アロエチックきみどり

インドア派の二児の主婦(肝っ玉小せぇ母ちゃん)が送る素朴かつ突飛な日常。 ジャンプを毎週見ている読書家としても有名...か?育児・テレビ・音楽・食・読書(やっぱマンガ中心か、せいぜい絵本...)などなど、広く浅く、その時の気分次第で網羅っっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロピカルメモリ~

ども!

えぇ、まだ南国気分抜けきれずな、トロピカルきみどりデス。



せっかくなんで、トロピカルな話から始めちゃいます。

先日、

近所に住む、真選組近藤さん似のダンナさんから、
(ダーーー、もぉメンドくさっ!以下、近藤さん、で!)

急にメールが来まして。

なんでも、

マンゴーが食べたいから買ってきて欲しい、と。

しかし、

マンゴーなんて、マンゴーなんてっっ

地元民、買ってまでたべてませんからぁーーーーー!

まずは、市場リサーチ開始。

1件目の土産モノ屋さんには、ナシ。

2件目のスーパーには、メキシコ産マンゴーのみ。

もう夕方になっていたので、ひとまず中断。

夜、姉から、新たな情報が届くコトに!!
(あ、いや、別に大それたコトでもナイんですが)

スーパー○○で、完熟マンゴーが、

単品で¥980、箱入りの2個セットのが¥7800...!

て、この価格格差はナンデスカっっ!

ソレを、再リサーチするため、

閉店間際に、かけこみ入店しましたとも!

えぇ、アリマシタ。

アリマシタともぉぉぉおぉおぉぉっ

けど、¥980の方、

明らかに...小さいんですけどぉ?
(語尾あげ、ペコリン)

んで、箱入りの方、庶民の手におえないんですけどぉ?
(再三、ぺこり~ん)

て、わけで、

近藤さんに連絡。

すると、

「¥980のを10個、買ってきて!」との依頼を受け、

えぇ、翌日買い付けに行きましたとも。

したら、残りわずかで。とても、10個は買えません。

えぇいっ!ヤケだ!!

¥980のを2個ダケ、買い占めました。
(ショボぃ)

しかも、帰省最終日だったので、

2個ダケ、発送するのもアレだったんで、

空輸しました、私の手荷物と共に...。

私のバックを開けるたび、

「手荷物に、トロピカルなワインでも持ち込みました?」

って、聞かれそうなドキドキ感漂う機内での旅となりました。

そして、

完熟マンゴーは鮮度が命!

その日のうちに、近藤さん宅へ宅配。

モチロン、1個だけ!

だって、ダッテ、

アタシだって、完熟マンゴー、食べたことナイんだもんっ!

で、

夜に食べましたとも!

まぁーーーーーーーーっ!

な~んて甘いんでしょっ!!

ケド、庶民が故、今後、買ってまで食べることは...

残念ながら、ナイ、だろう...フゥーっ
(エアタバコで、お願いします)

上の娘は、「甘いけど、いらな~い」、と笑顔で拒否。

下の子は、寝ていたため、まだ食べてません。


翌朝、

近藤さんからメールがきていた。

マンゴー、旨かったぞ!¥980のヤツを、10個、送って!

これから、姉にでも、マンゴーの発送を依頼する予定デス。

...世の中には、太っ腹な人種もいるもんだナ...

ちょっとダケ、空が高く感じた...

そんな夏のトロピカルメモリ~で、よろしく哀愁。



スポンサーサイト

兄がわらってるゥゥゥーーー

どーも!

またまた南国からコニチハ~

まだ帰ってませんが、別に別居とかじゃあナイっすよ?


さぁて、今日はどんな南国ライフを紹介しよっかなぁ?

みんなぁ、用意はい~ぃ?

じゃあ、行っくよぉーーー!

せぇーーーのっっ!

「おにーーーちゃぁぁぁぁぁぁぁあん」

そーデス。

また、兄の話デス。

兄は、色々な伝説を持つ男デス。

え?南国ライフの話は、って?

まぁ、兄をひっくるめて、南国ライフってコトで(テヘ)

その兄なんですが、

酔っ払って帰宅する際、始終...笑っております。

「エヘヘヘヘ」と、笑い声を伴って玄関に入っていく人影を見かけたら、

それがウチの兄デス。

しかも、深夜に笑いながら、私らの布団に入ってきます。

コワっっそして、キモっっ


あとは、

最近、ちとメタボ体型でして。

それを気にした彼女さんが、兄へ託した『3カ条』があります。

では、ココにそのまんま書き出します。

 1.八時以降、食べるべからず

 2.ストレッチを欠かさず行うべし

 3.休肝日を設けるべし

 4・すぐに横たわらない


...て、3カ条ちゃいますやんっっ
(あ、関西人でもナイのに、ペコリ~ン)

コレをほとんど守れてません。

して、今日は以前流行ったバランスボールなるものを購入。

悪あがきの始まり、デス。


その他、

臭いフェチであり、臭わせフェチであることデス...。

よく、「臭ってみて」、と言ってきます。

私もニホヒを嗅ぐのは好きなので、クンクンやっちゃって、

ソレを見た姉が、引きます。


まぁ、

こんなトコでしょーか。

あんまり大した話でもナカッタですね。

とりあえず、私と兄との仲の良いコトが伝わったでしょか?

えぇ、そーなんデス。

離れてみて、

親兄弟の良さって...再認識するもんですよねぇ...


南国ライフも終盤にさしかかり、ちょっとばかしセンティメントゥルゥーです。

て、相変わらずで、ほんとスマセン。

わいせつ物ピーーー罪×朝チュン

どーも!

娘が寝たので執筆に入りました。

ドコまでイケるかは...私と、彼女次第デス。


今日は、ちょっとヤバイって思ったことを紹介していきます。

まず、

母上の名言デス。

「なんか、スースーするって思ってたら、パンツをはいてなかった」

コルァーーーーーーー

いくら何でも気づくやろっ!

家の中だったからセーフ?かもしれませんが、

野外では...ほんとヤメテイタダキタイ。

あとは、

朝起きると...

実の兄と、同じ布団で寝ていました。

お前ら、付き合ってんのかっっ
(自己ツッコミ済み)

実家では、客間だけが唯一の冷房ゾーンです。

私ら一応、都会っ子扱いで、

寝る時のみ、冷房の使用が許可されます。

その冷房天国に、兄が舞い込み、

気づけば、朝チュンでした。

あ、朝チュンとは、少女マンガなんかで、いかがわしい描写を省き、

一夜が明けたことのみを表す手法...だったハズ、です。
(チュンは、朝がきて、スズメが鳴いてるって事でしょう、キット...)

まぁ、ブラコンと呼ばれたアタイらなんで、ヨシとしました。
(え、イイのっっ?)

えーーーと、

あとは...汗をかきすぎて、自分が、すっぱくなることデス。

朝はまだイイんです。

それが、ノン冷房で過ごしてくうちに。

なんとも言えない芳醇なカホリにっっ!

んだから、人に会う時には、

まずはシャワー、DEATH。


まぁ、

こんな感じでユルく、ヤバメに生きてます。

娘がビョンゴビョンゴ(逆ブリッジ)やらないうちに、

もー寝ます!

では、自己満ブログ、ココイラで!

また、お会いしましょう。

南国から、コンニチハ

どーも、人様のパソコでヤッテます。

おかげで、普段の2割増しで遅いブラインドタッチです。
(あ、ちと過大評価しちゃってます。自分を)

ここ南国は、夏、真っ盛り。

帰省した当日の夜なんて地獄DEATHた。

熱帯夜で、しかもノン冷房。

地球に優しい南国から、熱気を届けたいトコです。


にしても、マウスがナイって大変なんですねぇ。

現在、白っぽいマウス、捜索中。

もしかして...。

そのマウスにピンときたら、アロエチック交番まで。


はっっ

冒頭から失礼しました。

どーも、記事の書き方ってヤツを、忘れちゃいました。

自分、不器用なんで、人が周囲にいたりなんかすると、

集中して書けないんデス。

てなワケで、こんな夜更けにコンニチハ。

家人、寝静まっております。

あんまりヤってると、母上様に...

そーーーデス。

例の、腐れ子(クサレゴ)って罵倒されかねないんで、

ヒヤヒヤしながら打ち込みたいと、思います。


あ、南国ライフですか?

かな~りスロ~ライフです。

初日は、親・兄姉・幼馴染とその家族、みんな寄ってたかって

焼き肉大会!
(あ、大会にしたコトに他意はアリマセン)

賑やかでしたが、食べること・焼くことに必死で、

ユックリできませんでした。

二日目以降は、犬の散歩の途中、

公園でブレ~クファーストなバーチャンとその孫と談笑。

21時過ぎに、近所のイトコ宅に奇襲をかけ

ちゃっかりプリン・紅茶を御馳走になり、

大量のヌイグルミを頂き...

So,ブルーーー・・・
(いやぁ、ダッテ、いっぱいあっても、ねぇ)

返り討ちにあいながら、帰宅。

あとは、デパートらしきトコに買い物へ。

買ったものと言えば...靴下ばっか!

しかも、二度も行っといて、やっぱ靴下オンリ~。

どんだけ靴下好きなんだよっ!自己ツッコミは終了ズミ。

いや、ダッテ、安かったし?

腐るもんでもない、し?
(語尾上げ、ペコリ~ン)

えーっと、あ、あとは...

ショーもないコトばっかで、特別UPするモノもありません。

久々の記事が、こんなんで、ホント、すません。

え?

期待通り?それなら安心しました(ホッ)

では、訪問もロクスポで、アレですが。

ここいらで、めんそ~れ!
(あ、南下しすぎちゃったっっ)

サヨナラは言わない/08.夏

ココ数日、

UPできずにいた分のウップンを吐き出すかのよーに

ひたすら書いてまいりました。

ほんと、久々に書くとイイもんですね!

案外、グッと我慢して、

ハッと書き出したほうが、性に合ってるのかもしれません。

えぇ、ハッとしてグーが使いたかったんです。
(スミマセン、暴走してますよね)


走馬灯のように駆け抜けた感でイッパイです。

ここいらで、

そう、ここいらで...骨休みと行こうかしら。
(カッテにお逝きなさい)

そーなんです。

「アタクシ、実家に帰らせてイタダキマス」

まぁ~た夫婦ゲンカ?って思ってますか?

そうじゃあナイんです...

ただ、ただ親に会いたくなって...。

て、単なる夏休みを利用した帰省です。

ゴチャスカ抜かしてましたが、前置き長くてスマセン。

そんなワケで、2週間ほど家出します。

九州の大自然の空気でも吸って、

心を清めて還ってきます!!

もしかしたら...寄生虫帰省中の記事をUPするかもしれませんし、

アレかも分かりませんが。

期待せずに、覗いてあげてください!


サヨナラは、言わないよぉぉぉぉぉ...

ネイティブイ~ングリッシュ

私には、外人さん...いや、異国の民を見かけると、

話しかけたい衝動が沸き起こる...というクセがある。

私が中学時代に、親戚のオネェチャンがイギリス人と結婚し、

そのおかげで、ブリティッシュイ~ングリッシュ、を学ぶ機会があった。

週に1回、英会話と題して、

小一時間ほど、イギリス人のブリテンさん(仮名)と話す。

モチ、一切の会話は英語オぅ~ンリー。

しかし、中学生英語しか習ったことがない私にとって...

限界を感じるのに、時間はかからなかった。

しかしながら、英会話中に出してもらえる

異国情緒あふれる茶菓子(もう、この時点でネイティブ感ナシ)、

これに釣られて半年くらいは続いた、と思う。
(私にしてはソコソコ続いた方だ)

異国の民は、イベントにかける心意気がハンパない。

クリ~スマスなんかはイイ例だ。

まず、1ヶ月前から、クリスマスカードなるものを書き始め、渡し合う。

そーして、貰ったカードは

壁や、オブジェ的なナニかに飾っていく。

そして、イルミネぃションや装飾品の数々...。

モチ、ミューズィックも忘れずに、ね。

そして私も、そのイベントに参加するコトになったハズだが...

あまり記憶にない(コラ)


前置きは長かったが、

そんなこんなで、何となく英語を喋れる気になってた私は、

その頃から異国の民と、ト~キングしたい気でイッパイなのだ。

一度なんかは、

高校の帰り道、異国の民(20代くらいの男性)を発見。

何となく、「ハ~イ」、と知った風に声をかけた。

すると、ドバーーーっとネイティブ英語でマクシタテラレ...

「モア、スロ~リィ~」、と言ったのを覚えている。

話しかけときながら、ヤッチャッタ...という気でイッパイになった...。

その時の教訓が生かせなかったのが、

去年の冬。

上の娘の通う保育園に、異国の民が週イチでやってくる。

生活発表会なる「お楽しみ会」的イベントに、観客として来られていた。

ちょーど私の斜め前に座っていたので、

気になって仕方がなかった。

そこで、いつのも「ハ~イ」、である。

異国の民も、その大きな瞳をクリクリさせて、

「ハ~イ!」
(顔見しりかぃっっ?)

そして、やっぱアノ時のように、イッキに英話スタ~ト。

何となく、「娘の名前は?」って質問されてるのは分かった。

しかし、

先の「ハ~イ」で、勇気の半分以上を使い果たしていた私には、

娘の名前がナカナカ出てこなかった。

娘の名前が口から出たときには、会話らしきものは終わった。


こんな経験を持つ私としては、

昨日見かけた異国の民(園児の母親)

に声をかける勇気が出なかった。

しかし、しかーーーし、

次回会えたなら...がんばっちゃおうかナ、なんて思ってます。

あ、

キット皆さん、でじゃぶだ...って思う記事と

出会うコトになるのでしょう。




ナースの落ちごと ⑬無口な男、ヤマちゃん

そしてまた、居酒屋でのバイトの話だ。

エレカシ似のヤマちゃんとは、会話した記憶がない。

たまに業務連絡のような声かけをしても、

うなづく程度で、返事はなかった。

しかし、店のオバチャンとは打ち解けていた様子を見ると、

無口ではあるが、人見知りするタイプといったトコロか。


週末のみのバイトは、23時頃までに終わる。

寮には門限があり、21時と決まっていた。

しかし、週末ともなると、暗黙の了解で許されていた。

施錠すべき裏口を開けておくのだ。

しかも、敷地内には実習病院が隣接。

実習先で顔見知りとなったナースだっている。

そのナース達に、いかにバレないように、寮に入るかが肝だった。

ナースの勤務交代の時間を把握し、

夜勤と準夜勤の引継ぎの時間帯を狙って、

寮の前の道を猛ダッシュ(猛烈サイクリング)!

こんな時ほど、自分が忍者だったらいいのにな、と

思う事はなかった。


居酒屋から寮までは、チャリで必死でこいで、20分。

23時ともなると真っ暗だし、田舎なので外灯も少ない。

正直、心細かった。

背後から、チャリの音が聞こえる。

ずっと尾けられている、そんな感じがした。

フト、振り返ると、ヤマちゃんだった。

居酒屋の大将に「一緒に帰ってやれ」、と言われたようだ。

いくらなんでも、後ろから黙ってついて来られる方が怖いわ!

と、突っ込むほどの仲でもなく、

バイトの後は、ヤマちゃんの、黙って送迎が続いた。

ヤマちゃんの行動よりも、大将の心意気に惚れそうになった

19の夜であった。






ヤマちゃん...アナタ...無口すぎるにもほどが...

アリマシタ...。

大将、顔は忘れましたが...

今でも、大好きです...!
(て、ナニ告白してんでしょ)

ナースの落ちごと ⑫バイト仲間のダムさん

私が看護学生時代、居酒屋のバイトで、

皿洗い専門学生だった事は、周知の事実だろう。

今日は、その頃の話だ。

バイト仲間に、同い年の男子ヤマちゃん、

織田無道(おだむどう)似の20代の男性ダムさん、がいた。

ヤマちゃんは、無口で、エレファントカシマシ(通称エレカシ)の

ヴォーカルに似ている素朴な感じの男子だった。

そのヤマちゃん、意外に情熱的な男だったようで。

何でも、自分の彼女が他県に引越し、独り暮らしを始め、

その彼女を追って、彼女のアパートに転がり込んだ、らしい。
(居酒屋のオバチャン情報)

熱い男だとは聞いているが、全く話をしたコトは無かった。

その反面、ダムさんは、

人懐っこくて、ポッチャリ系で、気さくな人だった。

看護学生だと知るや否や、

合コンを申し込んできたほど。

それで、セッティングをした。

女4人対男5人でカラオケへ。

ダムちゃんの歌った歌が妙に気持ち悪かったのを覚えている。

不発に終わった合コン後、

ダムちゃんとは仲良くなり、何でも話せる仲となった。

そう、まるで兄と妹、のように。

ダムちゃんは、居酒屋バイト歴が長く、

10年弱くらいは働いているようだった。

将来は、自分の店を持つのが夢だと熱く語っていた。

ダムちゃんとは、バイトの無い日にカラオケに行ったり、

スーパー銭湯に行ったり、一緒に食べ歩いたり

ほんとよく遊んでもらった。

ある冬の日に、

「19の時に、シルバーリングを貰うと、幸せになれるんだって」

と言い出したダムさんを見て、

私は、またロマンチスト宣言だよ...と呆れていた。

そして、

私の19才の誕生日に、ダムさんは

シルバーのリングを買って、私に手渡した。

涙が出そうになる...!

訳も無く!

だって、私は兄と遊んでいるような気でいたのに...

正直ビックリした、といった感じだった。

ダムさんには、正直に伝えた。

しかしダムさんは受け取ってくれ、と言うので貰った。


今でも私のドレッサーの中には、

あの日のリングが使われないまま肥やしとなっている。





プレゼントを贈る側からすると、刺されそうな話です。

エレカシ似のヤマちゃんの話をするハズが...

思わぬ展開に流れて行き...

私自身、ビックリでした。

はちみつレモン(酢←キタヨ)

最近、一番のお気に入りメガネを...

下の娘に、朝イチで破損させられて、私が発したコトバです。

「コレで、舞踏会に行けるわ♪」

片方しかなくなったかけるトコを握って、

中世の舞踏会をイメージしつつ、オペラグラスだと思って...。


はっっ

冒頭から失礼しました。

えぇ、そーなんです。

娘がヤッチャッタんデス。

お気に入りでしたが、買い替え時でもありましたし。

しかも、、しかーーーも

アタクシ、メガネ大好きっ子なんで、

まだまだストックがあるんですのよ?
(ココに来て、貴婦人、登場)

まぁ、そんな小自慢は置いときまして。


暑いですねぇ。

こんな時には、そぅ、アレです!

はちみつレモン!

さぁ、作り方、いっちゃいますよ?

レモン数個、佐藤砂糖かハチミツ好きなだけ。

勇気があるなら、酢も使ってしまっちゃってクダサイ!

そぉ、好きなだけ!!

レモンは適当に輪切りで。

で、適当な容器に、テキトーにブッコンじゃってください!

待てるなら一日、待てないなら数時間...

自分との戦いだと思って我慢してください!

そーすれば、ほーら、デキアガリ!

味がオカシイなら、そのツド調整を!

数日経つうちに、自分好みの味に、七変化!

あ、注意点がヒトツ。

レモンがドンドン...苦くなってきます...

もしかして...酢のせいかすらん...

あ、スベッチャッタ...では、ゴキゲンヨウっっ!


復活宣言!ミンナ、タダイマ...

どーも!

ズイブン御無沙汰しております。

もしかして...ブログ界からの撤退...

なんて文字が頭をヨギッタ方もいらしたのでは...?

え?そんな深くは考えてなかった?

ソーデスカ...やっぱ、ソーデスヨネェ...

今日も妄想しちゃっててペコリ~ン!
(注:コレでも平成生まれの味噌痔前デス...)


長いオイトマもらって、南の島へバカンスへ!

んなことぉぉぉぉぉぉ、アルカぃっっ!

あ、下手なノリ突っ込みで、スマセン。

病み上がりなんで許してください。

と、言いますのも、先週末から眠気が尋常じゃあ無くって。

普段より2割増し、インドアを決め込んでました。

の割りに、パソコにも向かいたくない。

あんなに執筆活動好きなのに...ドシテ...?

自問自答しても、答えは見つかりません...。

だからと言って、食欲が落ちるわけでも、

風邪症状がアルでもなく。

あ、単なるナマケ病?って目線をダンナから感じつつ、

丸っきり2日間、篭城生活してたら、

気付いたんです...私、熱がアルんじゃないかって。

早速、寝る前になって測ってみたら、

38.8℃! ←オイ!あるじゃねぇかっ!
(思わず、自己ツッコミしちゃうトコでした...)

寝る前になって、私がダラダラ過ごしてた理由...と書いてワケ...

ソレが、正当な行為として、認められたのデス!!

勝訴!
(頭の中で真っ先に浮かんだトコバです)

ダンナの何となく申し訳なさそーな視線を感じつつ、眠りに落ちました。

夫婦生活も長くなると、視線や目線で会話できます。

て、エラソに言ってますが、

勝手に私が、妄想してるダケで、ダンナは何も考えちゃいません。

キット、私の、妄想損デス...!

けど、熱を測るのは最後でヨカッタdeath...。

ダッテ、ダッテ、かぁちゃん、ヤルコトいっぱいだし!

その日に限って、夜にも洗濯機回しちゃってて。

それを完璧に処理し終えて、フラフラで就寝でしたYO!

熱ってぇのは、アルって知ってからが...

病人の始まりですぜぇ...ダンナぁ...
(心の名言集に残しておいてクダサイ...)


結局、原因不明の熱が、週明けまで続き、

頭痛の余波を受けつつ過ごしてます。

皆さんも、熱中症などには、注意シテクダサイネ!

間違っても、週末なんかに、ハッチャケテ

鮎のつかみ取りなんかに参加しちゃわないよーに!
(って、原因は、炎天下での野外活動かぃっ?)

パッキン棒

洞爺湖サミットと聞いて...

銀魂の主人公、銀さんが、

おっ腰にぃつっけたぁ~木刀♪

しか浮かばないなんて...ジャンプの読みすぎですかねぇ。

はっっ

冒頭から失礼しました。

分かりにくい表現かつ、ヲタでスマセン。


今日は議題を1~3まで御用意しております。

まず第一弾は、下の娘(約1.5才)の近況です。

マイブ~ムは、モッパラ...「パッキン棒」

この言葉を、一日に何度となく連呼します。

パッキン棒とは、棒状のジュースを氷らせて食べる

そう、いわゆる『棒アイス』、のコトです...。

コレにハマって数ヶ月。

下の子は、冷蔵庫の前で連呼。

お腹すいては、「パッキンボー」

3時が回ると...「パッキンボーーー」

おぉ、そーかい、

そんなにコレが好きかぃ?

ならアゲルよ、だって、安上がりだしね(ニコ~リ)

原油高等の波を受け、家計は火の車ス。

けど、ムスメよ、アリガトーよぉ。かぁちゃん、嬉しい。


第二段は、下の娘の怒り方、デス。

下の子、今がそーゆー時期なの?ってぐらいに

すぐヘソを曲げるんデス。

例えば、欲しい物をスグに取ってもらえなかった時など、

黙って台所のスミに行って、真顔で頭を

ゴツーンゴツーン、て。
(軽くですけどね)

ソレを見て、慌てて追っていくと、もう笑い顔になってるんです。

末恐ろしい...ギャァァァッァァァー

まぁ、ドラマみたいだと割り切って追いかけてます。

私(キムタ):「ちょっ待てよ!」、て感じデス。

一度は、怒った姿が...

クラウチングスタートっぽいコトが、ありました。

驚きましたが、迫力負けしました。


第三弾は、下の娘、寝かしつけるのに時間がかかる...

っていうグチです。

えぇ、私の気持ち次第なトコロではアルんです。

さっきも、

寝てろーーーって思いつつ寝かしつけました。

そんな時は、決まって長引きます。

だから、かぁちゃん、専業主婦なのに

意外にフリ~ダムタイム、無いんですよ?って話デス。

結局、ソレが言いたかったダケです...。

娘をダシに使って、スマセン。

あ、今ですか?フリ~ダムタイムです...。

スカイ・クロラ/押井守監督

最近、マメにUPできてて、

自分でも「ヨッシャァーーーー」、て思ってたんですが。

昨日はイロイロ?不都合が生じて、ノ~UPでした。

しかも、隣人と携帯のメールで5往復。

「さっさと会って話しなよぉ」、と突っ込んでいただければ幸いデス。


日中は、私がダラケてて、アレだったんですが、

夜になり、娘が就寝したら執筆活動の予定でおりました。

したらば...

夫婦ゲンカが勃発しまして。

イヤァ~な空気でイッパイだったので、

ココで執筆したら、地獄ノートが発動って思い、ヤメました。
(おりこうさんデショ?...刺されます)

まぁ、朝には何事もなかったかのよーな

普通の夫婦でしたし、弁当だって、

フツーのを作りましたよ(ニコリ)


今日は、チャリ散歩に行ってきました。

下の娘を泣かしつけるための旅です。

今日は珍しく、落ちるのに時間がかかりました。

カレコレ1時間くらい散歩して、よーやくウトウト。

ちょうど自宅近くだったんで助かりました。

チャリの前にのっけてる娘は、居眠りが始まると

かなりの大航海でして、大揺れに揺れます。

カジをとるのも一苦労デス。

結局、散歩したダケかって?

いぇいぇ、ソレだけじゃあナイですよぉ!

ナンタラ市場とかゆー、敷居の高そうな店に潜入し、

5本入り¥180のトウモロコシをゲェェェェェット!

アタイの旅は、一筋縄じゃあイカナイよ?
(ダレに向かって口きいてんのっ)

まぁ、何となく得した感イッパイで帰宅しました。

うす曇りの今日は、風もあって涼しくて...

なんかポエムでも作りたい気分デス!
(ヤメテ...)

こんな日は、そう、押井守監督最新作

スカイ・クロラでも、覗いてみませんか?

押井監督と言えば、日本のアニメ界に一陣の風を...

て、よくは知らないんですが、
(再三の肩透かし、ペコリ~ン)

作品は大人向けとゆーか、カッコイイとゆーか。

そのスカイ・クロラ、戦闘モノみたいです。

キニナッタ方は、コチラからチェケ!←あ、ハズした。

ちなみに、スカイ・クロラのキャラクターデザインは、

西尾鉄也さん。

私の大好きなアニメのNARUTOも、彼がヤッテます。

後半、ヲタってスミマセン...

しかも、宣伝しといて、見に行かない...

な~んてコトも多々ありますが...平にご容赦を!


プレイガールK

どーも。

湿気でどーもこーもナイですねぇ。

雨で子供、ハシャグ。

濡れて大人、ヘコム。

洗濯は、モチ、部屋干しデス...。

こ~んな鬱蒼とした気分を、

ポイっとしちゃいませんか?
(そんな気分を、運んできたのは、どこのドイツだよ?)

プレイガールKってマンガ、ご存知ですか?

私が...カレコレ、10代の頃だったからぁ...

ん?いつのマンガだっけぇ?レレのレ~
(トボケタって無駄デス)

作者は、ひうら さとるさん。

ちと前に、ドラマになった『ホタルノヒカリ』、の原作者です。
(あ、私は見てませんが...)

いっつも肩透かしで、ペコリ~ン!


んで、プレイガールKってマンガの内容です。

マジメでメガネっ子の景子。

その景子を、イケメンの先生が大変身させちゃうってゆ~

ミラクル★ラブなんです!
(あ、私の表現、昭和クサイですか?)

なんか、私が書いてる妄想全開小説のKちゃんに似てる...?

いえいぇ、パクリじゃあナイっすよ?

だって、ダッテ...

Kちゃんは、ステキに変身なんか、してませんでしたし。

ただ...

Kちゃんの心は、

ステキに大変身、て感じだったよーですが。

まぁ、キニナッタ方は、チェックしてみてください!コチラ!

えぇ、コレで完結デス

まだ続くの...?

飽きてきた方、ほんとペコリ~ン!

書かないとオサマリがつかないんで、サッサと吐いちゃいます。


姑さん御一行が1泊し、翌朝。

朝から安旅館のオカミ気分でしたよ...。

朝食作って、セッティングして。

お父上が最後に席に着き、御飯と味噌汁を置くと、

「いらん...」

あーーー・・・ぁ

「じゃ、下げますね」、と言うと、姑さんが制したので

お父上は黙々と食べ始めました。

せっかく作ったのに、何か残念でした。

あまり気合入れて、用意周到にやろーとすると、

裏目に出てイケマセン...。


食後、ドッカ行こうよ~ってオーラが漂ってきました。

上の娘が動物園と言い出しましたが、

姑さんは日焼けがイヤで拒否。

したがって、屋内の定番、博物館へ。

子供らは、体験コーナーで楽しそうにしてました。

大人達は...私以外は、ボーーーっと。

んで、昼前になったんで、

館内のレストランで食べました。

ちょっと高めではあったんですが、移動するのもアレでしたし。

すると、運ばれてきた水を飲んだダンナが、

「ココの水、変な臭いがしない?」、と。

私たちのは、クンクン、異常なしって感じでした。

ダンナのを確認してみると...

「うわっ!鯉の泳いでた水みたいっ」

と、率直な感想を述べてしまいました。
(あ、いや、別にソレを飲んだ事はアリマセン...)

ダンナがウンウンと、頷いていました。

「それか...金魚がいる水槽の水って感じ」

と言うと、またもやダンナが頷いていました。

そんな感じで、ランチタイムは、終わりました。


もーネタがつきたし、私の子供は二人とも車内でスリーピンだったので。

帰宅しました。

下の娘が、布団に移動の際、

機嫌が悪く泣き出したので、

添い寝で寝かしつけながら...寝ちゃいました。私も。

10分くらい寝たらスッキリして、私は目が覚めました。

けど、眠ったフリをしていたら、

姑さん達が、ガチャガチャと動き始めました。

帰る準備を始めたよーです。

ヒヒ...しめしめ...
(昔話の悪いお婆さん風に)

ナイスなコトに、ダンナまで昼寝しちゃってまして。

相乗効果もあったよーです。

「もぅ、帰るね」、と姑さん達、御一行様は

帰って行きました。

さすがに、お見送りはしましたよ~!

今、慌てて起きましたって雰囲気をかもし出しながら。


結局、お父上は、「暑い」、を理由に

博物館ツアーにも不参加でした。

4~5時間かけて帰っていく車を見送りながら...

「で、父よ、何しにキタの...?」、と呟きそうになる自分がいました。








内容、薄いのに、ダラダラ駄文に付き合ってくださり

アリガトーゴザイマシタ! ペコリ

アリガタ迷惑

昨日に引き続き、

怒涛の襲来劇についてデス。

まぁたかよっ!なんて言わずに、ついてキテクダサイっ!
(止めてもムダです。走り出しちゃったんで...)


夜になり、お父上以外は、風呂に入らなければなりません。
(お父上は、銭湯へ行ったし)

まず、姑さんは孫たちと...入ってくれるワケでもなく。

「暑いから、後で入る」、と、断言されちゃいましたし。

んで、

皿を洗い終えた汗だくの私が、服を着たまま

姪っ子と上の子を洗い、

汗ダックダクで出てくると...

コラーーーーーーーッ

ダンナ、うたた寝しとるがなっっ

その間、姑はんは、と言うと...

ゴルァーーーーーーーッ

私らの寝室に(カッテに)入っており、

山のよーな洗濯物に着手!

しかも、朝の惨劇を物語るよーな、布団しきっぱの寝室で。

その上、「あー暑い」、と連呼。

いや、ダレがタタメって、頼んだよ?

と、引きつる自分を抑え込みながら、

「あ、イイです、イイデスー!後でヤリマスしからぁ~」

と真顔で拒否し、遠ざけました。

人にたたまれるのって、恥ずかしいじゃあナイですかっ!

ダッテ、私のヒ○パンとか、Tのヤツとか、スケ2のとかぁ~

...て、見栄、はっちゃいました。

普通のだったとしても、イヤなんデス!

しかも、すぃかーーーも、

自分ちのタタミ方ってあるじゃナイですか?

人様にヤラレちゃうと、規格外が発生し、タンスに収まりがつかんのデス。

だから、黙々とやり直しましたYO!

姑さんがいる前で...(鬼デス)

ま、姑さん、鈍感力強いんで、気付いてないデス。

私の精一杯の仕返しナンテ...。


んで、みーんなが風呂に入り、よーやく私の番です。

5人分が使ったお風呂は、

そこはかとなくトロミがあって、

疲れが吹っ飛びそーな極上の泉質でしたとも。

浴室の、一畳ほどある窓をガランと、開け放ち、豪快に浸かりました。
(一畳ってのは、言い過ぎました。ペコリン)

もぉ、ヤケだって気分でした。

夜とは言っても、21時くらいだったので、

さすがに浴室の電気をオフし、真っ暗にしての状態で。

窓から紫色の空が見えて、

今日一日のモヤモヤ感が薄れていくのを感じました。

スッキリとした気分で風呂から上がり、

22時頃には、

大人4名・子供3名の大家族、就寝。

それも、同じ部屋で...。

もう、考えただけで、気温が2~3℃上昇しました。


翌朝は...

って、まだ続くんかぃっっ!

えぇ、サラリと、終わらせる気ではおります。

しばし、お付き合いのホドを...!

義理父母らの来襲

どーも。

怒涛のように義理父母が押し寄せてきて...

アラマ~な週末でした。

そして、義理兄の娘(姪っ子)まで、1泊していきました...。

いや、別にナニが悪いってわけじゃあ...

ナイですよ。

しいて言うなら、タイミング悪すぎっっ
(結局、悪いんじゃんっ)

では、コトの顛末を、お話しましょう。


土曜日に、保育園のイベントがあり、

朝から、娘に浴衣を着せるので悪戦苦闘!

子供の浴衣だと、侮っていたら...

自分、不器用スから...てワケで、手間取りました。

そーこーしてる間に、

集合時間となり、慌てて登園。

朝食の片付けもできないまま放置。

昼前になり、園のイベントが終わり、

「マッ○のハッピーセット」、と連呼する娘のため、

長い列に並び、ソレをゲットし、急いで帰宅!

さぁ、ガブリってぇ時に、

ハテ、聞き覚えのアル排気音...

まさかっっ

ハイ、そのマサカ、death...

姑さん御一行様、ご到着!

慌てた朝の象徴ドモが、散乱する我が家へ...よ~こそ!

散らかりっぱの室内へお招きしましたとも。

にしても、昼食直前とは、間の悪い...。

予想外の、お早い到着に、

昼、食べてくるって言ってましたやんっ?

て、ツッコミたい気持ちでした...。
(あ、関西人でもないのに、ペコリ~ン)

姪っ子に確認すると、「うん、車の中でオニギリだけ食べた」、と。

テーブルに広げられたマッ○のハンバーガーやポテト達よ、

サヨ~ナラ~

小学生(ソレも育ち盛り)の姪っ子にテリヤキバーガーを差し出しました。

姪っ子は、ハイエナのよーに、ソレを食べてました。

私は、姑さんが買ってきてくださった

アンコ餅を食べれたんで、別にイイんスけど、ね。ね。

して、

どーにか皿を片づけ終えた頃、

ドコ行く?観光は...?って空気が漂い始めたんで、

近所のジャス○へ行くことにしました。

14時過ぎてて、観光って気分じゃなかったし、

姑さん、買い物が好きなんで。

お父上は、と言いますと、

「ウチで待ってる」と、気のない返事。

そりゃあ、女の買い物ほどツマラン!って気も分かります。

けど、家に放置ってのも、アレなんで。

ジャス○に行く途中で、

お父上だけ、スーパー銭湯に身柄を引き渡し、

私らは、ショッピン天国へ!

買い物は、なんたらバーゲンをやってて、

ソコソコ安くて、私、イイ買い物しました。

姑さんに、オモチャを買ってもらった子供らも満足げでした。

ホクホク顔で、フト、時計を見ると。

あ、16時すぎテル...!

気付いたら、2時間近く、お父上を放置

慌てて、父携帯にかけました。

父:「あぁ、風呂上がったぞ。」

私:「あのー、食材買ってないんでぇ、

   あと30分ほど待っててください!生ビールでも飲んで」

父:「分かった...」

そーして、夕飯の買出しを終え、

スーパー銭湯に、身柄を引き取りに行きました。

父:「4時には迎えに来るって言ってたやろう...」

私:「あ、スンマセン!」

父:「30分待つなんて...ブチブチ

ほんっとーーー、スンマセンっっ

お父上のグチを受け流しつつ帰宅。

帰宅したら、山のような頂き物の野菜に着手。

ジャガイモが特にスゴイ量でして...

ポテサラを山盛り作りました。

あとは、惣菜・寿司とかを買ってきたんで、皿に盛っただけです。

夜は、夜で...

まぁ、ちーとばかり、スパーキンな出来事が。

ハァ~

長くなってきましたので、ココイラで!

バハハ~イ!
(ヤな終わり方だな、オイ)

家庭内娯楽

夕飯時、突然の電話だった。

「あした、昼過ぎに行こうかと思うんだけど、空いてる?」

姑さんだ。

姑さんは、車でで4~5時間くらい離れたトコに暮らしています。

アワワワワワワ...

そんなコトなら、

早くから掃除しときゃあヨカッタ...。

今日、のんびりチャリ散歩したり、ぶらりパン屋旅とか、

しなかったのにぃーーーっ!

きみどりのバカっ!オタンこなすっっ!

はっっ

冒頭から失礼しました。

そんなワケで、明日は荒れそうデス。

今のうちにUPしとかなぁ、エライコッチャ・death

今のうちに自由を満喫しておきます。


今日のテーマは...『私の(唯一の)楽しみ』、デス。

皆さんは、何かありますか?

趣味がある方は、ヤッパそっち方向でしょーか?

私は、

ナニを隠そう...無趣味デス!

ですから、趣味が堂々と言える方がウマヤラシイ

ウラマヤシイ羨ましいです。
(しつこくってペコリ~ン)

趣味を書くことがアレば、

決まって読書・音楽鑑賞の類を書きます。

しかしながら、最近、メッキリ読書も減りましたし。

音楽鑑賞って言っても、その時のノリみたいなモンで...

広く浅く聴いてるタチなんで...。


てなワケで、

私の家庭内での娯楽みたいなのが、

ダンナのうたた寝を起こすコト、なんです。

いやぁ、私も鬼じゃあナイんでェ、

昼寝してるダンナを、ムゲに起こすなんて、

シマセンヨ?


私が言っているのは、

夕食後、テレビを見ながら、深夜0時以降になっても、

ダラ~っと寝ているダンナを起こすコト限定デス!

その起こし方は、

 ①まず、物音ヒトツ立てずに忍び寄り、まずは壁越しに偵察。
  (人はコレを、スト~キング、と言います)

 ②運悪く起きていたら、気付くまで、壁越しウォッチング。
  (もーウキウキしてきた方もいらっしゃるのでは?)

 ③運良く寝ていたら...GOサイン、death

   守備よく配置につき、SATさながらの動きで、

   ダンナを足(棒キレでも可)でツツキマス。

ダンナ、決死の表情でガバっと起き上がります。

目をシバシバさせつつ、

「ゴメんっっ」、と反射的に謝ります。

この時が、カ・イ・カン(ウフ)

この優越感のためだけに、

ムダに起きてる自分がいたりもします。
(早く寝なよぉ)

では、

今夜は明日に控え、休養が必要デスので、ココイラで。

朝から鬼の形相で、

普段の2割り増しで、焦っている自分が、目に浮かびます。
   
姑さん、私の唯一の楽しみを奪わないでクダサイっ!


あ、単にうたた寝してるダンナを起こすことに

ココまでチカラ入れてる私って...やっぱ鬼、でしょーか。

背中(アイツ)との和解

私と上の娘との会話です。

娘:「○先生って、料理がウマイんだってー」

私:「え?担任の先生?」

娘:「ううん、給食の先生!」

あ、あら そぉ~お?
(てか、当たり前ダ!)

こんな会話を繰り広げてる間に、

下の娘が脱衣場の方へ、そそくさと去っていく姿をキャッチ。

コッソリ様子をうかがっていると...

上の娘が履いていた使用ズミ靴下を、

カゴから、引っ張り出してきて履いています...。

ふぅ~・・・

かぁちゃん、油断もナニも、できたもんじゃあアリマセン。

ココは一発!

気合を入れようと、

冷蔵庫でキンキンに冷やしたリポビタン○をイッキに飲み干す

と、

しばらくして...せ、背中痛い...!

て、なるとです。

急に、糖分を多く含むモノを摂取すると、

こーなるんでデス。

それも、幼少の頃から。

美人薄命って言いますし、ね?
(刺されます)

スイカを食べても、この症状に見舞われます。

だーかーらーーーっ

イッキに、卑しい食べ方さえしなければ、良いだけなんですが。

特に、空腹でガッツクと、ほぼ確実に、ナリマス。

ナニが原因か分からず、

糖尿病の検査までしたコトもありますが...

ノ~マルでした。

けど、長年付き合ってるんで、

なんとな~く和解できてます、背部痛と。

痛いってキチャッタ時には、

「私に、食べすぎだよって忠告してくれてんだね?こ~いつぅ~」

ってぐらいに思えるコトも、(たまには)デキルよーになりました。

んでは、

今日はこの辺で。

さっきガブリといった

あまーーーーーーーーーいっ

パンが...キチャッタ、に、ならなければと願うばかりデス。

オッサン化が進む

どーも!

最近めっきりブログのカラ~がピンキッシュグリ~ンで

「オイオィ、どうしちまったんだいっ」、て方も多いことでしょう。

ま、何でこーゆー風になっちゃったかは、

自分でもヨク分かりません。

さぁ皆さん、エアタバコの準備はイイですか?

ただ、雨が、私を、そうさせた...

ソレだけは、ハッキリ言えます。

フゥ~っ

冒頭からエアタバコで失礼しました。

本来あるべき定位置に復帰したいトコロです。


今日、小雨の降る中、女子高生が颯爽と歩いていました。

カサもささずに。

カツカツと歩くさまは、カッコ良かったです!

して、

フト思ったのが...

「制服のスカート、短くね?」ってコトです。

かな~り短くって、見えそで見えないチラリズム!

これは、男でなくてもキニナリマス。

あ、あのぉ、スカートの下って、どなってるんですか?
(現役女子高生の方、いらっしゃいましたら挙手を...!)

私らの時代は、
(あ、イッキに昭和クサっ)

せいぜいヒザ丈~ヒザ上ってトコでした。

モチロン、

チラリズムなんて程遠いんで、普通にノ~マルに、まんまでしたケド。
(ミセパンとか不要ス)

今の女子高生は、ヒザ上15cmはありそーデス。

足も長いんだわっっ!

人間の進化の加速についてけません...。

あぁーーーっ

やっぱ完全にオバサン化ってゆーのを通り越して、

オッサン化しちゃってるよーーーっ

もしかして、

私は、若い頃に戻りたいのか...?

その結果が、ココ最近の不祥事(中学生妄想恋愛小説)につながったのかっ?

ナゾは深まるばかりです。

こんな得体の知れないブログですが、

今後とも、ヨロシ・クオネガ・イシマス


ナースの落ちごと ⑪ケセラセラ

さぁ!大きな病院ではできなかった

ゆったりした看護を実践していこう!

そう心に誓い、第二の看護人生が始まった。

しかし、来る患者来る患者...何となくクセがある。

しかも...刺青(タトゥ~)率、高し!

私は、心の中で、ヤクザ病院、と名付けることにした。

私は、取り分け

親分さん、と呼ばれている患者さんに気に入られた。

詳細をしらない私は、

その親分さん(だとゆーことも知らずに...)に呼ばれた際、

「はいよっ!」、と返事をしていたホド。

今思うと、社会人として、どーなの?ってツッコミたくなる...。

そして、私がその親分さんを受け持つ日は、

しょっちゅー呼ばれていた、気がする。

親分:「湿布、貼って」

私:「はいよっ!」

親分:「足の裏を見て欲しい」

私:「はいよっっ!」

親分:「点滴して。アレとアレの入ったやつ」

私:「はいよっっっ!」
(直後に主治医に確認、実施)

そりゃあ、もう...都合のイイ舎弟状態だ。

一度、親分さんに

「あんた見てるとケセラセラ~♪...」、と言われたコトがある。

ケ、ケセラセラァァァァ?

意味が分からず、聞きなおすと、

「なるよーになるさって事だ」、と教えてくださった。

私見てると、ケセラセラ...?光栄です。

以前の病院とは比べ物にならないほど、

生き生きと仕事しているのかもしれない、そう思った。

その親分さん、昔、舎弟だったという方が、よく面会に来られていた。

人相はアレですが、気さくな方もいた。

入れ替わりで入院してくるコトも多々あり...宿泊施設化していた。

親分さん関係の患者さんは、

何が困るって、柄の入った腕だったりするので、

血管が分かりづらいコトだった。

しかも、その立派な模様を見てからでは、

失敗は禁物だ...と、変にプレッシャーがかかる。

しかし、親分さん方の血管はかなり、絞り込まれていて、

先人の先輩ナ~スがブッ刺した痕がハッキリ残っており、

案外、容易にブッ刺すコトができた。
(コトバが凶暴化している...)

そんなワケで、親分さん方に絡まれるコトは

無かったように思う。

そう、モンスターペーシェントなんて、

外見だけでは判断できないものなのだ...。






あぁ、思いのほか、盛り上がりに欠けて...

何かスンマセン。

書いちゃったものは仕方ない+モッタイナイんで、

UPしちゃいます。

現場から離れた期間が長くなるほど、

衝撃的なネタが減っていくのを感じてます。 ペコリ

弁当は愛情の裏返し。ランクづけに思うこと

ここ数日、恋愛まつりじゃぁぁぁぁぁっ

て、感じだったので、今日から通常モードに切り替えます。

もチョット、ほろ苦い感に漂いたかったって?
(いや、ダレも言ってません...)

それでも、かぁちゃん、自己チュだから、イキますよ?


今日のテーマは、『弁当のランクづけ』、デス。

何を隠そう、ワタクシ、毎朝、愛妻弁当を作っております。

えぇ、

ダンナの健康を考えると、

市販の弁当なんて、絶対にムリdeath...!

ハイ、

ワタクシ、嘘をつきました。

ダンナの健康は、隅っこに置いといてクダサイ。

何がイイって、食費を抑えれるからです!

ま、前置きはこのくらいにして。

ランクづけ、ってのは、A~Eまであります。

モチロン、Aが、松竹梅で言うところの、松です。
(クドい...)

では、詳細を記します。

 Aランク:オ~ル手作り。

 Bランク:1品ダケ、冷凍食品で、他は手作り。

 Cランク:2品冷凍食品が混入。

 Dランク:3品(も)冷凍食品。手作り感を出すのに必死。

 Eランク:Dに加え、苦し紛れのアレンジ料理が一品追加!


と、こんな感じデス...。

いかかですか?

苦しい・必死な様子が、伝わりましたでしょーか?

食べる側のダンナもは、文句ヒトツ...

言うときが、アリマス...ムキーーーーっ

かぁちゃん、こんなに必死なのにぃぃぃぃぃいっ!
(隠ぺい工作に...)

今日は、Eランクに焦点をあててみましょう。

Eランクの代表作を、特別に教えます。

まず、ハヤシライスを作り、余らせます。

翌朝、子供たちが好んで食べます。

少~しダケ残ったソレを、カップに入れ、

何を思ったか、冷蔵庫にあった厚揚げを一口大にカットします。

両方をカップに盛り、レンジでチン!

違和感なんて感じナイまま、弁当に入れ、フタをします。

どーですか?

ステキなアレンジメント料理!

さぁ、

時間がナイので急ぎます。

次の料理は、コ~ヒ~ゼリ~!

子供が急に、作りたい!って言い出して、

苦し紛れに作った渾身の一品デス。

ソレを、弁当に入れておきました。

アルミカップで作ったもので、スッポリ収まったからデス。

ダンナが帰宅して言いました。

「スプーンが入ってたけど、何を食べるためだったの?」

弁当を確認。

すると、ゼリ~は泡となって

液体となって、単なる茶色い汁...となっておりました。

ハハ~ン...

あっつアツの炊きたて御飯を入れて、

すぐにフタをしたせいか、とナゾが解けました。

ダンナの弁当箱は二段重ねで、下が御飯入れなのデス。


皆さん、

手作り弁当の極意、伝わりましたでしょうか?

弁当は、愛情の裏返し!

中にナニが入っているかで...一喜一憂してみてクダサイネ!

では、またぁ~!


注:ケンカした翌朝の弁当は、特に注意が必要death...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。