呂を満喫。

やっぱイイもんでしたわぁ~

ココのホテルは、徳島県にある祖谷の湯を輸送してるそーで。
(美人の湯って言われてます)

泉質がヌメっててナイスなんです!

んで、風呂上りは、まぢツル肌なんス!

美人は一日にしてならず...。

いや、
一日で美人になれすんデス!

(一日限定ダケド・・・)



んで、栗タルトが有名って載ってたんで、

専門のお菓子屋さんに行き、3本マトメ買い。

ロールケーキにあんこ・栗、が入ってます。

個包装のヤツも買い、車内で試食...

あ。アレ・・・?

何か、後口が、柚子っぽい。

なんか、残念でした...
(好き好きですが、私は...遠慮しとこっかなぁ...エヘ)

おかげで、

帰宅してから、1本分はノルマ的に食べさせられてます。
(今現在も)

ほか2本は土産として配りましたが...

お口に、合いましたでしょーか?

土産って、ほんと冒険デスよね?

ナニが入っているかは...不透明?みたいな?
(イラつかせちゃったら、ペコリ~んっ)

まぁ、ちゃ~んと書いてはアッタんですが、見落としてたんデス。
(犯人は、アナタだ!)

あとは、

ソコで、もっちりシューなるモノを買ってみました。

うん!もっちり好きにはぁタマランっ!

おいしく頂きました。

どこにでもあるコンビニでは、

偶然にも、もっちりロールケーキ(だったかナ)を、発見!

コレもナイスでした!

もっちり・・・巷でキテません?

あ、

なんか旅の話から脱線!

ま、

ソレがこのブログの醍醐味ですよね(ニコ~リ)

さぁ、

今日は珍しくサッキ起きれたし。
(最近小学生並みの睡眠時間だったし)

もー限界ぽいので、寝まグゥーーーーーーー

四国の旅 ③瀬戸大橋のタモトにて

えーーーっと。

ドコまでイキマシタっけぇ?

う~んと...まだ初日の最初の観光ダケでしたよね?

もーねェ...時間をおって回想すんのがめんどく大変で。

ナルト海峡の渦を見る前に、淡路SAに寄った話を忘れてました。

そこには、

SAの定番、ご当地ソフトが売ってたんです。

金時いも味と、塩味ってソフトです!

うまかったデス!
(て、ソレだけかよっっ)

あ、芋のほうは、まぁ...イモでした(ォオイ)

塩の方は...ウン!普通のソフトが一番!て、結論にいたりました。


まぁ、

うず潮観光の後は、ダンナが...

「セカチューのロケ地を見に行く!」って言い出し。

ソレを見てから宿へ向かうって運びになりました。

車内は、

柴咲コウ/かたちあるもの が、エンドレスで流れます。

私はリクエストしてません。

だのに、

ダンナが勝手にワンマンDJにナッチャッテ...。

世界の中心で愛を叫ぶ!気でイッパイのダンナでしたが...

ケッコーーー遠いのに気付き、断念。

愛を叫べないまま、宿へ向かうコトに。

私は、ハナっから叫ぶ気がナカッタので

ドッチャデモエェ早く宿に行き、マタ~リしたかったので好都合でした。

車内にいる時間が長いと、子供は退屈してきます。

そんな時にはクイズタ~イム!

「パンが2個ならぶと、何にナル~?」

なんてユル~イ問題をいくつも出題してて疲れました。

宿に着いたのは、17時頃。

夕飯は鯛しゃぶ・鯛の刺身と、タイ祭!

チョットお皿とかが...アレだったけど、まぁヨシっ!

ダッテ・ダッテ...

1泊2食付き、¥5980でしたし!

まぁ、平日料金だったってコトもありますが。

部屋は、期待してなかったので、納得できました。

10畳弱の和室にバストイレ付き。

まぁ、ヨシっ!

テレビもアル!

ただ...安すぎる部屋ってのは...なんか...クンクン...

ニオイマスぜぃ、親分。
「あ、ほんとだぁ、クサイね?」

って、ソッチじゃあなくって!
(エア会話・暴走警報!)

ホラ、アレ、そう、い・わ・く・つ・き?
(みたいな?)

んで、

怖いから、部屋の絵の額縁の裏を...確認して

ミタカッタのですが、怖くてデキマセンでしたぁ(テヘ)

チキンで、スマセン。

で、

20時から、夜景観光バスツアーってのをヤッテまして(もちタダで!)

それに参加したいがために、

大浴場へ急ぎました。

ダンナと、20分以内ね!

と、取り決めをして、まるで合宿かナニかのよーな勢いで入浴を終え帰室。

チャッチャと準備し、いざバスツアーヘ。

小雨の降る中、ツアーは始まりました。

何となくテンションも下がり、

移動する先々で長話をする運転手さん...

正直、ツアーに参加しなくっても...と思ったのは内緒デス。

ソコソコ夜景を楽しんだ私達は、

1時間弱のツアーを終えたのでした。

下の娘パン君(1)は、バスに揺られたせーで眠っておりました。

ヨシっ!

今なら、心置きなく露天風呂にイケル!

私は、単独、離れにある露天へ。

このボロイ趣のあるホテルの横に、

茶色と白で統一された和風の新しい建物があるので

「いいなぁ...泊まるんなら、ソッチが良かったなぁ~」

て、指をくわえていたんデスが。

その建物こそが、

露天風呂のある所だったのです!

確かに、露天風呂リユーアルをアピってたナ。

そして、

その露天風呂がキレイで、お湯もほんとの温泉の湯で、

少しヌメリのある泉質で、サイコーーーでした!

たまたま客も少なくって、露天を貸切にしたよーでした。

もーソレだけで...

この旅費のモトとった感でイッパイでした(ショボ)

風呂上りに飲んだ酒はサイコーーーでした!

SEA BREAMすだちって酒で、土産物屋さんでゲットしたヤツで。

なんだかスパーキンで飲みやすかったです。

意外にアルコ7%で、彼女を酔わせるのにはウッテツケですYO!
(オッサンか)

まぁ、

こんな感じで1泊目の夜は更けてったワケです。

翌朝、

例の額縁の裏を確認してみましたYO!

したら、したらば~・・・

ナカタ~~~!(お札とか)

安いけど、いわく付きじゃあナカタ~!


超長駄文で、失礼しました~

まだまだ...続き、ます?

今の時代、缶ジュース120円

昨日も21時睡眠!

お肌ピッチピチの~きみどりDEATH・・・!

もーーー習慣化しました...21時前になると、

ものっすご眠くなり、2割り増しで不機嫌になります。

おかげで、

「もー9時になるよ!かーさん眠いんだから!」

と、半ギレで寝かしつけてます。

眠いのは、アナタだ!
(犯人はアナタだ、でも可)


はっっ

また前置きクドイ癖がっ!

今日は、旅の話は一休み。
(時間あれば、まぁ...書くかも)

箸休め的に、今日のデキゴトをば。

さっきリサイクルショップに子供服を売りに行ってきました。

子供服って、お下がりが多いんです。

で、その時代を象徴するかのよーなデザインだったり、します。

ひと昔前のですと、

ミョーーーに丈が短かったり(ボレロ風?)

んで、

捨てようかとも迷ったんですが。
(ダッテ、人様にアゲルには...アレな感じで...)

モッタイナイ根性で、売りに出しました。

お下がりのほとんどは、ブランド物でした。

ケッコー、けばいデザインもチラホラ・・・

大方、30着以上は持ち込みました。

店員さんが、「少々お待ちください」、と言い査定開始。

待つこと15分程度。

店:「あのー、終わりました。100円になります」

店員さんは、5着程度しか受け取っておらず、

残りは...山のよーーーダ。

店:「あの...10年前くらいのデザインですよね?それで...」

何とも、言いにくソーダ。

私:「あ、じゃあ。もータダでいいです」

店:「いや、そーゆー訳にもいきませんので...」

店員さんは、領収書に住所と電話番号を記入させよーとする。

はぁ~・・・

また、山のような衣服をのっけて帰るのか...

チャリでっっ!

そー思うと切なかった。

追い討ちをかけるように、

住所と電話番号まで書いといて、

100円ポッキリかよっっ!

缶コーヒーでもグィっとイキたいところだが...

買えるハズも...ナカタ...。

四国の旅 ②ウズマニア

さーーー

旅の本題へ。
(本題とは、脱線も含む。)

10/10、初日の目的は、何と言っても...!

ナルト鳴門のうず潮を見る!
(淡路島と四国を結ぶ、あの大鳴門橋辺りで)

えぇ、

ナルトマニアとしては、ココは外せませんっ!

ドコを見ても、

なると・NARUTOって文字が見え隠れ!

激しくテンションは上がりました。

して、

うず潮ってのは、いつでも見れるワケではないそーで。

満潮干潮の前後1.5時間くらいが見ごろらしく。

まぁ、2時すぎくらいで、船を予約をしました。

で、

アクアエディっていう水中観測船に乗って、いざ出航!

船内は、半地下みたいになってて、横の窓がガラスで、

小魚が泳いでるのが見えました。

その窓バッカ見てたら...船酔いしない私でも...ヤバス...!

そーーー思って、デッキに出てました。

しばらくして、館内放送が流れ、もーすぐ例のアレ、

そう、UZUSHIOが、見れるってコトで胸が高鳴りました。

海に、白く渦を巻き、なんだか逆竜巻みたくなっちゃってるヤツ、

それが、うず潮ってヤツでしたぁ!

傍目からみたら、

何のヘンテツもない渦巻きが...私には宝石のように見えました!

デッキで、ハシャグハシャグ。

子供より、ハシャグ!

しまいには、ウズマニア(自称)になってました。


あ、あれ...

不発スか?まだまだ...ありますよー・・・キット。

四国の旅 ①旅の始まり

旅の初日...。

ソレは、

誰しもが期待を胸に、高鳴る鼓動を抑えつつ起床する。


「クークー 起きろーーーっ!

早くしないと水かけちゃうぞ!」


例の目覚ましダ...

時計の針が4時をさしている...。

ヤッチマッタ・・・

昨夜21時に娘を寝かしつけつつ...仮眠のつもりが...

本眠!

おかげで、

お肌のゴールデンタイムを逃すことなく...

って、オイ!

そんなん今はドーデモイイっ!

今日は、旅の初日!

気合入れて、モット早起きして、5時前には出発しようって

ネェ、そーやって思って、ヤッテきたんでしょう?

私たち...。
(深夜のスナックでの会話調)

なのに、だのにぃっ!

準備もしないまま寝ちゃって、起きたら...

夜遅くに帰宅したダンナの夕飯の残骸が!

ぎぃやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁあ

ヨリニヨッテ...

ハヤシライスを作ったデカ鍋がデーンと居座っていやがる。

その中には、

アサリのガラなどが散在...!

 昨晩のメニュー

 ①ハヤシライス(前日の余り)

 ②ナベ(余っている野菜の処理目的)

 ③アサリの酒蒸し

 以上!

ゴーーーーーーォン・・・

鈍いゴングの音が鳴りました...。

黙々と無表情で片付けを開始。

ダンナが、恐る恐る声をかけた。

ダ:「後は、オレがやるから...」

あ~~~オネガイねっ?全部ヤッチャッテちょーだい!

あとは、

台拭きダケだけどねっ!

そんな感じで、

ブルーに幕を開け...出発したのは、7時前。

洗濯したり、準備したり...かぁちゃん、イロイロあるんデスぅ!
(ダレです?前もって準備しとけって言ったのは?)

旅の話をしたくって...序章

ただいまでふぇしたぅあ~

10/10から始まった2泊3日・四国への旅...

よーやく終わりました。


書くと...大変なコトになりそーデス...!

また私の表現って、回りくどいんスよね~みんな~?

それでも...

付き合ってくれるかなぁ?

イイトモーーーーーーっ!
(わぉ、ロック!)

んじゃあ、イクヨ?

けど、

その前に。
(やっぱクドイ?)

こんだけ前置き伸びたら...なんか、アレだよね?

だから、

旅とは無関係な話、いっちゃおっかな?


娘との会話デス。

娘:「ケイン(こすぎ)ってカッコイイよね」

私:「うん...(そ・そーかな...)」

娘:「声もイイしね!」

やっぱ声フェチ、か!


娘:「チン○ンって名前の男の子、イイでしょ?」
(自分のネーミングセンスに酔いしれている...)

私:「うん、中国にも、そんな名前の子がいたハズ!」

親、テキトーーー・・・


下の娘、パン君が2本のハンガーを両手に持ち徘徊。

私:「何やってるの?」

パ:「・・・」

ダウンジングかっっ!


娘:「おかーさんてさぁ。前はもっとカワイカッタの?」

私:「え?今は??」

娘:「ちょっとカワイイ...」

マテ・コラ!


こんなんでドデスカ?

久しぶりのUPで、要領がアレですが...

また旅の話が書けたら...お会いしましょう!



瀬戸大橋のタモトで

サッキカラ...

死国四国情報のとこをウロウ~ロ。

そして、よーやく決着が、つきました...。

どーにか10/10の宿泊先だけは決まりました!

ご心配おかけして、スミマセンっ!
(あ、心配してない?特に、まね○さんっ!)

とりあえず、

瀬戸大橋のタモトで野宿宿泊することダケは決まり、

ほんのチョコっと肩の荷がおりました。

欲を言えば...

10/11も、四国あたりでブラリ旅してるハズなんで、
(ノ~プランなまま...)

この場を借りて、ヒトコト!

「オッス!オラ、オーナー!」

小さいながらも楽しい(高級)旅館ヤッテっぞ!

て、方。

至急、ご連絡を!!!


はっっ!

自己中丸出しで、ペコリ~ンっっ

イッキに、夏休みの宿題を仕上げた感でイッパイです。

ほんとは...

宿題の2割程度しか片づけてないのに...!

ドラえも~んっ!カムヒヤ・・・!


こんなハジケタ状態の私には、

クールダウンが必要ダ。

ヨシっ!

アレでも食うか、いや、食べますかね(ホホ)

ぷっちょグミ(グレープ味)!

コレ食べると...ゴム食べてる気分に...。
(または、香りつきケシゴム風味...)

イッキに、クールダウン!イッチョあ~がりぃ!

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。